『白昼の悪魔(英題 : Evil under the Sun)』アガサ・クリスティー著 #登場人物相関図.ネタバレありませんのでご安心を.

agatha-christie-evil-under-the-sun-characters-correlation-chart-1
Photo : SMATU.net


アガサ・クリスティーの隠れた名作『白昼の悪魔』の登場人物解説と人物相関図.「隠れた名作」と言っても,僕のような最近クリスティを読み始めた人にとっての隠れた名作であって,クリスティを長年読んでいる人の間では傑作と名高い作品.

もし「先に口コミで評判を調べてから読むかを決めよう…」みたいに悩んでいる人は,時間の無駄です.すぐにAmazonでポチるか,書店に向かいましょう.傑作,名作,迷う必要なし.

さて,『白昼の悪魔』はエルキュール ポアロのシリーズで,ポアロが登場する長編小説では20番目のお話.この頃に書かれたものは「クリスティ黄金期」と絶賛するファンも多く,前後に発表されている作品にハズレはほぼ無し.書店に前後の作品が並んでいたら,まとめ買いするもよし.

『白昼の悪魔』は,ミステリ小説好きならぜひ読んでおきたい一冊です.

この記事では,白昼の悪魔の登場人物や人物相関図を紹介しています.海外小説(特にミステリ系)は「あれ,この人誰だっけ」となりやすいですし,クリスティの作品を複数読んでいると人物設定が他の作品とかぶっていることもあり,時折混乱することがあります.(お金持ち,美女,嫉妬深い人,資産家の老夫人…などなど,多くの作品で登場するので)

なので,読書のお供にしていただけると幸いです.ネタバレはありませんので,最後までご安心してお読みください.

『白昼の悪魔』アガサ・クリスティー著 人物相関図とあらすじ

白昼の悪魔 _ アガサ・クリスティー著 【人物相関図】

あらすじ

スマグラーズ島に一軒だけ建つ「ジョリー・ロジャー・ホテル」.名探偵エルキュール・ポアロはそこで避暑を楽しんでいた.だが避暑地の平穏はひとりの美女の登場で危うく揺れはじめる—— 元女優アリーナ・マーシャル.

恋多き女として名を馳せる彼女は夫と連れの子とともに島を訪れていた.アリーナは若いレッドファン夫妻の夫パトリックを誘惑,妻クリスチンを苦悩させる.アリーナの夫ケネスは泰然とふるまうが,娘リンダはアリーナを憎悪していた.アリーナを軸に愛憎が渦を巻きはじめたとき,事件は起こる.

引用 : アガサ・クリスティ完全攻略(決定版)より ※ネタバレ回避のため文末のみ編集.
あらすじは『アガサ・クリスティ完全攻略』より引用.
クリスティを攻略するためには欠かせない本.
あらすじは『アガサ・クリスティ完全攻略』より引用.
クリスティを攻略するためには欠かせない本.

登場人物

drawings of faces on white
Photo : iStock by Getty Images

エルキュール ポアロ

私立探偵.休暇でジョリロジャーホテルに滞在中.

オーデル C ガードナー

ジョリーロジャー ホテルの滞在客.夫人がいないと,とぼけた顔で冗談も言う(普段は夫人に従順).テニスもするし,ゴルフもやる.

ガードナー夫人

ジョリーロジャー ホテルの滞在客.編み物が好き.『ナイルに死す』に登場しているコーネリア ロブスンと面識がある.夫婦でいる時はほとんど夫人が喋っている.

バリー少佐

ジョリーロジャー ホテルの滞在客.インド軍退役.女性に関心が強く,話が長い.

スチーブン レーン

牧師,年齢は50代.ジョリーロジャー ホテルの滞在客.

エミリー ブルースター

ジョリーロジャー ホテルの滞在客.声がハスキー.

ロザモンド ダーンリーン

ロンドンで有名なドレスメーカー『サロン ローズ モンド』のデザイナー,経済的にも成功している.未婚.ケネスとは幼友だち.ジョリーロジャー ホテルに滞在中.

ケネス マーシャル

アリーナの夫,ジョリーロジャー ホテルに滞在.

アリーナ マーシャル

元女優,ジョリーロジャー ホテルに滞在.

リンダ マーシャル

アリーナとケネスの連れの子,ジョリーロジャー ホテルに滞在.

パトリック レッドファン

アリーナの誘惑をうける,クリスチンの夫.ジョリーロジャー ホテルの滞在客.若い美男子で女性にモテるタイプ.水泳の達人,テニスも上手でダンスも堪能.

クリスチン レッドファン

パトリックの妻,ジョリーロジャー ホテルの滞在客.高いところが苦手.

ホレス ブラット

ジョリーロジャー ホテルの滞在客.どうやら金回りはよいらしい.

ミセス カースル

ホテルの経営者.

グラディス ナラコット

ルーム メイド.

ニーズドン

医師.

コルゲート

警部.

ウェストン

警視正,州警察本部.

書籍情報

ハヤカワ文庫(クリスティー文庫 No.20)

定価 820円(+税)

名作が千円以下で読める,本はコスパが高くていい.
名作が千円以下で読める,本はコスパが高くていい.

アガサ・クリスティー(略歴)

1890年,保養地として有名なイギリスのデヴォン州トーキーに生まれる.中産階級の家庭に育つが,のちに一家の経済状況は悪化してしまい,やがてお金のかからない読書に熱中するようになる.特にコナン・ドイルのシャーロック・ホームズものを読んでミステリに夢中になる.

1914年に24歳でイギリス航空隊のアーチボルト・クリスティと結婚し,1920年には長編『スタイルズ荘の怪事件』で作家デビュー.1926年には謎の失踪を遂げる.様々な憶測が飛び交うが,10日後に発見された.

1928年にアーチボルトと離婚し,1930年に考古学者のマックス・マローワンに出会い,嵐のようなロマンスののち結婚した.

1976年に亡くなるまで,長編,短編,戯曲など,その作品群は100以上にのぼる.現在も全世界の読者に愛読されており,その功績をたたえて大英帝国勲章が授与されている.

引用 : クリスティー文庫の著者紹介より

〈了〉

SourceNotes

  • 白昼の悪魔 ハヤカワ文庫
  • アガサ・クリスティ完全攻略(決定版)

シェアありがとうございます!!