Mac : AppStore アプリ 自動アップデートの設定方法 #設定オンにして時間の無駄をなくす

Photo : iStock by Getty Images




Mac でアプリを自動アップデートに設定する方法を紹介します.「Mac アプリの自動アップデート,どこから設定するんだろうか?」と困っていたり,「Mac アプリのアップデートが毎回面倒だし,時間が無駄」と感じている人は本設定をオンにすることを推奨します.自動アップデートをオンにすると,AppStore で入手したアプリがアップデートされた際,自動で更新されるようになります.

この設定を行うメリットは,大きく2つ.

  • Mac にインストールしているアプリが,常に最新の状態に保たれる(セキュリティ保護の観点から安心)
  • アプリの更新に一切時間をさかなくてよい(アプリ更新にかかる人生の時間がゼロになる)

「Mac のアプリを更新するのが煩わしい」一度でもこう感じたことがある人は,この設定を変更しておきましょう.

時間がない人のために,ざっくりと手順を書いておきます.「AppStore を起動」>「(メニューバーから)環境設定をひらく」>「自動アップデートにチェックを入れる」

テキストだけでは分からない場合は,本文に進んでください.

この記事で分かること
  • Mac の AppStore で自動アップデートをオンにする方法(オフに戻す方法)
  • 自動アップデートにしておくメリットデメリット
  • 他の Mac で購入したアプリを自動でインストールする方法

Mac : AppStore アプリ 自動アップデートの設定方法

update concept
Photo : iStock by Getty Images

Mac には AppStore からインストールしたアプリを,自動でアップデートできる設定があります.この設定をオンにしておくと,アプリが更新された際に Mac が自動でアプリのアップデートを行ってくれます.

設定手順は以下のとおり.とても簡単な設定なので,Mac が手元にあれば1〜2分で終わります.

Mac で AppStore のアプリを自動アップデートする設定手順
  1. Mac を起動して「AppStore」のアプリを起動する
  2. 画面上部にあるメニューバーから,環境設定をひらく
  3. 「自動アップデート」の項目にチェックを入れる

以上で設定は完了.

以降,Mac 内のアプリがアップデートされた場合は,自動でアップデートを行ってくれるようになります.自動アップデートをオフにしたいときは,同じ手順で環境設定をひらきチェックを外すだけです.

Mac を起動,AppStore のアプリをひらく.
Mac を起動,AppStore のアプリをひらく.
AppStore が立ち上がる.
AppStore が立ち上がる.
メニューバーの「AppStore」の中にある「環境設定」をクリック.
メニューバーの「AppStore」の中にある「環境設定」をクリック.
環境設定がひらくので,「自動アップデート」のチェックボックスをクリック.
(チェックボックスにチェックが入る)
環境設定がひらくので,「自動アップデート」のチェックボックスをクリック.
(チェックボックスにチェックが入る)
チェックを入れようとしてポップアップが表示されたら,Touch ID などでパスコードを解除.
チェックを入れようとしてポップアップが表示されたら,Touch ID などでパスコードを解除.
「自動アップデート」にチェックが入れば,設定変更が完了.
以降は,AppStore からインストールしたアプリが自動でアップデートされるようになる.
「自動アップデート」にチェックが入れば,設定変更が完了.
以降は,AppStore からインストールしたアプリが自動でアップデートされるようになる.
Advertisements

アプリを自動アップデートにしておくメリットとデメリット

本設定をオンにしておくと,大きく2つのメリットがあると考えています.

  • Mac にインストールしているアプリが,常に最新の状態に保たれる(セキュリティ保護の観点から安心)
  • アプリの更新に一切時間をさかなくてよい(アプリ更新にかかる人生の時間がゼロになる)

ひとつめが,Mac にインストールしているアプリが常に最新のバージョンになること.基本的に最新バージョンのアプリはセキュリティ対策が向上しているため,安全にアプリとパソコンを利用できます.

アップデートが面倒で,何ヶ月もアプリを更新しないような性格の人であれば自動アップデートにしておくほうが安心安全.セキュリティ保護の観点からも,設定を見直しましょう.

セキュリティ保護の観点からも,アプリは最新のバージョンにアップデートしておくほうが安心.
Photo : iStock by Getty Images
セキュリティ保護の観点からも,アプリは最新のバージョンにアップデートしておくほうが安心.

2つめは,アプリの更新に一切時間をさかなくてよくなること.(AppStore 経由でインストールしたアプリに限る)手動アップデートの場合,「AppStoreに更新通知が表示」>「AppStore を起動」>「アップデートのタブから確認」>「アプリをアップデートする」.←基本的にこのような流れになります.

ここで,アプリの更新作業だけを行えばまだいいほうです.しかし「なにか新しいアプリがでてないかぁ」と気になって,ついアプリを探し始めたりすることがあります.それが時間の無駄です.

あくまで一例です.自動アップデートをオンにする前のぼくはアプリの更新通知がくると,平均して10分くらい AppStore の中でアプリを眺めたり気になるアプリの説明を読んでいました.目的のないブラウジングなので,有益なアプリが見つかることはありません.今振り返ると無駄な時間でした.

Photo : iStock by Getty Images
余計な通知に惑わされる,アップデートを手動で行い続けることで時間が無くなっていく.
Photo : iStock by Getty Images
余計な通知に惑わされる,アップデートを手動で行い続けることで時間が無くなっていく.

このように AppStore から通知が届くたびに手動でアップデートすると,Mac でやっている作業が中断されるばかりか,そのまま5分…10分…と大切な時間を浪費してしまいます.

アプリを沢山インストールしている人ほど,この機会が増えてしまいます.「時間がない」と感じている人ほど,自動アップデートはオンにしておくべきでしょう.

Advertisements

他の Mac で購入したアプリを自動でインストールする方法

AppStore の環境設定をひらくと,「自動アップデート」のすぐ下に「ほかのデバイスで購入したAppを自動的にダウンロードします.」という項目があります.

ここにチェックを入れると,同一の Apple ID でサインインしているデバイスでアプリをインストールしたときに,App が自動でダウンロードされます.(現在どのApple ID でサインインしているかはチェックのしたに表示されている)

Mac を複数所有していて Mac の環境を揃えておきたい人は,この項目にもチェックを入れておくほうがよいです.

「ほかのデバイスで購入したAppを自動的にダウンロードします.」という項目にもチェックを入れておく.
ほかのデバイスで購入したAppを自動的にダウンロードします.」という項目にもチェックを入れておく.

〈了〉

SourceNotes

  • Apple
Advertisements



シェアありがとうございます!!