【STORK19】ランディングページのつくり方 #初心者でもランディングページが30分でつくれる

Human Hand Drawing Landing Page Concept On Notebook
Photo : iStock by Getty Images


弊ブログはWordPressを使って運営しており,テーマにはオープンケージさんの『STORK19(ストーク19)』を使っています.『STORK19』は『STORK(無印ストーク)』のアップデート版で,より現代的でシンプルなデザイン.

「これからブログをはじめようかなぁ」「ブログのテーマは何がおすすめ??」というブロク初心者の方から,5年・10年といった長期間ブログを書いている人にもおすすめのテーマ.定期的にアップデートも行われているため,安心して運用できるのも良いところ.(体感だけど,1〜2ヶ月に1回くらいのペースでアップデートされている気がします)

体感だけど,1〜2ヶ月に1回くらいのペースでアップデートされる.
体感だけど,1〜2ヶ月に1回くらいのペースでアップデートされる.
Nozbe-Press-Kit-Logo_1

Nozbe | タスク管理ツールでシンプルに物事を成し遂げる

どんなページ作れるの??,結果が知りたいよ.という人は↑をご笑覧ください.

さて.

『STORK19』を使ってランディングページをつくったので,その感想や使い勝手について紹介していきます.「LP(ランディングページ)ってなに??」についても後述.

弊ブログには,ランディングページは1ページも存在していませんでした.ただ,ブログを今後も運営していくうえで「収益化の仕組みもある程度考えておかないと…」と思い立ったので,ランディングページづくりに挑戦してみることに.

なので,この記事は「ランディングページってどうやってつくるの??」という方や,「#ランディングページ #つくりかた」などのキーワードでググってこのページに来てくださった方にとって有益な情報になると思います.ランディングページをつくってみよう,という人のご参考になれば幸いです.



STORK19 を使ってランディングページ制作してみる

Website landing page  development – sketch on math book
Photo : iStock by Getty Images

ランディングページは「LP(エルピー)」と略されることもあります.ウェブ系の情報サイトの表記,ウェブ関連のお仕事をしている人は,「ランディングページ」と言うよりは「LP」と略していることが多いです.

ランディングページとは,検索や広告からユーザーがアクセスするページのこと.何かしらサービスを利用しようとしたり,製品を購入しようとしたとき,誰しも縦長のページに辿り着いた経験があると思います.ざっくり言うと,あれがランディングページです.製品を販売したり,課金型のサービスを提供する際はランディングページをつくると効果的.

また,ランディングページで「製品を買うか!?」「サービスを使うか!?」をユーザーが判断するので,非常にクオリティが重要なページだと考えられています.

ランディングページ(Landing Page)とは、検索結果や広告などを経由して訪問者が最初にアクセスするページのことです。

訪問者がホームページに着地する(land)イメージからこの名前がつきました。

略してLPとも呼ばれます。ただし、以上の定義は、広い意味(広義)のランディングページのことを指しています。

DS Magazineより引用

STORK19では,固定ページの「ページ属性」から「ランディングページ」をつくれる.

STORK19 では,固定ページの「ページ属性」から「ランディングページ」を選択するとランディングページをつくることができます.WordPressにある程度慣れていれば,簡単にランディングページが完成します.(初回でも30分〜1時間ほどでカタチになる)

弊ブログで は,Nozbe というタスク管理アプリを定期的に紹介しています.なので,試しに Nozbe を紹介するランディングページをつくってみました.本当に簡単で,↓のランディングページを1時間もかからず,わずかな時間でつくることができました.

ランディングページをはじめてつくって人でもこれくらいの時間.なので,慣れれば30分ちょっとで簡単にランディングページはつくれるようになります.

Nozbe-Press-Kit-Logo_1

Nozbe | タスク管理ツールでシンプルに物事を成し遂げる

STORK19でランディングページをつくる

STORK19では,以下の流れでランディングページをつくることができる.

手順は,WordPressとテーマ(STORK19)がインストールされていることが前提です.悪しからず.ちなみにエディターはブロックエディタを使っています.

STORK19 でランディングページをつくる手順
  1. 固定ページのタブから「新規追加」をクリック
  2. 画面右のページ属性にあるテンプレートから「ランディングページ」を選ぶ
  3. 記事を書いて「公開」を押せば終了

手順はこれだけ.あとは,通常の投稿と同じようにページ内をコンテンツで充実させましょう.

STORK19 では,固定ページの新規追加からランディングページを作成できる.
STORK19 では,固定ページの新規追加からランディングページを作成できる.
ページ属性のテンプレートから「ランディングページ」を選択する.
ページ属性のテンプレートから「ランディングページ」を選択する.


STORK19 でランディングページを充実させるポイント

STORK19でランディングページをつくるときのポイントを,5つ紹介してこの記事のまとめとします.

ここに書いているポイントを抑えておくと,よりランディングページっぽい見た目に仕上がります.ぜひお試しください.

STORK19 でランディングページを充実させるポイント
  • タイトルが記事内に表示されないので,見出し1を配置する
  • 紹介するサービスに関連する画像や動画を配置する
  • 料金やプランを明記する
  • STORK19 が用意しているブロックを活用する
  • 記事末にCTAを配置する
STORK19 に用意されている専用のブロックを使うと,見た目のきれいなページをつくることが可能.
STORK19 に用意されている専用のブロックを使うと,見た目のきれいなページをつくることが可能.

〈了〉

SourceNotes


シェアありがとうございます!!