iPhoneで撮影した写真の位置情報を確認する(位置情報のオン/オフを切り替える方法)

Woman navigating with mobile phone map application. Tourist with walking route on smartphone screen.


iPhoneやiPadで撮影した写真には、自動で位置情報が付与されます。

もちろんこの設定は変更することが可能で、位置情報のオン⇔オフは簡単に切り替えることができます。

この記事では、iPhoneやiPadで撮影した写真の位置情報を確認する方法や、位置情報の設定を変更する方法を紹介していきたいと思います。

これまでなんとなく写真の位置情報を管理していた人は、この機会に設定を見直しておくとよいでしょう。

iPhoneやiPadで撮影した写真の位置情報を確認する

iPhoneやiPadで撮影した写真には、自動でで位置情報が付与されるように設定されています。

まずは、撮影した写真の位置情報を確認する方法を理解しておきましょう。

位置情報をオンにして撮影した写真は、以下の手順で付与された位置情報を確認することができます。

  1. 写真アプリを起動する
  2. 位置情報を確認したい画像をタップする
  3. 画面を下にスワイプする
  4. 「撮影地」をタップする

上記の操作をするとマップが表示され、写真を撮影した場所を確認することができます。

マップをピンチインすると地図が拡大されるので、より詳しい撮影地を表示することができます。

個人的な感想ですが、撮影地の誤差はかなり少なく、ほぼ数メートルの範囲内といった印象です。



iPhoneやiPadで位置情報の設定を変更する

iPhoneやiPadで撮影した写真に位置情報を付与したくない場合、プライバシー設定から位置情報をオフにしておきましょう。

  1. 設定アプリを起動する
  2. 「プライバシー」の項目をタップする
  3. 「位置情報サービス」をタップする
  4. 「カメラ」の項目をタップする
  5. 「許可しない」をタップしてチェックを入れる

以上の操作で、撮影した写真には位置情報が追加されなくなります。

「位置情報サービス」からは、他のアプリの位置情報設定を変更することもできます

カメラ以外にも、位置情報を付与したくないアプリがある場合は、まとめて設定をオフにしておくことをおすすめします。

スマホで写真を撮る人は知っておきたい『Exif(イグジフ)情報』とは?!

iPhoneが登場してから10年以上が経ち、スマホで簡単に写真が撮れるのはもはや常識。

とても便利な世の中になりました。

しかし、便利になった分デジタル写真に危険な側面も…、それが『Exif情報』です。

スマホで写真を沢山撮る人は、最後に『Exif(イグジフ、またはエグジフ)情報』というキーワードを覚えておきましょう

Exif情報とは?!

デジタル写真には、

  • 撮影日時
  • 撮影したカメラ(機種)
  • 絞りやISO感度
  • カメラ設定
  • 撮影場所

など、様々な情報を含んだメタデータと呼ばれるものが付与されます。

これをExif情報と呼びます。

Exifは、『Exchangeable image file format』の頭文字で、「イグジフ」または「エグジフ」と読みます。

Exifとは、デジタルカメラで撮影した画像データに、撮影条件に関する情報(メタデータ)を追加して保存できる、画像ファイル形式の規格のことである。

Weblio辞書:Exif

Exif情報を含んだ画像は、個人や家族間での共有であれば特に問題ありませんが、インターネットにアップロードする場合は注意が必要です。

Exif情報が付与された写真を誤ってインターネットにアップすると、そこから撮影日時や撮影場所など、公開したくない情報を第三者に開示することになります。

これにより、その日に撮影者がいた場所や、自宅の大まかな住所などが全く知らない人にバレてしまうこともあります。

インターネットにアップする写真は、原則Exif情報を付与しないようにしておきましょう。

SourceNote


Woman navigating with mobile phone map application. Tourist with walking route on smartphone screen.