フランケンシュタイン 登場人物と相関図+あらすじ,後半ネタバレあり.



「フランケンシュタイン = 怪物の名前」と思い込んでいる方,フランケンシュタインは怪物の名前ではなく,怪物を生み出した若き天才科学者の名前である.

本作『フランケンシュタイン』は,イギリスの作家メアリー シェリーが生み出した物語.
ホラー小説/古典と侮っていたけれど,とても面白かった.

「もっと早く読んでおけばよかった」と,激しく後悔している.

なので,弊ブログを読んでちょっとでも「フランケンシュタインを読んでみようかなぁ」と思っていただけると幸いである.

新潮文庫のフランケンシュタイン.新訳で読みやすい.
新潮文庫のフランケンシュタイン.新訳で読みやすい.


フランケンシュタインは,イギリスの作家メアリー シェリー が1816年から書き始め1818年に匿名で刊行された作品
著者は,SF(サイエンス フィクション)の創始者とも呼ばれている.

ついでに驚いたのは,そんな怪物の物語を書き上げた時のメアリー シェリーが,まだ20歳だったということ.

20歳でこのストーリーを創造できるとは,驚きである.

当時は近代自然科学が急速に発展していた時代でもあり,そのような背景もあってこの物語が生まれたと考えることもできる.

アメリカが独立を果たし,ヨーロッパはフランス革命後のナポレオン戦争に突入し,産業革命を経たイギリスでは工業化が進み,資本家と労働者という新たな階層が顕在化しつつあった時代だ.

生物学や生理学をはじめとする近代自然科学が急速に発達した時代にも当たり,作中にも言及のあるルイージ・ガルヴァーニによる静電流の実験が行われ,電磁気の研究がすさまじい勢いで進み,エラズマス・ダーウィンが進化論の先駆となる論を唱え,十九世紀の初頭になると近い将来には生命の創造も夢ではないと考えられるようになる-

訳者あとがきより引用

本書は,下記3つの視点で物語が展開していく.

個人的に話に引き込まれたのは,怪物が誕生し,世界を認知し,成長して,世界の人々から爪弾きにされてしまう,『フランケンシュタイン』の中盤あたりから.

  • 海洋冒険家であるロバートの手紙
  • 怪物を生み出したヴィクターの語り
  • そして最後まで「怪物」としか表現されず物語に強烈な印象残す哀しき男の話.

この物語には,偏見と冤罪,平凡な幸福,人間が求める名誉欲,誰からも必要とされない者の哀しみ,こういったテーマが複数詰まっている.

読む人によって響く部分は,かなり違ってくるだろう.

小説を読み返すのは少ないほう.
だが,この物語は今後の人生の要所々々でページを開いてみたいと思わせてくれた.

同じ人間であっても,読む時の心情や状況によって様々な気づきを与えてくれる作品だと言える.

フランケンシュタイン 登場人物

ここからは,『フランケンシュタイン』の登場人物 > あらすじ >人物相関図 の順番で紹介する.

後半の人物相関図は,物語のネタバレを含むものとなる.
小説を純粋に楽しみたい方は,読み終えてからチェックすることをお勧めする.

ロバート ウォルトン

海洋冒険家,28才.

マーガレット

ロバートの姉.

ヴィクター フランケンシュタイン

若き科学者,エリザベスとは義理の兄妹.
研究の末,怪物を生み出す.

エリザベス ラヴェンツァ

ヴィクターの義理の妹(お互いでは従妹としている)
ヴィクターの両親がコモ湖に滞在していた時,そこで暮らす貧しい夫婦から引き取る.



産みの親は別にいて,ミラノの貴族らしい.(母親はドイツ人)

ヴィクターが17才のとき,猩紅熱にかかる.
自身は回復するが,看病の代償として母が亡くなる.

ヘンリー クラーヴァル

ヴィクターの友人,ジュネーヴ商人の息子.

クレンペ教授

ヴィクターの通うインゴルシュタットの学校で,自然科学を教える.
教授.

ヴァルトマン教授

同じくインゴルシュタットの学校で化学を教える.

アーネスト

ヴィクターの弟.
エリザベスにとっては,義理の弟.

ウィリアム

ヴィクター,アーネストの弟(末っ子).
何者かの手によって,殺害される.

アルフォンス フランケンシュタイン

ヴィクターの父.

カロリーヌ ボーフォール

アルフォスの妻,マダム フランケンシュタイン.
アルフォスの友人の娘で,その友人が亡くなった後にアルフォスと結婚.

病に倒れ亡くなる.

ジュスティーヌ モーリッツ

ウィリアムを殺害した犯人として,罪を着せられる.
フランケンシュタイン家と暮らしたこともあり,カロリーヌを献身的に看病するほど親しい仲.

美人.

怪物

ヴィクターの生み出した怪物.
この怪物のことを『フランケンシュタイン』だと思っている人が多い.

冒頭書いたとおり,↑は間違いなのでご注意を.

物語の最後まで「怪物」としか表現されない.まさに哀しき怪物である.

アガサ

以前は,一家パリで暮らしていた.

しかし,サフィーの父の逃亡をフェリックスが手伝ったことが発覚し,フランスから追放されドイツの片田舎に落ち延びる.(←怪物が一家を見つけた場所)

フェリックス

アガサの兄,サフィーと結婚.

ド ラセー

アガサの父,目が見えない.
フランス名家の出身.

サフィー

アラビア娘,トルコ商人の娘.

フランケンシュタイン あらすじ

若き科学者ヴィクター・フランケンシュタインは,生命の起源に迫る研究に打ち込んでいた.ある時,ついに彼は生命の創造という神をも恐れぬ行いに手を染める.だが,作り上げた”怪物”はあまりに恐ろしい容貌をしていた.故郷へ逃亡した彼は,醜さゆえの孤独にあえぎ,彼を憎んだ”怪物”に追い詰められることになろうとは知るよしもなかった——.

文庫本のあらすじより引用.
文庫本のあらすじより引用.

フランケンシュタイン 人物相関図 ※ネタバレあり

フランケンシュタインの人物相関図.
フランケンシュタインの人物相関図.

〈了〉

SourceNotes


シェアありがとうございます!!