MacBookを売る前に初期化したので手順を紹介します.#Mac売却

Trash icon on the screen.
Photo: iStock by Getty Images


MacBookを買取サービスに出すため,久しぶりに初期化を行いました.

Macは「いざ売ろう!!」となった時,「あれ,何をすればよかったっけ??」となることが多い端末です.この記事では,Mac初期化の方法と,売却する時に行っておくべきことをまとめています.

MacBookを売る前に初期化したので手順を紹介します.

MacBookを売るときの手順は,大きく以下の6つです.

  1. Macのバックアップをとる
  2. iTunesからサインアウトする
  3. iCloudからサインアウトする
  4. iMessageからサインアウトする
  5. Bluetoothデバイスとの接続を解除する
  6. Macからデータを消去して初期化する

この記事は『MacBook 初期化』というキーワードで検索した人向けに書いているので,6の「Macからデータを消去して初期化する」の部分を詳しく画像つきで紹介しています.

しかし,Macを売る前には1〜5を済ませておく必要があります.1〜5の部分も重要なので,テキスト中心ではありますが手順を紹介しておきます.

Macのバックアップをとる

Macには重要なデータやファイルがたくさん入っているので,必ずバックアップをとってから売却の準備を進めましょう.Macのバックアップ方法は,以下の2つがあります.

それぞれ,↑のリンクからApple公式の記事へ移動できるので,手順にそってMacのバックアップを完了させてください.



iTunesからサインアウトする

iTunesを開いたら「アカウント」→「認証」→「このコンピューターの認証を解除」の順番で進みます.

Apple IDとパスワードを入力したら「認証を解除」をクリックして,iTunesからサインアウトします.

認証解除がされているか?は,もう一度「このコンピューターの認証を解除」まで進むことで確認することができます.iTunesの認証や認証解除についても,こちらのApple公式の記事で詳しく紹介されています.

iCloudからサインアウトする

Appleメニューの中にある「システム環境設定」から「Apple ID」をクリックします.左側に表示されているサイドバーから「iCloud」を選択して「Macを探す」からチェックを外します.

サイドバーの「概要」から「サインアウト」をクリックします.これでiCloudからのサインアウトは完了です.MacでiCloudからサインアウトしても,iCloud上のデータは削除されたりしないので安心してください.

iMessageからサインアウトする

iMessageをMacで利用している人は,iMessageからもサインアウトしておきましょう.

メッセージのアプリを起動したら,画面左上にある「メッセージ」→「環境設定」の順に進み,「iMessage」のタブにある「サインアウト」をクリックします.

Bluetoothデバイスとの接続を解除する

Appleの公式サイトでも「この手順は必須ではありません」と記載してあるので,さほど重要ではありませんが,Macと接続しているBluetoothデバイスがあれば接続を解除しておきましょう.

Bluetoothデバイスを解除するには、画面左上のAppleメニュー から「システム環境設定」→「Bluetooth」をクリックします.ペアリング済のデバイスが表示されるので,解除したいデバイスの上にマウスをのせます.するとデバイス名の右側に「✗」のアイコンが表示されるので,そこをクリックしてください.

確認が表示されるので,「削除」をクリックすればペアリングが解除されます.



Macからデータを消去して初期化する

ではこの記事の本題である,Macからデータを消去して初期化する方法を紹介します.

Macを初期化するには,macOSを復元で起動する必要があります.

聞き慣れない言葉ですが,Macの電源をオフにして,起動する時すぐに「commandボタン」と「Rボタン」を同時押ししたままにします.そうすると「macOSユーティリティ」が表示されます.この起動方法のことを「macOSを復元で起動する」と呼びます.

macOSを復元で起動できたら,「ディスクユーティリティ」を選択します.

左に表示されるサイドバーから「Macintosh HD」を選択肢,ウィンドウの上部に表示されている「消去」の項目をクリックします.名前は「Macintosh HD」のままにしておき,フォーマットは「APFS」または「Mac OS 拡張 (ジャーナリング)」のどちらかを選択し,「消去」をクリックします.

「消去」をクリックすると,Macからデータの消去がスタートします.データの量にもよりますが,数分〜10分程度でデータの消去が完了します.

データの消去が済んだら,画面左上の「ディスクユーティリティ」から「ディスクユーティリティを終了」を選んでメニューを閉じてください.

ディスクユーティリティを終了すると,再度「macOSユーティリティ」が表示されます.「macOSを再インストール」を選択します.「続ける」→「同意する」→「インストール」の順にクリックして macOSをインストールしてください.(インストールは10〜15分程度で完了します)

macOSを再インストール時「復旧サーバに接続できませんでした」と表示されるときの対処方法

macOSを再インストール時,「復旧サーバに接続できませんでした」と表示されるのは,Wi-Fiの情報が削除され,ネットワークに接続できていないことが原因です.

「復旧サーバに接続できませんでした」と表示された時は,Wi-Fiネットワークの接続を確認してください.

それでも解決しない場合は,こちらの記事に対処方法が詳しく紹介されていますので,参照にして対応してみて下さい.

参照記事 : macosを再インストール時「復旧サーバに接続できませんでした」問題の解決方法

Macを売却する時に必要なのは以下の6ステップです.

記事で紹介したとおり,Macを売却するときに必要なのは,こちらの6つのステップ.

  1. Macのバックアップをとる
  2. iTunesからサインアウトする
  3. iCloudからサインアウトする
  4. iMessageからサインアウトする
  5. Bluetoothデバイスとの接続を解除する
  6. Macからデータを消去して初期化する

Appleユーザーにとっては,Mac売却は数年に一回やってくる一大イベントです.(恐らく新しいMacに買い換えるポジティブなイベント)僕の場合,2020年の新型iPadの発売をキッカケに,自宅にあるガジェットの断捨離をはじめました.

この記事をご覧いただくのは2020年よりだいぶ後かもしれませんが,基本的なMacの初期化方法は,数年経っても大きな変更はありません.

Apple公式サイトは画像が少ないため,このサイトのような画像つきで解説されているサイトを見つつ,Apple公式サイトでも手順を確認しながら初期化を進めると失敗することは無いと思います.

SourceNote