Camera

Camera

NIKKOR Z 50mm f/1.8 作例写真 2021年10月 #海 #自然 #世界遺産

長らく『NIKKOR Z 50mm f/1.8』の写真を投稿していなかったので,久しぶり(約5ヶ月ぶり)の作例紹介となります.それにしても,Zレンズは逆光耐性が秀逸です.「NIKKOR Zレンズの逆光耐性は素晴らしいなぁ」と実感できる写真が数枚撮れたので,その辺の写真を中心に作例としてご覧いただけると幸いです.

Book Recommend

『THE AMERICANS』ロバート フランク著 / #写真についての覚書 #読書備忘録

写真家フランクが,外国人としてはじめてグッゲンハイム奨学金を授与され,中古のフォードでアメリカを旅したのが1955年.その時に撮影された写真がまとめられて,1957年に『THE AMERICANS』として発行された.特に当時の若い世代から共感を呼び,アメリカの現代写真にも大きく影響したと言われている.

Book Recommend

『語るピカソ(旧題: ピカソとの対話)』ブラッサイ著,飯島耕一・大岡信訳 #写真についての覚書 #読書備忘録

ブラッサイの語るピカソ伝.『語るピカソ(旧題: ピカソとの対話)』は,初版が1968年と50年以上も昔の書籍だが,2021年に新品で手に入れることができたのは,本当にラッキーだったと思う.恐らくこれから何度も読み返す本なので,大切にしていこうと考えている.本書に興味がある人,たまたま書店で手にした人は,ぜひとも購入を検討してみてほしい.

Book Recommend

『ソール・ライターのすべて/All about Saul Leiter』,『永遠のソール・ライター/Forever Saul Leiter』本の感想/口コミ/レビュー #写真についての覚書

ソール ライターの写真集では『ソール・ライターのすべて/All about Saul Leiter』と『永遠のソール・ライター/Forever Saul Leiter』の2冊をよく書店で見かける.どちらも比較的新しく発行された売れている本なので,表紙を見たことがある人も多いだろう.

Book Recommend

『イマジネール』想像力の現象学的心理学(講談社学術文庫)を購入した理由 #読書短文雑記

『イマジネール』(講談社学術文庫)は,ジャン=ポール サルトルの著書で,『明るい部屋』の冒頭で上記のように書かれていて,それで気になったのが購入のきっかけ.少し調べると,『想像力の問題』の新訳が,『イマジネール』というタイトルで講談社学術文庫から出版されていることが解った.届いた本の背表紙にも,本書が『想像力の問題』の新訳であることはきちんと解説されている.

Book Recommend

『明るい部屋』ロラン バルト著,本の感想/口コミ/レビュー #写真についての覚書

本書の日本語訳は,1985年にみすず書房から発売されている(おそらくは85年に発売されたのが初版).1997年には同出版社から,版を変えて(表紙も変わっている)再販されており,今でも新刊を書店で買うことができる.写真論の名著といってよい本なので,写真が好きな人は手にとってみるとよいだろう.

Camera

ニコン Zシリーズ 測光モードの設定方法と各モードの違い #写真についての覚書

写真の明るさのことを「露出(ろしゅつ)」と呼ぶ.自分が思ったとおりの写真を撮るための最初のステップは,撮影環境の光の強さを感じて,適正な露出でシャッターを切ること.この記事では,ニコンのZシリーズのカメラの測光モードの設定方法や,各モードの違い,測光についての簡単な基礎知識を紹介する.

Book Recommend

アジェのパリ【新装版】大島洋著(みすず書房),パリの街を撮り続けた写真家アジェに学ぶこと.

1900年ごろ,約8,000枚もパリの街並みを記録した写真家アジェ.そのアジェの写真集『ATGET PARIS』には複数の版があり,概ねそのページ数は600ページ以上に及ぶ.その『ATGET PARIS』に掲載されている写真と地図をヒントに,筆者自らがアジェの足跡をたどる.

Camera

ARCREST(アルクレスト)Nikon純正フィルターをZレンズで使用する理由とメリット.

4.5センチほどの奥行きを持つ純正の花形フード『バヨネットフード HB-90』はしばらくの休ませることにして,保護フィルター装着の状態で持ち出すことにした.『Z 50mm f/1.8 S』はレンズの長さが86.5mm(マウント面〜レンズ先端)なので,フード未装着であればファインダーからレンズ先端までは約15センチでおさまる.