人のiPhoneとちょっと差をつける 電波を数値で表示する方法



how to iphoneシリーズです。
今回から、iPhone操作のちょっとしたテクニックや豆知識を『How to iPhone』としてまとめていきます。
初回は『人のiPhoneとちょっと差をつける 電波を数値で表示する方法』をご紹介いたします。


iPhoneを使い慣れてくると人のiPhoneと違いを出したくなるものです。
今回は人のiPhoneとちょっと差をつける電波を数値して表示する方法ご紹介します。
きっと見た人から「えっなんで数字なの!?」と思われること間違いなしです。

0019_1

step1 | キーパッドで番号を入力

電話アプリをタップします。
下のタブから『キーパッドに切り替えます』
電話アプリの詳しい使い方についてはこちらで紹介しております。
キーパッドへの切り替え方法がわからない場合はご参照ください。
「*3001#12345#*」と入力して発信します。

0019_2


step2 | Field Testに切り替え

画面が「Field Test」に切り替わります。
この時一時的にですが画面左上に電波の強度が数値で表示されます。
通常画面に戻したい場合はそのままホームボタンを押してください。

0019_3

step3 | 電源ボタン→ホームボタンの順で長押し

電波強度を常に数値で表示しておきたい場合は「Field Test」の画面で電源スリープボタンを長押しします。
電源オフの画面が表示されたらホームボタンを長押ししてください。

0019_4


step4 | 電波が数値表示に

以上の操作で電波強度が常に数値で表示されるように変わりました。
強度を通常の電波マークに戻したい場合は、step2まで進み「Field Test」の画面でホームボタンを押してください。

0019_5

参考資料:電波強度の数値の見方

表示されている数値見方
電波は、-121から-51の範囲内で表示されます
-121→電波弱
-51→電波強
となります。数値がよりマイナスなほうが電波が弱いと覚えておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です