MS-OPTICS VARIOPRASMA f/1.5 50mm 宮崎光学 レンズレビューと作例 #岡山




宮崎光学さんのレンズ『MS-OPTICS VARIOPRASMA f/1.5 50mm』を,愛機のNikon Z6に装着して街スナップ.岡山駅周辺を散歩しながら,VARIOPRASMA f/1.5 50mmを使って撮影しました.

VARIOPRASMA f/1.5 50mmは,P.RUDOLPH(パウル・ルドルフ)が1922年に開発した『KINO・PRASMAT 1.5/50』の描写をコンセプトに設計されたレンズです.

独特でソフトな描写が特徴で,良い意味でのクセ球的な写りが楽しめるレンズ.ネットでも作例が少ないので,購入を悩んでいる方の参考になれば幸いです.

ms-optics-varioprasma-f15-50mm-handwriting-manual-for-personal-use-1
Photo : SMATU.net

KINO・PRASMAT 1.5/50は,P.RUDOLPH(パウル・ルドルフ)が1922年に開発.50mmはシネ用レンズとして作られ数が少ない.その独特のSoft描写により超高価で売買され入手が難しい.

20年間で約30個のLeica Mマウントに改造した.球面収差は左へ大きくふくらみf/1.5で0にもどる.非点収差はSとMを左右に分けることにより平坦像を得ており,このため後ろで円周状,前で放射方向に大きく像の流れが発生.これらによる独特なSoft画像は現在のレンズでは得られない.

私のコンセプトは,このくせを残しつつより使いやすいレンズに改善することにある.当時のバリュームガラスに変えランタン系高屈折ガラスを採用.球面収差,非点収差を改良した.球面収差はレンズを動かし可変出来る.非点収差のS・Mの隔差は像面を少し湾曲させ像がより円形になるように改良,品格あるくせ玉レベルに仕上げることが出来た.

レンズの前のリングをP6〜P2へ回しSoftレベルを変えられ,P6ではKINO・PRASMATの球面収差のふくらみが得られ,4で非点,特にコマ収差がベストで軟調さを残しつつ全面で良像となる.P2ではSAのふくらみは大幅に減り,F2.4あたりでフレアがなくなり中心から中間部までシャープさが出てくる.

MS-OPTICS VARIOPRASMA f/1.5 50mmの説明書より

MS-OPTICS VARIOPRASMA f/1.5 50mm 宮崎光学 レンズレビューと作例

宿泊するホテルの窓越しに見えた景色.
桃太郎の周りに集う人々.岡山は晴れが多いらしいと聞きました.
岡山駅の階段から,日常を切り取り.
駅前にはビックカメラ.ニコンのZレンズが沢山売られていました.
しかも,キャッシュバック中なので物欲が.
駅前の噴水を撮影.
この写真は,トリミングと現像で結構雰囲気を変えている.悪しからず.
この人は桃太郎なのか??
フラフラと散策していると,結構大きな蔦屋書店と出逢う.
1時間ほどゆっくりとできる.
ホテルに向かう帰路.
Welcome to OKAYAMA.
このシンボルにはどんな意味があるのだろう.
背景の光のにじみ方が特徴的,光を切り取るのが楽しいレンズです.
背景はぐるぐるボケになりやすい.
そういえば,ぐるぐるボケに憧れを抱いていた時期に,このレンズを買った気がする.
Advertisements
「赤も綺麗に写るなぁ」と思いながら.
駅にはももちゃりが並んでいる.大量に.
フレアも盛大にでるのが楽しいレンズ.
オールドレンズのような描写が愉快.
ピントを合わせないで,夜の車のヘッドライトを撮影したらこうなります.
無限遠はピントを合わせにくく,周辺も流れやすい.
ということを伝えておきます.良い意味で.
屋内での作例.巨大なイオンのエスカレーター.
ソフトフォーカスが特徴なので,文字はぼやけて読みにくい.
そこがまた良い.
マニュアルフォーカスのレンズ.
慣れないと,ピントが合わない写真を大量に生み出す.
f/1.5と明るめのレンズ.ISO400くらいで室内は十分.
球面レンズが使われているので,収差も出やすいことが分かる作例.
以下をご参照.
ms-optics-varioprasma-f15-50mm-handwriting-manual-for-personal-use-2
レンズの設計↑(説明書より転載)
Advertisements
ざわざわしている被写体を,無性に写したくなるレンズ.
ライトアップ(青)の反射する植物(緑)を写すとこのような仕上がりに.
暗部も現像すれば,はっきりと浮き上がる.
最短撮影距離が長いので,テーブルフォトには不向き.
(ほぼピントが合わない)
天気は曇り.やや暗めで撮影すると,レンズの雰囲気が出るような印象.
きびだんごの光を滲ませてみる.
すこし夕日っぽい光のしたで撮影.(17;00すぎ)
プロバスケボール選手たちで賑わうプラットフォーム.
岡山ありがとう.最後もフレアが出てくれた.

以上,30枚ほど作例のご紹介でした.

撮影したカメラは,Nikon Z6.レンズは冒頭紹介したとおり,すべて宮崎光学さんの『MS-OPTICS VARIOPRASMA f/1.5 50mm』を使っています.(Raw現像はLightroomを使用)

〈了〉

SourceNotes(撮影機材)

Advertisements

弊ブログで紹介している宮崎光学さんの記事



シェアありがとうございます!!