ニトとは【IT用語辞典】

Nit-nt-it-word


ニトとは、国際単位系のひとつで照度を表す単位のこと。

「カンデラ毎平方メートル」の別名です。

AppleがMacBookやiPadのディスプレイの明るさを表すときに用いるため、日本では「ニト」の方が一般的に知られています。

国際単位・国際単位系

1.国際的に統一して規定された物理量の実用単位。国際実用温度目盛りなど。
2.ビタミン・ホルモン・酵素などの生理的効力を国際的に統一して示す時に用いる単位。IU(international unit)。

引用:WISDOM2より

1カンデラ毎平方メートルは、1平方メートルの平面光源の光度がその平面と垂直な方向において1カンデラであるときの、その方向における輝度と定義される。

引用:Wikipedia

上記はWikipediaからの引用ですが、単純に言うとディスプレイのニトの数字が大きいほど、明るくて細やかな階調表現が可能になり画質が向上します

 ちなみにニト(英:nit、単位:nt)は、ラテン語の「輝き」を意味する「nitor」が語源と言われています。

Apple製品の場合、『MacBook…300ニト』『MacBook Air…400ニト』『MacBook Pro…500ニト』を実現しています。

SourceNote


Nit-nt-it-word