【YouTube】Wi-Fi無しで動画を見れなくする設定

Young woman making a stop pose


Wi-Fiに接続しているつもりでYouTubeを視聴していたら、実はWi-Fiに接続されていなくて、キャリアの通信を使っていた経験ありませんか??

ぼくは最近…、そんな失敗を毎月繰り返し、必要以上に携帯代金を支払い続けています。

さすがに勿体無いので、iPhoneとiPadのYouTubeアプリをWi-Fi接続時でしか動画を再生できないように設定しました。

この記事では、iPhoneやiPadでYouTubeの動画再生を制限する方法を紹介します。

「YouTubeは、Wi-Fiなしの時は再生できないようにしたい!!」

という人は、「設定」→「モバイルデータ通信」からYouTubeアプリのデータ通信をオフに設定しておくとよいでしょう。

YouTube(iOSアプリ)をWi-Fi無しで再生できないようにする方法

YouTubeの動画をWi-Fi接続時しか再生できないようにするためには、YouTubeアプリではなくiPhoneやiPadの設定アプリから設定を変更します。

  • iOSの設定アプリを起動
  • 「モバイルデータ通信」の項目をタップ
  • 画面を下にスワイプして、モバイルデータ通信の欄に移動
  • モバイルデータ通信をしたくないアプリをオフにする

以上の操作で設定は完了です。

ここで設定をオフ(スイッチのアイコンが白い状態)にしたアプリは、モバイルデータ通信ができなくなります。(Wi-Fi接続時でしか通信ができなくなる)

YouTubeの項目の設定をオフにしておけば、何らかの不具合によってWi-Fi接続が切れた場合、自動的に動画の再生が止まります。

こうしておけば、ギガの利用上手くコントロールすることができます。

ぼくのように、何度も通信制限を超えてしまった人は、ぜひ設定を変更しておきましょう。

出所:SMATU.net
設定アプリの「モバイルデータ通信」の項目からアプリ別に通信制限を行うことができます。
出所:SMATU.net
設定したアプリは、モバイルデータ通信に変わると通信が制限されます。
この設定を使うと、YouTubeをWi-Fi環境のみで再生することができるようになります。
出所:SMATU.net
iPadの場合の設定操作。(手順はほとんど同じ)

「モバイルデータ通信」の制限は他のアプリにも適用可能

今回ご紹介した方法は、モバイルデータ通信のオンオフをアプリごとに設定するという小技です。

YouTubeアプリだけでなく、iPhoneなどのiOSデバイスにインストールしていアプリには適用されます。

例えば、「TwitterやChromeも通信制限をしたい」といった場合は、個別でアプリのモバイルデータ通信をオフにしておくとよいでしょう。

出所:SMATU.net
デバイスごと、アプリごとに設定ができるので、個別の設定を行い通信をコントロールしておきましょう。

SourceNote

Apple:iPhone や iPad でモバイルデータ通信の利用状況を確認する


Young woman making a stop pose