MacBookは美しいUSキーボードが正義!!「英字↔かな」の切り替えは、設定を変更して「command+スペース」で。

Apple Macbook Air 2018 in review


MacBook Air2018を購入してから、そろそろ10ヶ月を迎えようとしています。

僕のMac歴は10年くらいですが、およそ9年くらいはずっとJISキーボードを使ってきました。

しかし、USキーボードの洗練された見た目に憧れ続け、現在愛用しているMacBook Air購入の際に思い切ってUSキーボードを選択。

結果、とても満足度の高いMacBookライフを過ごすことができています。

この10ヶ月間、毎日何時間もキーボードを叩いてきましたが、USキーボードを選んで本当に良かったと感じています。

購入前はさんざん「USキーボードの配列に慣れるかぁ…」と不安でしたが、USキーボードに変更してから1ヶ月もすれば、元のスピードで文字を生産することができるようになりました。(そろそろ40代になろうとする年齢ですが…僕の適応力も、まだまだ捨てたものではありません)

MacでUSキーボードに憧れている人は、ぜひUSキーボードのMacを買いましょう。やらない後悔より、やった後悔。人生は一度なので楽しみましょう♪

と、書き始めからすでに本題から話が逸れてしまったので、本題に入ります。

JIS→USキーボードに変えてから、一番慣れるのに苦労するのが「英字↔かな」の切り替えです。

MacのUSキーボードについて書かれている記事は、ほぼこのことに触れていますし、配列の変更を躊躇してしまう理由も半分くらいは、この「英字↔かなの切り替えが不安(または不便になる)」ということではないでしょうか?!

僕自身も、「英字↔かな」の切り替えに慣れるには苦労しました。

MacBook2018には『macOS Mojave』が搭載されており、デフォルトの入力ソースの変換は「control+スペース」で行います。

しかし僕の場合「control+スペース」での変換には半年経っても慣れなかったので、設定を変更して「command+スペース」で「英字↔かな」の切り替えができるようにしました

この設定に変えてからは「英字↔かな」の切り替えスムーズになり、快適にキーボードを操ることができています。

ということでこの記事では、Macの入力ソース切り替えは「command+スペース」でやったほうがいいといことについて紹介していきます。



「英字↔かな」の切り替えを「command+スペース」で行う

JaysonPhotography
JaysonPhotography

僕は、Macのキーボードの歴史については、ほぼ素人です。

そのため、以前のMacBookでは「英字↔かな」の切り替えを「command+スペース」で行うのがデフォルトであったことは最近知りました。

僕が購入したMacBook Air2018では、「control+スペース」で入力ソースの切り替えを行うのがデフォルトでしたが、以前のMacでは「英字↔かな」を「command+スペース」で切り替えていたんですね。(前述のとおり、MacBook Air2018に搭載されているmacOS Mojaveではすでにこの仕様でした)

この事実を知ってすぐに、「英字↔かな」の入力ソースの変更を「command+スペース」でできるように設定変更しました。

結果は大正解。

controlキーとスペースキーには微妙な距離間があり、「control+スペース」で入力ソースの切り替えをするとき、結構な頻度でミスタッチします。特にcontrolキーは小指で押すため、頻繁に使う作業には少々不向きです。

逆に、commandキーとスペースキーは隣に配置されており、ポジションの都合上親指を使って打ちます。そのため、ミスタッチすることもありません。

日本語入力で文章を書く場合の多くは、英字とかなを頻繁に切り替えるため、こちらの配置のほうが理にかなっています。過去のMacOSの考え方は、正しかったと思います。

現在のMacOSでは、「command+スペース」のデフォルトとしてSpotlight検索が割り当てられていますが、英字↔かなの切り替えの頻度に比べれば全くと言っていいほどSpotlight検索は使いません。

ということで、「command+スペース」には確実に「英字↔かな」の切り替えを設定しておいたほうが良いのです。

「英字↔かな」の切り替えを「command+スペース」に割り当てる方法

「英字↔かな」の切り替えを「command+スペース」で行うには、キーボードショートカットの割り当てを変更します。(変更は、Macのシステム環境設定から)

  1. システム環境設定を起動
  2. 「キーボード」をクリック
  3. 「ショートカット」のタブをクリック
  4. 左のメニューから「入力ソース」をクリック
  5. 「前の入力ソースを選択」のキー割り当ての部分をクリック
  6. 選択状態になるので、「command+スペース」キーを押す

以上の操作でキーボードショートの割り当てが変更され、「command+スペース」を押すと「英字↔かな」が変更されるようになります。

ついでに設定変更しておくこと

基本的には前項で設定した割り当てを変えておくだけで良いのですが、ついでに「入力メニューの次のソースを選択」「finderの検索ウィンドウを表示」の設定も変更しておくことをおすすめします。

先程と同じ要領で、

  • 「入力メニューの次のソースを選択」に「option+command+スペース」を
  • 「finderの検索ウィンドウを表示」に「control+option+スペース」を

それぞれに割り振っておきましょう。



フリーソフトの『Karabiner』をインストールしない理由

NiroDesign
NiroDesign

MacのUSキーボードについて検索すると、『Karabiner』というフリーソフトにたどり着くと思います。

『Karabiner』は、USキーボードのMacであってもスペースキーの両側にあるcommandキーに「英字切り替え」「かな切り替え」を割り振ることができる非常に便利なソフトです。

しかし僕は、基本的にMacに不要なソフトを極力インストールしたくない派なので、標準であるシステム環境設定で入力ソース切り替えを行えるようにしています。

↑のようなこだわりが無い人は、『Karabiner』で検索すると情報がたくさん出てくるので『Karabiner』をインストールして試してみるとよいでしょう。

基本的に入力ソースを「英字」「かな」しか使っていない(利用している入力ソースが2〜3個くらい)人は、今回ご紹介した設定変更のほうが手軽にできておすすめです。

SourceNote


Apple Macbook Air 2018 in review