「AirPodsのダブルタップが上手く出来ない!」そんな時の対処方法を教えます

iphone7-airpods

2016年12月に発売されてから、何ヶ月も品薄状態が続いているAirPods。

  • 「ちょっと高いけどお欲しいなぁ」と購入を検討中の人
  • 「配達まであと1ヶ月…まだかな」と配達を心待ちにする人

AirPodsのことが頭から離れない人も多いと思います。

この記事ではAirPods(エアーポッズ)の特徴のひとつである、「ダブルタップで操作」ができない時の対処方法についてご紹介しています。
AirPodsをダブルタップしても、上手く動作しない場合は一度試してみるとよいでしょう。

AirPodsはダブルタップで操作できる

ケースを除けば、本体にはひとつもボタンが存在しないAirPods。
実は本体(左右どちらでも)をダブルタップすることで、特定の操作を行うことができます。

ダブルタップで出来ることは以下の2つです。

  • Siriの起動
  • 音楽の再生/停止

購入したばかりのAirPodsは「ダブルタップ=Siriの起動」が設定されています。
設定の変更はiPhoneから簡単に行うことが出来ますので、変更したい場合は過去記事をご参照ください。
リンク:AirPodsをダブルタップして曲を再生・停止する方法-SMATU.net

このようにダブルタップで操作できるAirPodsですが、最初はこの「ダブルタップで操作」がなかなか上手くいきません…
(ちょっとコツが必要です)

これからAirPodsをダブルタップで操作する、3つのポイントと設定の確認の方法をご紹介していきます。
コツさえ掴めば操作がとても快適になります♪



ダブルタップで操作するコツ

AirPods(エアーポッズ)は、Apple純正のワイヤレスイヤフォンです。
本体にボタンはひとつもありませんが、特定の場所をダブルタップすることでSiriを起動したり音楽の再生/停止の操作をすることができます。
※ダブルタップ=トントンと2回連続で叩く

操作のコツ(1)ダブルタップする場所を覚える

AirPodsをダブルタップで操作する場合、本体下のマイク側ではなく耳に装着するイヤフォン本体側をタップします。
タップする場所が正確でないと、動作しないので反応する場所は必ず把握しておきましょう。

ちなみにiPhoneなどのApple製品を分解レビューしている「iFixit」のサイトで、本体内部の様子とセンサーの場所をしっかりと確認することができます。

決して分解してはいけませんが…内部の構造に興味がある人は一度サイトで動画を観てみるとよいでしょう。
iFixtでも、分解しての修理は不可能とされているようです。

操作のコツ(2)ダブルタップの間隔を身につける

タップして操作する場所が分かったら、実際にタップして操作しましょう。
ここが結構重要なのですが、iPhoneのように素早くダブルタップしてもAirPodsはなかなか反応してくれません。

iPhoneのダブルタップよりは、気持ちゆっくり目にタップするように心がけましょう。
「1秒でダブルタップするくらいの速度」がオススメです。

とっておきの裏技:トリプルタップが実はうまくいく

「ゆっくりダブルタップしても反応してくれない…」

安心してください、とっておきの方法をご紹介します。
ダブルタップで上手く反応しない人は、トリプルタップして操作してみましょう。

筆者はAirPodsの使い心地にはかなり満足していますが、ダブルタップの反応の精度が低いことは不満に感じていました。
この方法を発見して以来、ダブルタップしても操作ができずイライラすることが無くなりました。

きっとイヤフォンをタップするという動作に慣れていないので、1回目のタップが無意識で弱くなってしまったりしているのだと思います。



ダブルタップで動作しない時の対処方法

  • 正しい場所をダブルタップする
  • 適切なタイミングでタップする
  • トリプルタップする

以上の3つが、AirPodsのダブルタップ操作をするときのポイントです。
この方法でも、AirPodsが思い通りに動かない場合は一度設定内容を確認してみましょう。

操作がうまくいかない場合の対処方法(1)iPhoneから設定を確認する

AirPodsの詳しい設定は、リンクしているiPhoneから確認することができます。

設定アプリを起動
 ↓
Bluetooth(ブルートゥース)
 ↓
◯◯のAirPodsの右にある「i」アイコンをタップ
 ↓
ダブルタップの設定を確認

↑の手順で確認を行います。
ダブルタップの設定がオフになっていると、AirPodsをダブルタップしても何も反応しません。

「Siri」または「Play/Pause(再生/停止)」のどちらかに設定しておきましょう。
(ブルーのチェックマークが入っているところが現在の設定)

操作がうまくいかない場合の対処方法(2)端末をリセットする

AirPodsの設定を変更しても症状が改善しない場合は、一度AirPodsをリンクを解除しiPhoneと再接続してみましょう。

AirPodsは、本体のケースを使って接続解除→再接続を行います。
AirPodsの再接続方法は、以下の記事で詳しく紹介していますのでそちらを参照ください。

リンク:【AirPodsトラブル対応】エアーポッズをリセットしてiPhoneと再接続する方法-SMATU.net

操作がうまくいかない場合の対処方法(3)それでもだめなら一度Appleサポートへ

  • 設定の確認
  • 端末のリセット

どちらを行っても症状が改善しない場合は、残念ながら端末に不具合が発生している可能性が高いです。
一度、Appleの専門スタッフに相談し修理などを依頼したほうがよいでしょう。

Appleの公式サイトからサポートを受けることが出来るので、直接問い合わせてみましょう。
問い合わせを行う場合は、
「AirPodsのシリアルナンバー」「ご自身のApple ID」を控えておくと、スムーズに対応を受けることができます。

事前に情報をメモしておくとよいでしょう。
リンク:Appleサポートへのお問い合わせ

SourceNote


iphone7-airpods

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です