【IT(イット)】登場人物・相関図

it-stephen-king-character-correlation-diagram


スティーブン・キングの最高傑作と言われている小説『IT(イット)』、文庫本で全4巻にもなる大作なので登場人物をまとめました。

ITの相関図
SMTU.netにて作成
ITの相関図
SMTU.netにて作成(タップすると拡大できます)

Contents

スティーブン・キングの代表作にして最高傑作の『IT(イット)』

Fortnite-it-collaboration-the-original-is-very-interesting
出所:SMATU.net ITの文庫本全巻(1−4)

IT(読み方=イット)は、アメリカの作家スティーブン・キング氏の最高傑作と評されている小説。スティーブン・キング氏は、モダン・ホラー界だけでなく文学や芸術の分野にも大きな影響を及ぼしています。

僕がこの本に出会ったのはフォートナイトとのコラボがキッカケですが、ITは1990年に映画化、そして2017年にはリメイク版の1作目が公開されています。2019年11月1日からはリメイク版の続編も公開されるので、映画をキッカケに知っている人が多いと思います。

ITは文庫本で全4巻にもなる超大作です。(1冊も400〜500ページあるのでかなりの読み応え)ホラーというジャンルには苦手意識もあり、はじめは面白いかも分からなかったので、とりあえず1巻だけ購入しました。

しかし…。

読み始めるとどんどん物語に惹き込まれてしまい、結局1巻を買ったその日に再び本屋に行き全4巻を揃えてしまいました。

この記事を書いているのは、ITの1巻を読み終え2巻の序盤を読み進めている時点です。ITは前述のとおりストーリーが長く、それなりに登場人物も沢山でてきます。読んでいると…、「あれこれは誰だっけ??」となることもしばしばあります。

ということで、なるべくネタバレをしないように登場人物をまとめました。ITは読み物としても大変優れた作品なので、小説がまだの人は1巻だけでも手にとってみることをおすすめします。



【IT】登場人物・相関図(第1巻)

Photo: iStock by Getty Images
Photo: iStock by Getty Images

ITの物語は、登場人物達が学校に通う1957〜1958年の子供時代と、大人になってからの1984〜1985年の2つの時代が舞台です。

そのため登場人物については

  • ITの主要人物
  • 1957〜1958年の登場人物
  • 1984〜1985年の登場人物

の3つに分けて紹介します。(主要人物については、概要とそれぞれ時代の状況を書いています)

ITに登場する主要人物 ※カッコ内は愛称など

ウィリアム・デンブロウ(ビル)

  • 「どもりのビル」の愛称でからかわれる
  • 逆に,仲間内からはビッグ・ビル(ビル親分)の相性で慕われる
  • ジョージの兄(ジョージが亡くなったときは10歳)

ベン・ハンスコム

  • ビルやエディの友達(5年生)
  • ダムを作る知識をもっている
  • 図書館と本が好き
  • ベヴに恋心を抱く

ベヴァリー・マーシュ(ベヴ)

  • ベンのクラスメイトの女の子
  • かわいい(らしい)

エディ・カスプブラク

  • ビルの友達
  • 機械いじりが得意
  • 喘息持ち(いつも吸入器を持っている)

マイケル・ハンロン(マイク)

  • 内気な少年

スタンリー・ユリス(スタン)

  • 幼い頃からビルと友達

リチャード・トージア(リッチィ)

  • 声真似が得意
  • 眼鏡をかけている

ペニーワイズ

  • 謎のピエロ
  • 「ペニーワイズ」…一文惜しみという意味

1957年〜1958年6月の登場人物

ジョージ・デンブロウ

  • 1957年の雨の日に亡くなる
  • ITの発端となる事故(事件?)
  • 亡くなった当時の年齢は6歳
  • ビル(ウィリアム・デンブロウ)の弟

ウィリアム・デンブロウ(ビル)

  • 「どもりのビル」あだ名でからかわれる
  • ジョージの兄
  • ジョージが亡くなった当時は10歳
  • 自転車(愛称は「シルヴァー」)に乗っている

ザック・デンブロウ

  • ジョージとビルの父親

ママ

  • ジョージとビルの母親
  • ピアノが得意(ジョージが亡くなった日は『エリーゼのために』を弾いていた
  • 名前はシャロン・デンブロウ(1巻の415pまで何故か名前が出てこない)

