Books

Japanese language word on wood stamps and booksBlog

すすめる/進める/勧める/薦める,使い分けはどうすればいいのか.

進める/勧める/薦める ←の使い分けを解説する記事.「進める > 前の方へいかせる」「勧める > 誘いをうながす」「薦める > ほめて用いるように説得する」.それぞれ,このような意味がある.動画やレビュー記事など,物を紹介するときに文章を使う人は,意味の違いを理解しておくとよいだろう.

f-w-crofts-the-cask-characters-correlation-chart-1Books

『樽(原題: The Cask)』F・W・クロフツ著,登場人物と相関図 #事件の犯人などの重大なネタバレは無し #相関図はもう少しお待ち下さい

『樽』は,ロンドンとパリを主な舞台としたイギリスの探偵小説.クロフツの『樽』は,ミステリー小説にリアリズムを持ち込んだ作品の原点であり,『樽』に影響を受けたと考えられる推理小説も非常に多く書かれている.この記事では『樽』の登場人物と相関図,物語を読んで迷子にならないように事件要所の時系列をまとめています.

agatha-christie-evil-under-the-sun-characters-correlation-chart-1Books

『白昼の悪魔(英題 : Evil under the Sun)』アガサ・クリスティー著 #登場人物相関図.ネタバレありませんのでご安心を.

アガサ・クリスティーの傑作,『白昼の悪魔』の登場人物解説と人物相関図.(ちなみに『白昼の悪魔』は,エルキュール・ポアロのシリーズ作品)海外の小説は「あれ,この人誰だっけ」となりやすいので読書のお供にどうぞ.また,ネタバレはありませんので,ご安心ください.

agatha-christie-death-on-the-nile-characters-correlation-chart-1Books

『ナイルに死す(英題 : Death on the Nile)』アガサ・クリスティー著 #登場人物相関図.ネタバレありませんのでご安心を.

アガサ・クリスティーの傑作,『ナイルに死す』の登場人物解説と人物相関図.(ちなみに『ナイルに死す』は,エルキュール・ポアロのシリーズ作品)海外の小説は「あれ,この人誰だっけ」となりやすいので読書のお供にどうぞ.また,ネタバレはありませんので,ご安心ください.

landscape of the clear skyBooks

『The Clouds Catalog 雲のカタログ 空が分かる全種分類図鑑』に学ぶ,雲の写真を撮るために最適な画角と撮影のコツ #日々読書備忘録

雲の撮影に適した画角は,24mm以上の広角レンズとされています.この記事では雲をうまく撮るために最適な画角や,その他の撮影テクニックを『The Clouds Catalog 雲のカタログ 空が分かる全種分類図鑑』より引用しつつ紹介しています.

agatha-christie-the-a-b-c-murders-characters-correlation-chart-1Books

『ABC殺人事件(英題 : The A B C Murders)』アガサ・クリスティー著 #登場人物相関図.ネタバレありませんのでご安心を.

アガサ・クリスティーの傑作,『ABC殺人事件』の登場人物解説と人物相関図.(ちなみに『ABC殺人事件』は,エルキュール・ポアロのシリーズ作品)海外の小説は「あれ,この人誰だっけ」となりやすいので読書のお供にどうぞ.また,ネタバレはありませんので,ご安心ください.

agatha-christie-endless-night-characters-correlation-chart-1Books

『終わりなき夜に生まれつく(英題 : Endless Night)』アガサ・クリスティー著 #登場人物相関図.ネタバレありませんのでご安心を.

アガサ・クリスティーの傑作,『終わりなき夜に生まれつく』の登場人物解説と人物相関図.(ちなみに『終わりなき夜に生まれつく』は,エルキュール・ポアロもミス・マープルも登場しないノンシリーズ作品)海外の小説は「あれ,この人誰だっけ」となりやすいので読書のお供にどうぞ.また,ネタバレはありませんので,ご安心ください.

agatha-christie-five-little-pigs-characters-correlation-chart-1Books

『五匹の子豚』アガサ・クリスティー著 #登場人物相関図.ネタバレありませんのでご安心を.

アガサ・クリスティーの傑作,『五匹の子豚』の登場人物解説と人物相関図.(ちなみに『五匹の子豚』は,エルキュール・ポアロ作品)海外の小説は「あれ,この人誰だっけ」となりやすいので読書のお供にどうぞ.また,ネタバレはありませんので,ご安心ください.