【Nikon Z50】カスタムボタン機能の割り当てを変更する方法

Lens
Photo: iStock by Getty Images


Nikonのミラーレス一眼カメラ『Z50』の,カスタムボタン機能の割り当てを変更する方法を紹介します.

『Z50』には,複数の物理ボタンが搭載されています.『Fn1』『Fn2』など,いくつかのボタンは,設定から機能の割り当てを変更することが可能です.操作になれてきた人は,自分好み割り当てを変更してみると良いでしょう.

https://twitter.com/takg_jp/status/1223655995999547392


【Nikon Z50】カスタムボタン機能の割り当てを変更する方法

Old camera and blank film strip on wooden table.
Photo: iStock by Getty Images

Nikon Z50でカスタムボタン機能の割り当てを変更したい場合,メニューから設定変更を行います.以下の手順で操作してください.

  1. Z50を起動して「MENU」ボタンを押します
  2. 左側のタブから「カスタムメニュー」を選びます
  3. 「f 操作」を選択します
  4. 「f2 カスタムボタンの機能(撮影)」を選びます
  5. 割り当てを変更したボタンを選びます
  6. 表示される項目から変更したい機能を選び「OK」を押します

これで,Z50の物理ボタンに好きな設定を割り当てることができます.

出所 : SMATU.netにて撮影
「MENU」ボタンからメニューを開きます.
出所 : SMATU.netにて撮影
「MENU」ボタンからメニューを開きます.
出所 : SMATU.netにて撮影
左側のタブから「カスタムメニュー」を選びます.
出所 : SMATU.netにて撮影
左側のタブから「カスタムメニュー」を選びます.
出所 : SMATU.netにて撮影
「カスタムメニュー」の中にある「f 操作」を選びます.
出所 : SMATU.netにて撮影
「カスタムメニュー」の中にある「f 操作」を選びます.
出所 : SMATU.netにて撮影
「f2 カスタムボタンの機能(撮影)」からボタンの機能割り当て変更することが可能です.
出所 : SMATU.netにて撮影
「f2 カスタムボタンの機能(撮影)」からボタンの機能割り当て変更することが可能です.
出所 : SMATU.netにて撮影
ニコンZ50の場合,設定を変更できる物理ボタンは全部で6つです.
出所 : SMATU.netにて撮影
ニコンZ50の場合,設定を変更できる物理ボタンは全部で6つです.
出所 : SMATU.netにて撮影
ボタンによって割り当てできる項目が異なるので,少し注意が必要です.
出所 : SMATU.netにて撮影
ボタンによって割り当てできる項目が異なるので,少し注意が必要です.

割り当てを変更できる物理ボタンは6種類

今回紹介した方法で,機能の割り当てを変更できるボタンは全部で6つあります.

  1. 「Fn1」ボタン(ファンクション1)
  2. 「Fn2」ボタン(ファンクション2)
  3. 「AE-L AF-L」ボタン
  4. 「OK」ボタン
  5. 「動画撮影」ボタン
  6. 「L-fn」ボタン(レンズファンクション)

1つ注意点ですが,各ボタンには割り当てられる機能に制限があります.例えば,「Fn1」や「Fn2」ボタンには非常に多くの機能を割り当てることが可能ですが,「OK」ボタンは3つしか選択肢が用意されていません.



おすすめのカスタムボタン機能割り当て

Photo: iStock by Getty Images
Photo: iStock by Getty Images

最後に,おすすめのカスタムボタン機能割り当てを紹介します.撮影スタイルやよく使う機能にもよりますが,「どう割り当てを変えていいか分からない…」と悩んでいる人は,これから紹介する設定を一度試してみるとよいでしょう.

  • 「Fn1ボタン」…ホワイトバランス
  • 「Fn2ボタン」…ピクチャーコントロール
  • 「AE/AFロックボタン」…AE-L/AF-L
  • 「OKボタン」…フォーカスポイント中央リセット
  • 「動画撮影ボタン」…拡大画面との切り換え(等倍100%)
  • 「レンズのFnボタン」…割り当てなし

簡単にですが,僕がこの設定にしている理由も書いておきます.

出所 : SMATU.netにて撮影
オールドレンズを使って撮影することが多いので,現在はこのような設定で使っています.
出所 : SMATU.netにて撮影
オールドレンズを使って撮影することが多いので,現在はこのような設定で使っています.

「Fn1ボタン」…ホワイトバランスの理由

「Fn1」や「Fn2」は,撮影時に非常に押しやすいボタンです.一番良く使う設定をここに割り当てておくことをおすすめします.

僕はカメラ初心者なので,結構ホワイトバランスの調整を行います.そのため「Fn1」にはホワイトバランスを割り当てています.

「Fn2ボタン」…ピクチャーコントロールの理由

「Fn1」ボタンとほぼ同じ理由です.

NikonのZ50では,Z6やZ7と同じように『クリエイティブ ピクチャーコントロール』と呼ばれる機能を使うことができます.

簡単に説明すると,様々なフィルター効果を選べる機能です.

写真の雰囲気や色味を変えたい時に便利な機能なので,よく使う人も多いと思います.頻繁に切り替える場合は,Fnボタンのどちらかに割り当てておくとよいでしょう.

「AE/AFロックボタン」…AE-L/AF-L の理由

主に,露出をロックしたい時に使っています.

明暗差のあるシーンを撮影するときなど,明るい方に露出合わせるか,暗い方に露出を合わせるかで写真の表情も随分変わります.

カメラに慣れてきたら,「AE/AFロックボタン」には露出ロックを割り当てておくと便利だと思います.

「OKボタン」…フォーカスポイント中央リセットの理由

Z50を買ってから,オールドレンズにハマってしまいました.

オールドレンズはマニュアルフォーカスのレンズがほとんどなのでピント合わせがシビアです.そのため,撮影するときは頻繁に「フォーカスポイントを動かして→拡大→ピント合わせ」といった操作を行います.

フォーカスポイントを頻繁に動かす人は,OKボタンにはフォーカスポイントのリセットがおすすめです.

「動画撮影ボタン」…拡大画面との切り換え(等倍100%)の理由

「OKボタン」で説明したとおり,僕はオールドレンズを使っているので,「動画撮影ボタン」を押して拡大画面に切り換えます.(倍率は等倍にしてます)

一時期は,Fn2ボタンに拡大画面との切り換えを割り当てていましたが,結局は動画撮影ボタンに落ち着きました.

「レンズのFnボタン」…割り当てなしの理由

Nikonの大口径レンズには,レンズにFnボタンが付いているモデルが存在します.

そのボタンを押した時の動作を設定するための項目です.ぼくが持っているレンズには「レンズのFnボタン」は付いていないので,ここは一旦「割り当てなし」にしています.

SourceNote