ホイト伯父さん

  • ジョージとビルの伯父さん

フォーチュナ伯母さん

  • ジョージとビルの伯母さん

ミセス・ダグラス

  • ベンの担任の先生
  • 結婚している

サリー・ミュラー

  • ベンのクラスメイト

グレタ・ボウイー

  • ベンのクラスメイト

ヘンリー・バワーズ

  • 1年落第して5年生
  • ゲップ、ヴィクターと友達
  • いじめっ子の大将的な存在
  • 家は農場を経営している

ゲップ・ハギンス

  • ヘンリーの友達
  • 6年生

ヴィクター・クリス

  • ヘンリーの友達
  • 6年生

ミス・デイヴース

  • デリー図書館の若い司書

ミセス・スターレット

  • デリー図書館(児童図書館)の担当

ベンの母親

  • 32歳
  • ニューポートの「スターク織物工場で働く」

ウィル・ハンロン

  • マイケルの父親
  • 農場を営む

デイブ・ガードナー

ジョージを最初に発見した人物



1984〜1985年の登場人物 ※登場した時系列で並べています

エイドリアン・メロン

  • フリーライター
  • 運河に関する記事を書くためにデリー市を訪れる

ドン・ハーガティ

  • エイドリアンの恋人(どちらも男性)
  • ファルコンの常連で2〜3年通っている
  • 機械製造会社の製図工

クリストファー・アンウィン

  • 15歳
  • ウェビー、スティーブの友人

ジョン・ウェビー・ガートン

  • 18歳
  • アンウィン、スティーブの友人

スティーブ・デュペイ

  • 17歳
  • ウェイビー、アンウィンの友人

エルマー・カーティ

  • 酒場『ファルコン』の店主

ハロルド・ガードナー

  • デイブの4人息子の1人
  • 父親がジョージを発見した時の年齢は5歳
  • リーヴス巡査とともにハーガティを事情聴取

ジェフリー・リーヴス

  • ハロルドの相棒

アンドリュー・ラデマカー

  • デリー警察署の署長

ポール・ヒューズ

  • デリー警察署の巡査

フランク・マケン

  • デリー警察署の巡査
  • エイドリアンとウェビーの喧嘩を仲裁

チャールズ・アヴァリノ

  • デリー警察署の巡査

バーニー・モリソン

  • デリー警察署の巡査
  • アヴァリノの相棒

トム・ブーティリアー

  • 地方検事

スタンリー・ユリス(スタン)

  • ビルの幼い頃からの友人
  • パトリシアの夫

パトリシア・ユリス(パティ)

  • スタンリーの妻

ルース・プラム

  • パトリシアの母親

リチャード・トージア(リッチィ)

  • 人の声真似が得意
  • マイクからの電話でデリーに戻ることに
  • タレントのような仕事?

スティーヴ・コバル

  • KLADプログラムのディレクター
  • リッチィの仕事仲間?

アルバート・カーソン

  • デリー市図書館の館長
  • 喉頭がんを患う

ブランソン・バティンガー

  • 転落死する
  • 自殺を噂されている

エディ・カスプブラク

  • 職業…運転手
  • 方向感覚に優れている
  • 大人になってからも喘息の症状がでることがある

マイラ・カスプブラク

  • エディの妻
  • 5年前に結婚
  • 背が高い

パトリック・ホックステッター

  • 1957年7月に行方不明になった女の子

ベヴァリー・マシュー

  • 結婚後の姓はローガン
  • 4年前にトムと出会い結婚っする
  • 日常的にトムからの虐待を受けて暮らしている

トム・ローガン

  • べヴァリーの夫
  • DVの最低男

ビル・デンブロウ

  • 大人になったビル
  • 現在は作家として大成功している
  • 5年以上前からどもっていない

オードラ・フィリップス

  • ビルの妻
  • 11年前に結婚
  • ビルの5歳年上
  • 映画スター

スーザン・ブラウン

  • 出版契約のエージェント
  • ビルの2作目の小説『黒い奔流』を担当する
  • ビルとは元不倫関係
ITの相関図
SMTU.netにて作成(タップすると拡大できます)
ITの相関図
SMTU.netにて作成(タップすると拡大できます)

まとめ

この記事では、文庫版『IT』(1〜2巻)の情報の中から登場人物をまとめています。

僕自身がまだITを未読状態で映画も見ないため、物語の根幹となる部分や結末などには触れること無く、登場人物について紹介できていると思います。

ITはホラージャンルの小説ですが、ホラー描写にそこまでの怖さもなく、個人的にはサスペンスやサイエンスフィクション的な感覚で読むことができています。

未読の人やホラージャンルが苦手で避けていた人は、まずは1巻だけでも読んでみてはいかがでしょうか?!

IT(1) (文春文庫)
IT(1) (文春文庫)
posted with amazlet at 19.09.12
文藝春秋 (2017-10-03)
売り上げランキング: 22,996
IT(2) (文春文庫)
IT(2) (文春文庫)
posted with amazlet at 19.09.12
スティーヴン キング
文藝春秋
売り上げランキング: 233,394
IT(3) (文春文庫)
IT(3) (文春文庫)
posted with amazlet at 19.09.12
文藝春秋 (2017-10-03)
売り上げランキング: 120,648
IT(4) (文春文庫)
IT(4) (文春文庫)
posted with amazlet at 19.09.12
スティーヴン キング
文藝春秋
売り上げランキング: 99,521

↑上記Amazonアフィリエイトを利用して作成しています。こちらのリンクから購入頂くと、金額の一部が当ブログへ振り込まれます。(運営に役立てさせていただきますので、購入の際はリンクを経由していただけると嬉しいです)


it-stephen-king-character-correlation-diagram