YouTube動画の再生速度を変更する方法

youtube-playback-speed-change-setting-how-to


YouTubeでは、動画の再生速度を7段階に調整することができます。
(0.25倍〜2倍速までの7段階)

長時間の講義動画を2倍速再生で見たり、ゲーム実況で上級者の手元をスロー再生したりと、活用の方法も様々です。

ということでこの記事では、YouTubeで動画の再生速度を変更する方法や、主な活用方法について紹介していきたいと思います。





YouTubeで動画の再生速度を変更する【iPhone、iPad、その他のスマートフォン・タブレット】

YouTubeで動画の再生速度を調整したい時は、画面右上に表示される(点が3つ並んだ)メニューアイコンを使います。

  1. 再生中の動画の画面タップ
  2. (点が3つ並んだ)メニューアイコンが表示されるのでタップ
  3. 再生速度(英語表記なら「Playback speed」)の項目をタップ
  4. 好きな再生速度をタップ

以上の操作で、好みの速度で動画を視聴できます。

(3点の)メニューが表示されない…という方へ
「あれ?!メニューが表示されない…」という場合は、画面をタップし忘れていることがほとんどです。焦らずに、画面をそっとタップしてあげてください。
youtube-playback-speed-change-setting-how-to-1

出所:smatu.net
YouTubeの動画(Apple公式)のスクリーンショットから引用。
最初に再生中の画面をタップします。

youtube-playback-speed-change-setting-how-to-2

出所:smatu.net
YouTubeの動画(Apple公式)のスクリーンショットから引用。
右上に表示される3点(メニュー)をタップします。

youtube-playback-speed-change-setting-how-to-3

出所:smatu.net
YouTubeの動画(Apple公式)のスクリーンショットから引用。
表示されたメニューの中から「速度」をタップします。

youtube-playback-speed-change-setting-how-to-4

出所:smatu.net
YouTubeの動画(Apple公式)のスクリーンショットから引用。
最後に好みの再生速度をタップします。
自動で再生に戻り、変更した速度が適用されます。

通常速度に戻す方法

0.25倍再生など、スローモーションにすると動画は細かく分析できますが、音声は聞き取りにくくなります。

動画の再生速度を戻したい時は、再生速度を「標準」に設定してください。(操作は先程と同様です)

再生速度は次の動画にも引き継がれます

再生速度は、次の動画に進んだ場合も引き継がれる仕様になっています。(2018年8月時点)

YouTubeで動画の再生速度を変更する【PC(パソコン)のブラウザ】

パソコンのブラウザの場合は、スマートフォンとは少し違った方法で速度調整を行います。

  1. 再生中の動画にマウスのカーソルを乗せる(メニューが表示)
  2. 右下に表示されている歯車のアイコンをクリック
  3. 「速度」の項目をクリック
  4. 速度が7段階表示されるので、変更したい速度をクリックする

あとは動画に戻ると、変更した速度で再生が続けられます。
(パソコンの場合も、変更した速度は次の動画に反映されます)

youtube-playback-speed-change-setting-how-to-6

出所:smatu.net
YouTube(PCブラウザ)のスクリーンショットから引用。
はじめに、再生中の動画にマウスをのせます。

youtube-playback-speed-change-setting-how-to-7

出所:smatu.net
YouTube(PCブラウザ)のスクリーンショットから引用。
画面右下に表示される「歯車のアイコン」をクリックします。

youtube-playback-speed-change-setting-how-to-8

出所:smatu.net
YouTube(PCブラウザ)のスクリーンショットから引用。
「速度」のメニューをクリックします。

youtube-playback-speed-change-setting-how-to-9

出所:smatu.net
YouTube(PCブラウザ)のスクリーンショットから引用。
好きな速度を選択すれば、再生速度が変更されます。

YouTubeで選べる7段階の再生速度

YouTube動画の再生速度は、以下の7段階に設定できます。

  • 0.25倍(0.25x)
  • 0.5倍(0.5x)
  • 0.75倍(0.75x)
  • 標準(Normal)
  • 1.25倍(1.25x)
  • 1.5倍(1.5x)
  • 2倍(2x)
youtube-playback-speed-change-setting-how-to-5

出所:smatu.net
YouTubeアプリ(iOS)のスクリーンショットから引用。
0.25倍〜2倍速(7段階)まで、好みの速度から選択できます。



YouTubeのスローモーション再生、2倍速再生の活用方法

YouTubeの再生速度の変更は、沢山の活用方法があります。
記事のまとめとして、代表的な方法を3つご紹介したいと思います。

  • セミナーや講義系の動画を高速再生
  • ゲームの実況動画をスローモーション再生
  • 長時間配信を2倍速↔標準で交互に切り替え

セミナーや講義系の動画を高速再生

セミナーや講義の動画などは、基本的に長い時間のものが多いです。
45分から数時間など、2倍速再生すれば半分の時間で視聴を終えることができます。

まずは1.5倍速で再生し、慣れてきたら2倍にするとよいでしょう。
効率よく何度も学習することができます。

ゲームの実況動画をスローモーション再生

ゲームの実況動画では、上手いプレイヤーの方が手元を公開しています。
しかし、ゲームを始めたばかりの頃や、中級レベルの時期でも、この手元動画は早すぎて何を行っているのか??認識が困難です。

そんな時に、0.5倍速や0.25倍速などのスローモーション再生を活用しましょう。
0.25倍は、音声は聴き取りにくくなりますが、その分だけ手元の動きはしっかり確認できます。

長時間配信を2倍速↔標準で交互に切り替え

昨今、YouTubeでは数時間〜10時間を超えるような、長時間配信が行われるようになってきています。

長時間配信はライブ配信されることが多く、高確率でアーカイブとして後から視聴ができます。
しかし、見るのに時間がかかるのも事実です。

長時間は、人によって見どころも様々。
「2倍速再生」と「標準再生」を交互に行い、自分が興味があるところをじっくり見て、それ以外はサラッと流すといった視聴スタイルもおすすめです。

SourceNote


youtube-playback-speed-change-setting-how-to