DeepL のMacアプリを利用する際,ショートカットキーはデフォルトとは別のキーを割り当てた方が便利 / #便利屋雑感

AI with person using laptop
Photo : iStock by Getty Images


『#便利屋雑感』は,1,000文字前後の短い雑記です.5分くらいでサクッと読めます.

今回は,DeepL のMacアプリを利用する際,ショートカットキーはデフォルトとは別のキーを割り当てた方が便利,ということを解説します.

DeepL のMacアプリを利用する際,ショートカットキーはデフォルトとは別のキーを割り当てた方が便利

DeepL / ディープエル は,ディープラーニング(深層学習)を軸に、言語向けの人工知能システムを開発する企業.提供しているサービスに『DeepL 翻訳』や『DeepL Pro』があり,2020年6月16日から日本でも有料課金できるようになりました.

サービス開始後およそ1週間ほど利用していますが,評判のとおり,翻訳の精度が高くかなり愛用しています.

DeepL には翻訳のショートカットキーが用意されていて,Mac版のアプリの場合「⌘ + C」を2回素早く押すとことですぐに翻訳することができます.Google翻訳には無い機能で「このショートカットキーだけでも利用する価値はある」と感じるほど,とても便利な機能です.

しかし,ショートカットキーは「⌘ + C」から変更しておいたほうがベター

非常に便利な DeepL 翻訳のショートカットキーですが,デフォルトとままでは少々煩わしく感じるようになります.

理由は,”「⌘ + C」を2回押す ”というところにあります.Macを使っていると,コピペで頻繁に使う「⌘ + C」.通常のコピペをしようとした時も,毎回画面右下に DeepLからのヘルプテキストが表示されます.これが邪魔です.

Mac版 DeepL の設定変更方法
  1. Mac向けのDeepLアプリでシステム環境設定を開きく
  2. 「一般」にある「DeepL翻訳のショートカットキー」から変更を行う
  3. 2番目に表示されている「1x…」を選択,ショートカットキーとして使用したいキーを2つ同時に押さえる
  4. ショートカットキーには、⌘ / Ctrl / Option / Shiftといった修飾キー1つと,文字,数字,スペースキーといった英数字キー1つが最低限必要

以上の操作で変更すると,テキスト選択後に設定したキーを押すと DeepL が翻訳を開始します.前述したヘルプテキストを表示させないためにも,DeepL の環境設定からショートカットキーを別のボタンに割り当てておくのをおすすめします.

コピペの度に表示される,この右下のヘルプテキスト.
DeepL を頻繁に利用すると,徐々に煩わしく感じるようになる.
コピペの度に表示される,この右下のヘルプテキスト.
DeepL を頻繁に利用すると,徐々に煩わしく感じるようになる.

新しくショートカットキーを設定できない場合の対処方法

DeepL で新しいショートカットキーを設定できない場合,以下の理由が考えられます.

キーの組み合わせに不備がある:Ctrlや⌘といった修飾キーと英数字キーから少なくとも1つずつ、合計2つのキーを選んでください。

設定したキーの組み合わせがコンピュータ内の別のプログラムですでに使用されている。

引用 : DeepL 公式サイト Windows/Mac向けのDeepLアプリで使用する翻訳ショートカットキーの変更方法より

了.

便利なショートカットキーをより快適に使うために,別のボタンを割り当てておくのがベター.
便利なショートカットキーをより快適に使うために,別のボタンを割り当てておくのがベター.

SourceNote


シェアありがとうございます!!