Apple One にアップデートして,月々の支払いが1,230円もお得になった話.#AppleOne感想 #AppleOne口コミ

Vector illustration of people checking the web in the autumn. Man and woman have a relaxing day off.
Photo : iStock by Getty Images

Apple One(アップルワン)は,Appleの提供する4つのサービスが1つにまとめられたバンドルです.「Apple Music」「Apple TV+」「Apple Arcade」「iCloudストレージ」がワンセットになっていて,個人でも家族でも利用できます.

バンドル(bundle)
別々の商品を組み合わせて,一式にして販売すること.一般的に,ソフトウェアを組み合わせて販売する場合に使われる.使用例: フォートナイト『ラスト・ラフ バンドル』

SMATU.net まとめ

Apple Oneの個人プラン/ファミリープランの価格は以下のとおり.現在は月額プランのみで,年間プランは提供されていません.

  • Apple Oneの個人プラン > 1,100円
  • Apple Oneのファミリープラン > 1,850円

僕のケースだと,Apple Oneにアップグレードすることで,月々の支払いが1,230円安くなりました.年に換算すると15,000円ほど.

Apple Oneにアップグレードするメリットや,手順を紹介します.「サブスクリプションの支払いを節約したい」と考えている人の参考になれば幸いです.

Apple One にアップデートして,月額が1,230円お得になった話.

Photo : iStock by Getty Images

僕の場合,Appleのサブスクリプション契約はこのような状況でした.全部合わせると,毎月の支払金額の合計が「3,080円」です.

  • Apple Music(ファミリー)1,480円
  • Apple Arcade 600円
  • iCloud(200GB)400円
  • Apple TV+ 600円

両親のためにApple Musicはファミリープランで契約しており,『FANTASIAN(ファンタジアン)』をプレイしているので,Apple Arcadeにも課金しています.その他,iCloudは200GBのプランで,Apple TV+は今年の6月で無料期間が終了します.

これらをすべて合計すると「3,080円/月額」.それに対してApple Oneのファミリープランは「1,850円/月額」,そのため差し引きすると「1,230円」が浮いた計算になります.

月々で考えると1,000円ちょっとですが,年間だと15,000円ほど.軽視はできない金額なので,Apple Arcadeが課金されるタイミングでApple Oneのサブスクリプションにアップグレードしました.

1,230円もお得になった,Apple Oneへのアップグレード.

更新日とApple Oneの料金が課金されるタイミング

自分のケースだと,各サブスクリプションの更新時期はこのとおりバラバラでした.

  • Apple Music 毎月24日更新(1,480円)
  • Apple Arcade 毎月6日更新(600円)
  • iCloud 毎月19日更新(400円)
  • Apple TV+ 毎月2日更新(600円)

Apple Oneにアップグレードすると,『(Apple Oneの)更新日 = アップグレードした日付』となります.僕の場合,アップグレードした4月5日に初回の1,850円が請求され,その後は毎月5日に1,850円が課金されるサイクルになります.

契約しているサブスクリプションや,無料トライアルの状況によっては多少の損得が発生します.Apple Oneにアップグレードするときは,念の為それぞれのサービスの更新日を確認してから契約するようにしましょう.

【編集後記: 0406】更新時の差額は,きちんと返金してもらえます.

「更新日を確認してから契約するようにしましょう」と書きました.しかし,これは杞憂でした.

Appleは課金をしたあとに,レシート(購入明細)を登録してるメールアドレスに送ってくれます.Apple One登録の翌日に,1,850円のレシートが届きましたが,これと一緒にiCloudとApple Music(ファミリー)の差額が返金されました.

返金された金額は以下のとおり.丁寧に日割り計算して,返金してくれていることが分かります.結局今回のアップグレードで発生する支払いは「701円」でした.

  • iCloud 200GBの返金額: 194円
  • Apple Music ファミリーの返金額: 955円

さすがApple.

Advertisements

Apple Oneにアップグレードする手順

Photo : iStock by Getty Images

Apple Oneへのアップグレードは,本当に簡単でした.iPhoneまたはiPadから作業を行ってください.また,最新のOSでないとApple Oneにアップグレードできない場合があります.OSは最新のものに更新しておきましょう.

iPhone(またはiPad)からApple Oneにアップグレードする方法
  1. 最新のOSにアップデート
  2. 設定アプリをひらく
  3. 画面上部の名前の部分をタップ
  4. 「サブスクリプション」をタップ
  5. 「Apple One」を選択
  6. プランを選択
  7. Apple IDで決済する

以上の手順で作業は完了です.

設定アプリ(iPhoneやiPad)から,簡単にApple Oneにアップグレード可能.

補足: 契約状況によっては,Apple Oneの無料トライアルはありません.

気前の良い無料トライアルを,複数用意しているのがAppleという企業です.しかし,契約状況によってはApple Oneの無料トライアルは利用できません.僕の場合,残念なことに無料トライアルは適用されませんでした.

理由は,Apple Music,Apple Arcade,Apple TV+,←それぞれに無料トライアルを過去に利用していたからです.状況を鑑みると,「気に入ってくれたら,お得なバンドルにしているから,これで十分だよね」というのがAppleの本音でしょう.仕方ありません.

Apple One に登録すると、これまでにご利用いただいていないサービスは 1 か月分が無料トライアルになります。無料トライアルが終わった後で、これまでにサブスクリプションに登録していたサービスが自動的に Apple One に組み込まれます。サービスを解約したばかりの場合は、無料トライアルの対象にならないことがあります。トライアルが終了すると、プランが自動更新されます。

Apple のサブスクリプションを Apple One でまとめて楽しむ
Advertisements

まとめ: Apple One,実は価格面でもお得なサービスでした.

Photo : iStock by Getty Images

Apple One(アップルワン)は,Appleの提供する4つのサービスが1つのセットになったお得な製品です.

「Apple Music」「Apple TV+」「Apple Arcade」「iCloudストレージ」これらを複数契約している人は,Apple Oneにアップグレードしたほうがお得になるケースがあります.僕の場合は,月々1,230円お得になりました.

個人的に盲点だったのが,iCloud分の金額です.

Apple Oneにアップグレードすると,iCloudは200GB利用できます.Appleの製品を長く使っていると,50GBのiCloudストレージでは物足りなくなります.iCloud(200GB)の月額は400円で,これもApple Oneに含まれているのはありがたかったです.

そして,最近注目しているのが『Apple Arcade』.

これまではプレイしたいゲームが無かったので利用を見送っていました.しかし,昨今タイトルも充実してきており「毎月600円なら使ってみようかな」というレベルまで,サービスの品質が上がってきています

Apple Arcadeを使ってみて,iPhone,iPad,Mac,←どのデバイスでも続きからプレイできるのは,快適かつ利便性が高いと感じました.前述した『FANTASIAN(ファンタジアン)』を楽しんだ後は『Don’t Starve』を久しぶりにプレイしてみようと考えています.

「Apple系サブスクリプション」+「iCloudの200GB以上のストレージ」を使っている人は,Apple Oneを契約した方がお得になる場合があります.契約しているサブスクリプションと,無料トライアル期間を調べて,どちらがお得になるか比較してみることをおすすめします.

〈了〉

SourceNotes

Advertisements

シェアありがとうございます!!