「ねむい」写真とは何か #写真機初学者の備忘録

この記事で分かること

「ねむい」とは,どんな写真なのか.

ねむい写真」という言葉をしばしば耳にする.

写真表現で使われる「ねむい」とは,ハイライトからシャドーまでの調子が変化に乏しく,ぼんやりとした印象のこと

写真の明るい部分(ハイライト)と暗い部分(シャドー)の差が少ないため,写真全体が薄っぺらくなってしまう.こんな写真を「ねむい(写真)」と呼ぶ.コントラストが弱く,ぼやっとしたイメージの写真などを見ると「ねむい写真だなぁ」と感じたりする.

個人的に「ねむい」は,別に悪いことでは無いと思っている.←あくまで私見です.悪しからず.

曇りの日に撮影したコントラストの弱い写真は,「ねむい」と感じやすい.

「ねむい(写真)」.

写真好き,カメラ好きであれば,ぜひ覚えておきたい言葉である.

〈了〉

SourceNotes

  • ファットフォト 2015年1-2月号
Advertisements

シェアありがとうございます!!