【Nikon Z50】一緒に買った周辺機器『ホットシューカバー』 / #日々短文雑筆

nikon-z-50-accessory-peripheral-equipmen-hot-shoe-cover-2
カラーはメタルブラックです.(他にシルバー系の色があります)


Nikonのミラーレスカメラ『Z50』には,ホットシューカバー(ホットシュー・シューカバー)は付属していません.はじめてカメラを買う人や,長く愛用したい人は,別売りのホットシューカバーを購入しておきましょう.

Photo:SMATU.netにて撮影
Nikon『Z50』のボディには,ホットシューカバーが付属していません.
Photo:SMATU.netにて撮影
Nikon『Z50』のボディには,ホットシューカバーが付属していません.

ホットシューカバー(ホットシュー・シューカバー)とは?!

ホットシューカバーとは,その名の通りホットシューに付けるカバーのこと.ホットシューとは,一眼レフカメラやミラーレスカメラの上部に付いている,フラッシュを取り付ける部分を指します.

フラッシュを頻繁に利用する場合カバーは必要ありませんが,僕のようにカメラ初心者や撮影時にフラッシュをあまり使わない人は,ホットシューカバーを付けておいたほうがよさそうです.(保護の観点からも)

『Nikon Z50』一緒に揃えておきたい周辺機器 【ホットシューカバー】

ちなみに,Z50にはホットシューカバーは付属していません.

ということで,Nikonのミラーレスカメラ『Z50』と一緒に揃えておきたい周辺機器のひとつが,ホットシューカバーです.

ホットシューカバーにはシンプルなもの以外にも,様々なデザインが発売されています.結構カメラを装飾するポイントにもなるので,毎日楽しくカメラを使うためにも気に入ったシューカバーを付けてみるとよいでしょう.

僕の場合,以前購入したD5200のホットシューカバーを数日付けて使っていましたが,シンプルすぎてイマイチ気に入りませんでした.そこでAmazonで,Nikonロゴの入ったメタル系のシューカバーを購入しました.

価格は2,000円ちょっと.D5200に付属してたシューカバーはプラスチック製でしたが,購入したものは金属でかなり高級感があります.

色展開は,シルバー系とブラック系(実物はガンメタのような色)の2色です.横にラインが入っているタイプと,丸が列んでいるタイプがあります.(Amazonのレビューでは丸が人気のようでした)

カメラの雰囲気を,カッコよく仕上げたい人には特におすすめです.

 nikon-z-50-accessory-peripheral-equipmen-hot-shoe-cover-1
AmazonでNikon製のホットシューカバーを購入.価格は2,000円ちょっとでした.
nikon-z-50-accessory-peripheral-equipmen-hot-shoe-cover-2
カラーはメタルブラックです.(他にシルバー系の色があります)
nikon-z-50-accessory-peripheral-equipmen-hot-shoe-cover-3
画像のように,ホットシューカバーを装着します.
nikon-z-50-accessory-peripheral-equipmen-hot-shoe-cover-4
専用のケースにしっかりと梱包されています.
nikon-z-50-accessory-peripheral-equipmen-hot-shoe-cover-5
ケースから取り出した状態.表面部分はフィルムで保護されています.
nikon-z-50-accessory-peripheral-equipmen-hot-shoe-cover-6
早速Nikon『Z50』に装着.ホディの雰囲気にピッタリのシューカバーです.
nikon-z-50-accessory-peripheral-equipmen-hot-shoe-cover-7
アップするとこのような感じです.他にも丸が列んだデザインがあり,そちらも人気のようです.

SourceNote


シェアありがとうございます!!