neuromancer-william-gibson-translated-by-hisashi-kuroma-hayakawa-publishing-inc-book-recommend-1Book Recommend

『ニューロマンサー(英題: Neuromancer)』ウィリアム ギブスン著,黒丸 尚訳,ハヤカワ文庫SF.#登場人物 #用語解説 #読了するためのポイント

『ニューロマンサー(英題: Neuromancer)』ウィリアム ギブスン著,黒丸 尚訳,ハヤカワ文庫SF.最後まで読むことが難解とされている本作の,登場人物や用語解説,読了するためのポイントをまとめた記事です.個人的には名作SFなので,多くの人に良さを伝えたいと思っています.

Camera

NIKKOR Z 50mm f/1.8 作例写真 2021年10月 #海 #自然 #世界遺産

長らく『NIKKOR Z 50mm f/1.8』の写真を投稿していなかったので,久しぶり(約5ヶ月ぶり)の作例紹介となります.それにしても,Zレンズは逆光耐性が秀逸です.「NIKKOR Zレンズの逆光耐性は素晴らしいなぁ」と実感できる写真が数枚撮れたので,その辺の写真を中心に作例としてご覧いただけると幸いです.

Book Recommend

『THE AMERICANS』ロバート フランク著 / #写真についての覚書 #読書備忘録

写真家フランクが,外国人としてはじめてグッゲンハイム奨学金を授与され,中古のフォードでアメリカを旅したのが1955年.その時に撮影された写真がまとめられて,1957年に『THE AMERICANS』として発行された.特に当時の若い世代から共感を呼び,アメリカの現代写真にも大きく影響したと言われている.

Book Recommend

『九尾の猫(英題: Cat of Many Tails)』エラリー クイーン著,登場人物紹介 / #読書備忘録

『九尾の猫』はエラリー クイーンの小説の中でも評価が高く,この作品に影響を受けたと考えられる作品が後年沢山書かれている.このことからも,読んでおいて間違いない名著なので,ミステリー小説好きであれば,読んで後悔することは無いだろう.ハヤカワ文庫から新訳が発売されているので,文章も読みやすく,序盤から展開も早いので比較的読みやすい作品だとも感じている.

iPad/iPad Pro

iPadOS15,9月20日より提供開始.おすすめ機能は「ウィジェットとAppライブラリでiPadを整理してパーソナライズ」だった.

今回リリースされた新機能のなかで,個人的に一番よかったのは「ウィジェットとAppライブラリでiPadを整理してパーソナライズ」だった.何がよかったのかというと,iPhoneとiPadの環境(アプリの配置)をほぼ同じにすることができるから.

Book Recommend

『東京リベンジャーズ』,Kindleの試し読みがキッカケで,全巻購入してしまった.#読書備忘録

東京リベンジャーズにめちゃハマっている.タイムリープと不良漫画という,普遍×普遍の組み合わせみたいなテーマだが,1巻からぐいぐい物語に引き込まれてしまう.登場人物は魅力的だし,画も綺麗.恐らくはしばらくの間,Kindleで1巻が無料で読めるので,気になる人はとりあえず試し読みをおすすめする.一度ハマると発売されている巻まで一気読みしたくなるので,それだけは注意が必要.

Book Recommend

『語るピカソ(旧題: ピカソとの対話)』ブラッサイ著,飯島耕一・大岡信訳 #写真についての覚書 #読書備忘録

ブラッサイの語るピカソ伝.『語るピカソ(旧題: ピカソとの対話)』は,初版が1968年と50年以上も昔の書籍だが,2021年に新品で手に入れることができたのは,本当にラッキーだったと思う.恐らくこれから何度も読み返す本なので,大切にしていこうと考えている.本書に興味がある人,たまたま書店で手にした人は,ぜひとも購入を検討してみてほしい.