NIKKORレンズのフィルターは『アルクレスト』一択.#写真についての覚書 #ニコンアルクレスト口コミ

Photo : SMATU.net

「収差を徹底的に抑え込んでやろう」というNIKKOR Zレンズの思想に惚れ込み,ここ2〜3ヶ月は,ほぼZマウントのレンズだけで写真を撮っています.NikonのZマウントは,50mmを1本しか所有していませんでしたが,Zレンズの描写とそのシンプルなデザインも気に入り,先日2本目の『NIKKOR Z 85mm f/1.8 S』をお迎えしたばかり.

収差(収差)

1点から放射された光が,レンズ・鏡などの収束光学系を通過した後に,正確に1点に集まらず,点像を生じない現象.球面収差と色収差に大別.

広辞苑より
Zマウントレンズの光学性能に惚れ込み,2本目を購入.
保護フィルターは,Nikon純正の『ARCREST/アルクレスト』.

僕の場合,外出時には常にカメラをぶら下げているので,問題になってくるのはZレンズのサイズ感.重さはそれほど気にならないものの,レンズの長さがそれなりあるので,フードを付けた利用は現実的ではありません.

純正フードをつけるとこのサイズ感.
首から常に下げておくには,ちょっと難しい大きさ.

そこで必要となるのが,大切なレンズを守るための保護フィルター.僕は,アップル信者であることと同様,好きなメーカーができると純正品を信仰する傾向を持っているため,値段は張るもののNikon純正フィルターである『ARCREST/アルクレスト』がどうしも欲しくなってしまう.なので,NIKKOR Z 50mmと85mmともに,Nikon純正のアルクレストフィルターを購入して使っています.

次は35mmのNIKKOR Zを買う予定.
なので,62mmをもう1枚買うべきか,付け替て運用するか悩み中.

恐らく,ウェブやSNSに投稿する画像サイズであれば,サードパーティ製の保護フィルターでも画質の差は全く分らないでしょう.購入するメリットの大部分は,「純正品である安心感」と「時折見える Nikon ARCRESTのロゴによる満足感」だけ.

まぁそれでも,写真を撮ることや,カメラを持って出かけることが楽しくなればOK.ということで,今後も保護フィルターはARCREST一択で考えいます.最後は,自分を納得させるために収集した,『ARCREST/アルクレスト』のスペックや優れている点を書きならべて,この雑記は終わりとします.

角度によってちらっと目につく「Nikon ARCREST」のロゴ.
  • レンズを保護しつつ,画質への影響を最小限におさえる光学性能
  • カラーバランスの乱れを抑え,ゴースト/フレアの発生も低減
  • 「フラットプレーンシステム」と呼ばれるニコン独自の技術で装着
  • 反射率のばらつきが小さく、片面反射率を約0.1%に近づけた「ゼロワンARコート」
  • 「ARコート」はAnti Reflectionの略で,反射防止コートという意味
  • 汚れが付着しづらい撥水/撥油コーティング

大切なレンズを保護しながら、画像への影響を最小限にとどめる高い光学性能を実現した、高性能保護フィルターです。高品質の光学ガラスを高精度に平面研磨し、その平面性を維持するためにニコン独自のマウント技術「フラットプレーンシステム」でフィルターフレームにマウント。光学性能に悪影響を与える要因の発生を極限まで抑えています。また、可視光域全域で反射率のばらつきが小さく、片面反射率を約0.1%に近づけた超低反射ARコート「ゼロワンARコート」を採用し、カラーバランスの乱れを極小に抑え、描写性能の低下をまねくゴースト・フレアの発生を低減。フィルター無しで撮影した場合と比較しても遜色ない高画質が得られます。さらに、過酷な撮影環境でも汚れが付着しにくく、万一付着しても容易に拭き取れる、撥水・撥油コートを施しています。超高画素カメラでの撮影でも画質への影響がほとんどなく、さまざまな撮影シーンで安心してご使用いただけます。
● ARコート:Anti Reflectionコート(反射防止コート)

Nikon公式サイト:ARCREST
『ARCREST/アルクレスト』は品質の面でも優れている.

100年以上,光に挑み続けてるNikon.その光学メーカーの長い歴史と技術を,NIKKOR ZレンズやARCRESTフィルターで,これからも体験していこうと考えている.

〈了〉

SourceNotes

Advertisements

シェアありがとうございます!