[その時その瞬間]にしか生み出せないもの #アルテリを読みながら

Photo : SMATU.net

「父のお見舞いに」と届けくれた
アルテリという本が手元にある

父が亡くなって病院で身の回りのものをまとめたとき
届けてくれた本人に返却し忘れ
そのもまま持ち帰ってしまった本(あしからず)

ふと中身をパラパラめくりながら
犬を送る
という見出しが目にとまり最後の数行を読んだ

生前父が
「その人がその時にしか書けない文章がある」
というようなことを話していた時の情景が

瞬時に自分の中を駆け巡っていった
(視覚、聴覚、触覚のイメージが蘇った)

人間が生きていくなかで

その時その瞬間の感覚感性に任せ
書いたり撮ったりする
それはとてもとても大切なことなのかもしれない

そんなふうに考えていた夏の日.

〈了〉

#アルテリ という本を読みながら考えたこと.

シェアありがとうございます!