iPhone スクリーンタイム「App使用時間の制限」の設定方法 #SNSやYouTubeに制限時間を設定する

Digital detox text in tiles. Flat lay concept
Photo : iStock by Getty Images

昨今の SNS やプラットフォーム系のサービスは,人間の本能と欲求にうまくアプローチしてきます.iPhone を使っていて,こんな経験はありませんか > 「Twitter のタイムラインを眺めていたら30分以上過ぎていた」「YouTube を見ていたら1時間以上が経過

  • 毎日 Twitter を30分使うと,年間で1週間以上タイムラインを眺めている計算になります.(30分/日 × 30日 × 12ヶ月 > 10,800分 = 180時間 ≒ 7.5日)
  • 毎日 YouTube を1時間見続けると,年間で半月以上ひたすら動画をのと同じことです.(60分/日× 30日 × 12ヶ月 > 21,600分 = 360時間 ≒ 15日)

↑この生活を10年,20年と続けると果たしてどれくらいの時間になってしまうのか.計算したくもありません.

情報発信に Twitter と使ったり,勉強のために YouTube を活用するのは良いことです.便利なツールやコンテンツは,どんどん使えばいいと思います.実際に有益なツールや情報は,これらのサービス上で沢山されています.

しかし,ダラダラと SNS や YouTube に時間を奪われるのは人生の無駄.もし Twitter や YouTube を使った後,「時間を浪費してしまった」と虚しさを感じた経験がある.←こんな人は,iPhone のスクリーンタイムで「App使用時間の制限」を設定しておきましょう.

この記事で分かること
  • iPhone や iPad のスクリーンタイムでできること
  • スクリーンタイムで「App使用時間の制限」を設定する方法
Advertisements

iPhone や iPad のスクリーンタイムでできること

Photo : iStock by Getty Images

iPhone や iPadには,スクリーンタイムと呼ばれる機能があります.スクリーンタイムを使えば,以下のような設定が可能です.

  • 休止時間を設定
  • Appの使用時間を制限
  • 通信/通話の制限
  • コンテンツとプライバシーを制限

本題から少々それるので,スクリーンタイムの機能解説は簡単に済ませます.「App使用時間の制限」を設定する方法を知りたい人は,次の項目までスキップしてください.

以下はすべて,「設定アプリ」>「スクリーンタイム」の順でタップして設定できます.

休止時間
休止時間の設定をONにすると,画面を見ない時間を設定することができます.休止時間中は iPhone の使用が制限され,許可したアプリと電話だけが利用可能になります.

App使用時間の制限
設定したアプリやカテゴリーの1日あたりの仕様時間を設定できます.制限は午前0時にリセットされ,上限に達すると「指定したApp」や「カテゴリに該当するアプリ」の利用が制限されます.

通信/通話の制限
通常時(休止時間外)に通信/通話できる連絡先を制限したり,休止時間中に通信/通話できる相手を選んだりすることができます.制限は「電話」「FaceTime」「メッセージ」の iCloud 連絡先に適用されます.

常に許可
「許可された連絡先」「許可されたApp」の制限をまとめて行うことができます.『通信/通話の制限』のときと同様で,「電話」「FaceTime」「メッセージ」の iCloud 連絡先の制限が適用されます.

コンテンツとプライバシーの制限
コンテンツやプライバシー利用に関する,様々な制限を設定することができます.位置情報や連絡先,パスコードやアカウントの設定などを細かく制限することが可能です.

Advertisements

スクリーンタイムで「Appの使用時間の制限」を設定する方法

Twitter,YouTube のようにアプリごとに使用時間の制限する際は,「App使用時間の制限」から設定を行います.また,制限のかけ方は3種類あります.それも覚えておくとよいでしょう.

  • カテゴリごとに制限をかける
  • App 別で制限をかける
  • ウェブサイトに制限をかける

「App使用時間の制限」を行うには,「設定アプリ」>「スクリーンタイム」>「App使用時間の制限」の順で進みます.

スクリーンタイムで「Appの使用時間の制限」を設定する方法
  1. 「App使用時間の制限」をオンにする
  2. 「制限を追加」をタップ
  3. 制限したい「カテゴリ」「App」「Webサイト」をタップ
    「カテゴリ」の名前の部分をタップすると,属する「App」が表示される
    「Webサイト」は個別で URL を登録する
  4. 制限したいものをタップしたら「次へ」をタップ
  5. 制限したい「時間」と「分」を選んで「追加」をタップ
    曜日別で時間を設定したいときは「曜日別に設定」から個別に設定する

以上で設定は完了です.

設定アプリのスクリーンタイムをタップ.
「App使用時間の制限」をタップ.
制限を追加をタップ.
カテゴリ全体を制限したいときは,カテゴリに対してチェックを入れる.
アプリを個別で制限するときは,カテゴリの名称部分をタップ > 属するアプリが表示される.
アプリをタップして右上の「次へ」.
制限したい時間を設定する.
制限したアプリはリストで表示される.

制限をしたアプリは,時間に達すると強制的に使用が中止されます.アプリを使っていても,動画を視聴していても時間がくれば制限がかかります.

画面の「OK」をタップするとホーム画面に戻ります.制限中のアプリには砂時計のアイコンが App 名の頭に表示され,制限中であることがひと目で分かります.

また,「OK」の下には「制限を無視」も表示されています.「制限を無視」をタップすると,3つの選択肢が提示されます.状況に応じて選択肢から選んでください.

  • あと1分
  • 15分後に再通知
  • 今日は制限を無視

このように「App使用時間の制限」を設定すると,iPhone の利用を上手く制限し注意をうながすことが可能.適切な使用時間を守るため,機能を活用することをおすすめします.

制限時間に達すると強制的にアプリの使用が中止.
選択肢が3つ表示されるので適切なものを選ぶ.

〈了〉

SourceNotes

  • Apple
Advertisements

シェアありがとうございます!