SWOT分析とは #グロービス学び放題 #マインドマップ

SWOT
Photo: iStock by Getty Images


SWOT分析とは,企業を取り巻くビジネス環境を分析するためのフレームワークの一つです.

名前のとおり,S(強み)W(弱み)O(機会)T(脅威)の4つの視点から,事業の成功要因や事業機会を導き出し,自社のビジネス環境を整理するのに使います.

僕は最近,ブログマーケティングにも活かせるので『グロービス学び放題』を利用して,ビジネスに使える知識を勉強しています.この記事では,『グロービス学び放題』を使って学んだ「SWOT分析」について紹介します.

「SWOT分析ってなんだろう??」「グロービス学び放題を使ってみたいけど,口コミを知りたい」という人の参考になればと思います.

【SWOT分析】#グロービス学び放題 #マインドマップ

Photo: iStock by Getty Images
Photo: iStock by Getty Images

SWOT分析とは,ビジネス環境を分析するためのフレームワークの一つで,S(強み)W(弱み)O(機会)T(脅威)の4つの視点から,自社のビジネス環境を整理します.

SWOTの頭文字の意味は,それぞれ以下のとおりです.

  • 強み(Strengths)
  • 弱み(Weaknesses)
  • 機会(Opportunity)
  • 脅威(Threats)

また,「強み(Strengths)」「弱み(Weaknesses)」は内部要因,「機会(Opportunity)」「脅威(Threats)」は外部要因に分類します.企業を取り巻く状況や自社の環境をこれら4つの視点から整理し,事業の成功や課題の解決につなげるのがSWOT分析を行う主な目的です.

会社で働いていたりすると,結構頻繁にでてくるワードだと思うので最低限ざっくりした内容だけでも理解しておいほうがよいと思います.

「機会と脅威」「強みと弱み」の着眼点

『グロービス学び放題』では,SWOT分析を進めていくうえで「機会と脅威」「強みと弱み」の着眼点について,以下のように解説しています.

SWOT分析で,「S(強み)」「W(弱み)」「O(機会)」「T(脅威)」をピックアップする時に役立つので,ぜひ覚えておきましょう.

「機会と脅威」を分析するときのコツや着眼点
  • PEST分析で自社のビジネスに与えるものを取り出す
  • 市場顧客や競合分析も行う
  • 業界分析に,5つの力分析(ファイブフォース)なども使うとよい

「機会と脅威」は,外部要因を分析するときに使います.様々な分析手法やフレームワークを駆使して,外部環境をピックアップしましょう.

「強みと弱み」を分析するときのコツや着眼点
  • ヒト・モノ・カネやバリューチェーンを意識する
  • 競合他社と比較すると良い
  • 「開発力」「業界シェア」「ブランド力」「海外ネットワーク」「事業ポートフォリオ」などの視点

「強みと弱み」は,内部要因を分析するときに使います.「強みを生かして弱みを克服するにはどうするべきか??」という側面から考えることも効果的とされています.

今回は,グロービス学び放題の『SWOT分析』の講義内容をマインドマップにまとめ,そこで学んだことを紹介しました.講義の後半では日本たばこ産業株式会社の事例も,詳しく紹介されています.

『グロービス学び放題』には,ビジネスや経営に役立つ講義が沢山用意されています.気になる人は無料お試し期間もあるので,一度利用してみることをおすすめします.

まずは10日間無料トライアル!

SourceNote


シェアありがとうございます!!