Evernoteの使い方 タグの名前を変更・編集する方法

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Share on TumblrShare on LinkedIn

数億あるといわれるウェブサイトの中から、アクセスいただき誠にありがとうございます。
この記事ではEvernoteの使い方の中で、「タグの名前を変更する方法」をご紹介しています。

当コンテンツの内容

  • タグの名前は後から変更可能です
  • タグの名前を変更しても付けたノートは引き継がれます
  • タグを整理する3つのコツ
  • まとめのようなもの | タグの豆知識

この記事は以下の環境にもとづいた情報を記載しています。

  • iOS10.2
  • Evernote iOS,Macアプリ
  • Evernote Ver8.0.2

それでは早速どうぞ。

Evernoteユーザーの皆さんご存知ですが!?タグの名前は後から変更可能です

ノートの整理方法としてEvernoteのタグを活用している人は多いと思います。
特定のノートに日付や見出しといった感覚でとりあえず付けておけば、後々検索するときに大変便利です。

実はこのEvernoteのタグの機能ですが、名前を後から変更することができます。

変更は「EvernoteのPCアプリ」「EvernoteのWeb版(ブラウザから)」のどちらかで行います。
タグの編集方法でお困りの場合は、これからご紹介する方法を使って変更してください。

また現時点では、iPhoneアプリなどからはタグの編集は行なうことが出来ません。(残念!)
iPhoneでChromeなどからWeb経由での変更も試しましたが、エラー表示され実行できませんでした。(これは意外でした…)

Evernoteのタグを編集/変更する

Evernoteにパソコン環境からアクセスしたら、左に表示されているメニューバーからタグを選択します。
タグを選択すると、現在設定しているタグが一覧で表示されます。

変更したいタグを右クリック(Macであれば2本指でタップ)します。
メニューが表示されます。一番上に「タグを変更」の項目があるのでそちらを選択しましょう。

好きな名称に変更したらエンタキーを押して決定します。
タグの内容が変更され、クラウド上のデータにも反映されます。
(念の為変更後は同期ボタンをクリックしておくと良いでしょう)

これだけで簡単にタグの名前を変更できます。



Evernoteのタグは名前を変更しても付けたノート内容は引き継がれます

タグの編集/変更を行なう上で気になるのが、変更する前のタグを付けていたノートはどうなるのか?だと思います。

安心してください。
変更したタグは、もともと付けていたノートの内容としてそのまま反映されます。
※「iPhone」のタグを「Apple」に変更しても、ノートにはAppleのタグが付いたまま

タグを変更してもリセットなどはされませんので、どんどん編集を行いましょう。
(恐らくタグ自体にユーザーからは見れない、ユニークコードのようなものが設定されているのでしょう)

Evernoteタグを整理する3つのコツ

Evernoteは非常に自由度の高いアプリなので、はじめ使い方に戸惑ってしまいます。
タグについても同様の悩みが多く、「タグって実際どうやってつかうの?」といった質問もよくあります。
タグを整理するコツを、3つに分けてみていきましょう。

ポイント1 | 最初はあまり考えすぎず閃いた名前をタグにする

Evernote全般の使い方にも共通する内容なのですが、「あまり考えすぎずに適当な名前でタグ付けする」ことがポイントです。

Evernoteの良さのは強力な検索機能です。
タグを付け忘れたり、適切でないタグを付けたとしてもあとから簡単に検索して目的のノートを見つけることができます。

最初からあまりルールづくりや名前を考えることに時間をとりすぎると、Evernoteを使うことそのものがストレスになります。
ちょっとした目印や、付箋紙を貼るような感覚でどんどんタグを作ったり付けたりしましょう。

どんなタグを付ければよいか分からない場合は、以下のようなタグを付けてみることがおすすめです。

①自分の好きなジャンルのタグを付ける
例:ガジェット、iPhone、好きなアーティスト名

②イベントや会社のプロジェクト名のタグを付ける
旅行、企画名などことがらの名前をタグにしておくとあとから出来事をまとめて振り返ることができます。
ノートブックのではなく、タグでカテゴリ分けすることもできます。
ノートブックを毎回つくるのが面倒な場合は、思い切ってすべてタグで管理するのも便利です。

③名前や日付ののタグを付ける
あ行、◯月、◯日などのタグを付ける方法もあります。
タスク管理や名刺の管理もEvernoteで行っている場合は、1〜31日、1〜12月、あ行〜わ行までのタグをそれぞれ作っておくとよいでしょう。
タスクには期限のタグ、名刺には◯行のタグをつけると目的のノートを一瞬で一覧にすることができます。

チームで名刺管理をしている場合は、◯◯株式会社、◯◯さん、◯◯部長…など取引先の企業名や名刺をもらった担当者名などを付けてると効果的です。



ポイント2 | 記号などを先頭につけることで整理する

作ったタグは以下のような順番で表示されます。

記号

数字

アルファベット

文字

よく使うタグの頭文字に記号をつけると、順番の整理が簡単です。
筆者はよく利用するタグの先頭の文字を_(アンダーバー)にしてすぐに参照できるようにしています。

タグの整理に迷ったら、記号をつかって順番を並べ替えてみると良いでしょう。

ポイント3 | 基本的にノートの検索は検索ボックスから行なう

記事の中でも何度かふれましたが、Evernoteのタグはちょっとした目印やデジタル付箋紙といった感じです。
ノートの検索は、Evernote内の検索窓から簡単にできます。
ノートにちょっとした情報を追加するような感覚でタグ付けをしておくとよいでしょう。

たくさんタグ付けしておくと、自分のEvernoteの使い方にあったタグがおのずと沢山付くようになります。
各タグには付けた数も表示されますし、フォルダのように階層化して整理することもできます。
ノートとタグが増えてきたら、都度整理していくような運用がうまくいきますので試してみてください。

プレミアムプラン以上であれば、ノートのPDF内の文字検索やOffice文書の中を検索することができきます。
利用する頻度やノート数が増えてきたら、アカウントのアップグレードも検討してみるとよいでしょう。

まとめのようなもの | タグの豆知識

いかがでしょうか?
今回はEvernoteのタグの活用をテーマにいくつかのコツを記事にしました。

タグの名前は変更できる(パソコンから)
タグ名は変更しても付けたノートは引き継がれる
タグ名は記号を活用して整理する
あまり考えずデジタル付箋紙みたいどんどん付ける
困ったらノートは検索して探す

このような点を頭においてEvernoteのタグは活用していくとよいでしょう。
iPhoneユーザーとしてタグ編集がスマホからできないのは残念ですが、Evernoteはアップデートの頻度も高いアプリなので今後の実装に期待しましょう。

とにかくあまり難しく考えず、直感や頭に浮かんだキーワードをどんどんタグ付けしていくとEvernoteを使うのが楽しくなります。
Evernoteを使って、快適なデジタルライフを実現させましょう。


LINEで送る
Pocket

コメントを残す