ダゲレオタイプ(銀板写真)とは何か. #写真機初学者の備忘録

View of a photographer with an old-style vintage retro camera, old fashioned photo camera, man shooting photography in old style
Photo : iStock by Getty Images

ダゲレオタイプ(銀板写真)とは何か.

Photo : iStock by Getty Images

ダゲレオタイプ(銀板写真)とは,およそ180年前に公表された世界初の実用的な写真技法のこと.フィルムや紙ではなく,磨き上げた銀の板(銀板)に写す写真のことを言う.

ダゲレオタイプは,フランス人にルイ ジャック マンデ ダゲールらによって発明された.初期のプロセスでは,以下のものが用いられていた.

ダゲレオタイプ,初期のプロセスで用いられていたモノ
  • カメラ
  • 銀の板
  • ヨウ素結晶
  • 水銀
  • 火と水

ダゲレオタイプの特徴は,圧倒的な解像感を持つ複製不可能な1点物の写真であること.ダゲレオタイプを専門に扱う写真家さんを「ダゲレオタイピスト」と呼んだりもする.

ダゲレオタイプ 制作プロセス

Photo : iStock by Getty Images

ダゲレオタイプは,以下のように大きく4つのプロセスで制作される.

ダゲレオタイプ制作の4つのプロセス
  1. 銀板を磨く
  2. 感光化処理
  3. 銀板を取り付け撮影
  4. 水銀の蒸気で現像処理
Advertisements

ステップ1: 銀板を磨く

最初のプロセスは銀板を磨く.鹿の皮銀板を磨きピカピカの状態に仕上げる.手のひらサイズ程度の銀板を磨くのに約40分ほど,大判カメラ用の大きなサイズの銀板となると2時間くらいかけて磨く場合もある.

ステップ2: 感光化処理

銀板を磨き終えたら,これを感光化させるための作業に入る.専用ボックスを使い,ヨウ素と臭素を使って作業を行う.この工程からは,撮影をするとき以外は光の入らない暗室で作業を行う.

ステップ3: 銀板を取り付け撮影

感光化の処理が終わると,銀板をカメラに取り付ける.ダゲレオタイプでは,この銀板がそのまま写真になる.その場の光量にもようるが,撮影は基本的に長時間露光(シャッターを長くシャッターを開けて撮影)となる.

ステップ4: 水銀の蒸気で現像処理

ダゲレオタイプでは,撮影後すぐに現像処理に入る.専用のボックスに水銀を入れて,その上部に銀板を設置.アルコールランプで熱して水銀を蒸発させ現像する.(ここで像が浮かび上がってくる)その後,定着液で像を定着させ,水で洗い,乾かしたら写真が完成する.銀板写真は空気に弱いため,ガラスで密閉し,指などで擦らないようにする.(触ってしまうと像が消えるので,絶対に触れないこと)ダゲレオタイプは,空気が入らなければ170年ほど保存できるとされている.

Photo : iStock by Getty Images

ダゲレオタイプは,ポートレートが多かった

ダゲレオタイプの全盛時代,その被写体の多くはポートレートだったと言われている.理由は,ダゲレオタイプで撮った写真をアクセサリ(ペンダントなど)にして,形見として身につけていたから.ダゲレオタイプの写真は,モニュメント(記念品)のようにして扱われていたということ.

いつか,ダゲレオタイプの現像にチャレンジしてみたい.

〈了〉

Photo : iStock by Getty Images

SourceNotes

  • Phat PHOTO ファットフォト2014年 1-2月号
Advertisements

シェアありがとうございます!!