MacでKindle本を読む方法 〜Mac版のKindleアプリは使いにくいのか!?〜

Book and computer technology in library
Photo: iStock by Getty Images


最近,iPadを持たず,MacBookとiPhoneだけで外出する機会が増えており,出掛けた先でiPadを使いたくなって困ることがあります.

iPadを使いたくなる理由は,主にKindleです.だったら「MacでKindleを読めるようにしておけばいいよね」ということで,久しぶりにMacBookにKindleアプリをインストールしました.

今回は,MacでKindle本を読む方法(Kindleアプリのインストール方法)と,かなり不評である『Mac版のKindleアプリ』の使い勝手について考察していきます.

MacでKindle本を読む方法

MacやMacBookでKindle本を読むには,Kindleアプリを使います.インストールしてない場合は,AppStoreで「Kindle」と入力してアプリをダウンロードしてください.

Amazon公式サイトからもMac版のKindleアプリをダウンロードできますが,AppStoreから入手した方がAppleの審査を通っているので安心です.簡単に違いを調べてみましたが,何が違うのか全く分かりません.アプリの容量も異なるため,何か違いがあると思いますが,特に気にしなくてよいと思います.

App StoreからMac版のKindleをダウンロードしたら,アプリを起動してAmazonアカウントでログインします.これでMacでKindle本を読む準備はほぼ完了です.

ネットワーク環境が安定していれば,10分くらいでKindleライブラリの同期が終わると思います.僕の場合,約500冊のライブラリ同期が10分くらいでした.ライブラリが無事同期できたら,読みたい本をダブルクリックしてKindleアプリで読めるようにします.

ライブラリ同期とKindle本のダウンロードは別なので,注意が必要です.ライブラリの本すべてをダウンロードすると,かなり時間がかかります.まずは,必要な本だけをダウンロードしましょう.

ダウンロードしたKindle本は,ライブラリから表紙をダブルクリックするだけですぐに読み始めることができます.基本的にはiPhoneやiPadのKindleと同期するため,読みかけの本はそこから再び読み始めることができます.



Mac版のKindleアプリは使いにくいのか!?

ここからは,Mac版のKindleアプリの評価があまりにも低かったので,その理由を見ながら具体的にどこが使いにくいのかを考察してみたいと思います.

低評価を付けているレビュアーのコメントをチェックすると,不評のポイントはざっくりと以下の4つに分類することができます.

  1. コレクション機能が使えないので本が分類できない
  2. Kindle本のダウンロードが遅い(時間がかかる)
  3. 動作が重たい,すぐに止まる
  4. UIの設計が悪い(要は使いにくい)

コレクション機能が使えないので本が分類できない

Mac版のKindleでは,iOS版のようにコレクション機能が使えません.コレクションとはKindle本をフォルダごとに整理する機能です.

過去のアップデートでMac版でも使えるようになった,のような記載もあったらしいのですが,どれだけ探してもMac版のKindleにはコレクション機能がないので,多分コレクションは実装されていません.

Kindle本のダウンロードが遅い(時間がかかる)

Kindle本のダウンロードに時間がかかる,ダウンロードが終わるまで本を開けない,漫画を読む時に次々読めないので不便…といった評価も目立ちます.

個人的な感想です.外出先のモバイルWi-Fiを利用して2〜3冊本をダウンロードしましたが,確かに遅いとは感じました.念の為「テキスト中心の本」「カラーで写真の多い技術書系」「固定レイアウト型の本」それぞれ試しましたが,どの本も読み込むのに5分以上かかりました.iOS版のKindleアプリだと1分かからないくらいなので,結構ストレスに感じると思います.

動作が重たい,すぐに止まる

30分程度続けて読書しましたが,「動画が重たい」「すぐに止まる」「アプリが落ちる」といったトラブルには遭遇しませんでした.特に「重たい」といった感想は人それぞれなので,動作に関しては一度Mac版のKindleアプリを体感し,各々で判断しましょう.

UIの設計が悪い(要は使いにくい)

UIの設計については,「画面下のメニューバーが消せなくなった」「見開きが動作しない」といったレビューがありました.

確かに画面下のメニューバーは消せませんが,本の見開きは動作しています.Kindleアプリのバージョンや,MacOSとの互換性の問題やバグが残っているのかもしれません.

【結論】Mac版のKindleアプリは,本を読むだけなら全く問題なし

Kindleアプリを使ってみた結論は,「本を読むだけであれば全く問題なし」です.

確かにコレクション機能のように,iOS版では使えるのにMac版では使えないといった機能はありますが,コレクションをさほど活用できてない僕にとっては大きな不満には繋がりませんでした.ハイライトやメモも少々使ってみましたが,こちらも問題なく同期出来ています.

iPadを持ち歩かないときは,Mac版のKindleアプリをこれからも使っていこうと考えているので,引き続きバグや問題点などの検証を続けてみようと思います.評価を気にしてKindleアプリを使っていなかった人は,試しに一度利用してみることをおすすめします.

SourceNote

  • MacOS Catalina:バージョン10.15.2
  • Kindleアプリ(AppStoreからダウンロード):バージョン 1.26.1
  • モバイルWiMAXを使ったインターネット環境を使用