12月1日は世界エイズデー、 Appleの参加する『(PRODUCT)RED™』とは!?

world-aids-day-product-red


12月1日。
本日アップルが、世界エイズデーに合わせてiPhone6s/6s Plus専用レザーケースの発売を開始しました。

また公式サイトでは、『(PRODUCT)RED™』のページも公開されています。

今回は、アップルの(PRODUCT)REDの取り組みを通じて世界エイズデーについて少し触れてみたいと思います。

23330081661_ffefdcb36f_z

12月1日は世界エイズデー

12月1日が「World AIDS Day(世界エイズデー)」です。

World AIDS Day(世界エイズデー)は、WHO(世界保健機関)が1988年に制定しました。

世界各国で

エイズのまん延防止
エイズ患者感染者に対する差別や偏見の解消

を目的に、様々な啓蒙活動が行われす。

レッドリボンについて

シンボルマークにはレッドリボンが使われます。

レッドリボンは、もともとは古くからあるヨーロッパの習慣のひとつですが1980年後半頃から世界エイズデーのシンボルとしても使用されるようになりました。
(アメリカでエイズが社会的な問題となりはじめた時期です)

このシンボルは感染者や患者の方への連帯を意味し、啓蒙活動を行う人が身につけたりウェブサイトで利用されたりします。

参照引用元:ウィキペディアより

15732113807_a950f2a871_z


(PRODUCT)RED™によるアップルの取り組み

(PRODUCT)RED™は、“エイズ感染者のいない世代を30年以内に誕生”させるための支援プロジェクトです。

AppleのRED™製品やアプリケーションの収益は、「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」へ寄付されます。
(これまでに3億2000万ドル以上、Appleだけでも1億ドル以上の資金が支援されてます。※Apple公式サイトより引用

わたし達Appleユーザーが、RED™製品やアプリケーションを購入した金額の一部(利益の全額)は「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」によりエイズによって最も深刻な影響を受ける人達への教育や治療のために使われています。

RED™製品やアプリケーションを通じて、エイズに苦しむ数百万人の人々を良い方向へ替えるための支援に参加できるのです。

アップルの(PRODUCT)RED™特設ページはこちらです。



(RED)について

(RED)は、(PRODUCT)REDという共通ブランドで販売する商品や、エイズ対策プログラムを支援する仕組みのことを指します。

2006年にスイスにあるダボスで開催された世界フォーラムで、ロックバンド“U2”のボノ氏国際NGO“DATA”のボビー・シュライバー氏が発起人となりスタートしました。

パートナーとして、

・Apple(アップル)
・Starbucks(スターバックス)
・Coca-Cola((コカ・コーラ)
・NIKE(ナイキ)
・ARMANI(アルマーニ)
・American Express(アメックス)

をはじめとする様々な業種の企業がプロジェクトに参加しています。

(RED)の公式サイトはこちら

RED-ORG


world-aids-day-product-red

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です