フランジバックとは【カメラ用語】 / #カメラ初心者 #PhotographLessons

Camera sensor
Photo: iStock by Getty Images


この記事では,カメラ用語の『フランジバック』の意味を解説しています.

フランジバックとは【カメラ用語】

レンズ交換式のカメラを使っていると,『フランジバック』という言葉をよく耳にします.フランジバックとは,レンズマウントの付け根からフィルムまでの距離のことです.

一眼レフやミラーレスカメラの場合,フィルムではなくイメージセンサー / 撮像素子が使われているため,現代においてはレンズマウントの付け根の部分からイメージセンサーまでの距離をフランジバックと呼ぶことになります.

フランジ(flange)とは,車輪の輪縁や鉄管などをつなぎ合わせる端のつば状の部分のことを指します.レンズ交換式カメラを使う場合,フランジバックの距離は結構大事なので覚えておきましょう.

一般的は,カメラのフランジバックは短いほうが有利とされています.フランジバックが短いとマウントアダプターを使って,フランジバックが長いオールドレンズなどを装着して撮影ができるからです.

レンズ・メーカー別フランジバック一覧

現時点では,完全に自分専用です.使っているレンズと今後購入したいレンズのフランジバックを一覧にまとめておきます.

メーカー名マウント名フランジバック
ニコンSマウント31.95mm
Fマウント46.50mm
Zマウント16.00mm
LeicaMマウント27.80mm
Lマウント20.00mm

バックフォーカスとの違い

フランジバックとバックフォーカスは,似ているようで異なります.これについては勉強中なので別途まとめます.

SourceNote