【テレビ】の語源について(『21Lessons』より) / #日々読書備忘録 #本買う馬鹿

Retro studio microphones, outdated TV set, old FM radio, golden award star, flying multicolor LP vinyl record discs front blue background. Nostalgia music and journalism concept. Vintage style photo
Photo: iStock by Getty Images


『サピエンス全史』や『ホモデウス』の著者として有名なユヴァル・ノア・ハラリさんの最新作『21 Lessons(トゥエンティワン・レッスンズ)』を読んでいます.

その中で,テレビの語源について触れられており,短文ながらも勉強になったのでご紹介しておきたいと思います.

【テレビ】の語源について(『21Lessons』より)

テレビの語源は,

  • 「遠い」を意味する「テーレ」※ギリシア語
  • 「見る」を意味する「ウィーシオー」※ラテン語

の2つに由来しています.テレビはもともとは,遠くから見ることを可能にする装置として考案されたため,このような語源になっているそうです.

「テレヴィジョン(テレビ)」という言葉は,「遠い」を意味する「テーレ」というギリシア語と,「見ること」を意味する「ウィーシオー」というラテン語に由来する.テレビはもともと,遠くから見ることを可能にする装置として考案された.

『21 Lessons』80ページより引用

『21 Lessons』の69ページからはじまる「自由 ビックデータがあなたを見守っている」の章はテクノロジーに関する考察の多い章です.AIやビックデータに興味がある人は,楽しく読めて学びも非常に多いと思います.

SourceNote

シェアありがとうございます!!