【iPhone 3D Touch 便利な使い方】フォルダを開かないでバッジが付たアプリを起動する

Folders Search with Magnifying Glass
Folders Search with Magnifying Glass/ PHOTO: iStock by Getty Images

ホーム画面でよく見かける、アプリの右上に表示される赤い数字。
なんと呼ぶか知ってますか??

あの赤い数字は、Badge(バッジ)といいます。


ホーム画面のフォルダ内にバッジが付いているアプリがあれば、わざわざフォルダを開かなくても3D Touchで簡単に起動することが出来ます。

早速その方法をみていきましょう。

Advertisements

3D Touchを使ってバッチが付いているアプリを起動する方法

フォルダを3D Touch(グッと強く押す)します。
するとフォルダ内でバッジの付いているアプリが表示されます。

起動したいアプリをタップすると、フォルダを開かないでアプリ起動することが出来ます。
もちろん、バッジの付いたアプリが複数ある場合でも可能です。

ちょっとした操作の違いですが、時間の短縮にもなります。
3D Touch対応のiPhoneを使っている場合は、試してみてはいかがでしょうか??

バッジの付いたフォルダを3D Touchすると、更新があるアプリだけが表示されます。
アプリをタップすると、そのまま利用することができます。
Advertisements

3D Touchが使えない時の対処方法

「iPhoneを使っているけど、3D Touchができない…」

そんな時は、設定や3D Touch対応機種なのかを確認しましょう。
3D Touchの設定については、以下の記事を。


3D Touch対応機種については以下の表をご参照ください。
iPhoneのモデル 3D Touch対応
iPhone6s
iPhone6s Plus
iPhone SE(2016発売) ×
iPhone7
iPhone7 Plus
iPhone SE(2017発売) ×
iPhone7/7 Plus(PRODUCT RED)

SourceNote

PHOTO: iStock by Getty Images

Advertisements

シェアありがとうございます!