【AirPodsトラブル対応】エアーポッズをリセットしてiPhoneと再接続する方法

iphone7-airpods
Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Share on TumblrShare on LinkedIn

この記事は、AirPodsをリセットして再接続する方法を紹介しています。
・AirPodsの充電の減りが早い
・接続が安定しない
など、不具合が発生した場合は一度試してみることをおすすめします。

人気のAirPodsにもトラブル発生中!?

overworked businessman busy working in stress asking for help

筆者はいまだ経験していないのですが、AppleのWirelessイヤフォンAirPods(エアーポッズ)には以下のようなトラブルが確認されています。
・充電ケースのバッテリーが異常にはやく減る
・Bluetooth接続が出来ない(または途切れやすい)

iPhoneなどの分解を専門に行うiFixtによると、AirPodsの充電ケース内部に基盤のはんだ付けに空白があり、品質面で妥協したのではないか?とも指摘されています。

参照サイト:iPhoneManiaMacRumorsiFixit

非常におすすめの製品であることに変わりはないのですが、そんなトラブルに遭遇したときのために覚えておきたいのがAirPodsのリセット方法です。

AirPodsをすでに愛用中の方も、購入を検討中の方もこれを覚えておけばひと安心です。



AirPodsのリセットは充電ケースを使っておこなう

AirPodsをリセットする場合は、充電ケースを使います。
接続済のiPhoneとAirPods(本体+充電ケース)を用意しましょう。

手順1:AirPodsが充電されているか確認する
手順2:AirPodsを充電ケースに収納し、ケース裏面のボタンを15秒ほど長押しする
手順3:iPhoneとAirPodsを再接続する

これでリセット作業は完了です。
以下画像つきで詳細を解説しておきます。

手順1:AirPodsが充電されているか確認する

AirPodsが充電されていないとリセット作業を行なうことができません。
100%の必要はありませんが、ある程度バッテリーが充電できた状態でリセット作業を行いましょう。

本体と充電ケースのバッテリー残量は、AirPodsを収納した状態でケースの蓋を開くと、ペアリングしているiPhoneが認識しバッテリー残量を表示してくれます。

手順2:AirPodsケース裏面のボタンを15秒ほど長押しする

AirPodsのリセットは、ここでの操作がポイントです!!

充電ケースの蓋を開けます。
ステータスランプがオレンジか緑(充電状態で異なります)に点灯してしばらく経つと消えます。
ランプが消えたら、15秒くらい後ろにあるセットアップボタンを長押しします。

※ランプが「オレンジで数回点滅→その後白く点滅」するまで長押しします。
白く点滅したのを確認した後、ボタンから指を離してください。

蓋を閉じます。
これでAirPodsとiPhoneのペアリングが解除され、一度リセットされた状態になります。

手順3:iPhoneとAirPodsを再接続する

AirPodsをリセットしたら、再度iPhoneと接続してください。
AirPodsのケースを開けると、自動でiPhoneが認識しますので、画面に表示される「接続」をタップします。

無事に接続(同期)できたら、すべての手順は完了です。



まとめ:改善しなければAppleのサポートに連絡を

ネットの記事などで調査しただけですが、この作業でAirPodsの充電の減りが早いというトラブルが解決するケースもあるようです。
AirPodsに問題があるようであれば、一度リセットを試してみる価値はあると思います。

しかし、AirPodsをリセットとしても不具合が続くようであれば、公式のサポートに連絡して端末を交換するなど対応してもらうほうが良いでしょう。
Appleのサポートへはこちらから連絡することが出来ます。

参照:Apple公式サイト


LINEで送る
Pocket

コメントを残す