「Social Loafing(ソーシャル ローフィング)」とは,社会的な手抜きのこと.

Bored White Collar Worker Throwing Paper Airplane In Office
Photo : iStock by Getty Images

社会的な手抜きのことを「Social Loafing(ソーシャル ローフィング)」と呼びます.単語の意味はそれぞれ↓のとおり.意訳すれば「社会的にだらだら仕事をする」というニュアンスで理解しておけばよいでしょう.

  • Social(ソーシャル): 社会に関する,社会的な
  • loafing(ローフィング): だらだら仕事をする,ぶらつく
「Social(ソーシャル)」は,社会的なという意味.
「loaf」は,だらだら仕事をするという意味.

「ソーシャル ローフィング」とは,社会的な手抜きのこと

Photo : iStock by Getty Images

「Social Loafing」は「社会的な手抜き」「社会的怠惰」などと訳されることが多い.ソーシャル ローフィングは,以下のような状況のことを指します.

個人で評価される仕事では,それなりの努力はする.しかし,グループ全体の成果が評価される仕事では自分は楽をしようとしたり,手を抜いて働く

個人でやる仕事に比べると,グループに属した仕事では仕事量が減る.また,仕事をしていても間違っていたり,成果が出なかったり,質が低かったりする.このようにグールプの作業で怠けよう,手を抜こうとする行為が「Social Loafing (ソーシャル ローフィング)」.

ソーシャル ローフィングが顕在化すると,生産性が下がるだけでなく,人間関係にも歪みが生まれチームがギクシャクしていく.

社会心理学では、ソーシャルローフィングとは、集団で仕事をしているときに、一人で仕事をしているときよりも、目標を達成するための努力が少ないという現象である。個人で仕事をしているメンバーの総合的なパフォーマンスよりも、集団の生産性が低いことがある主な理由の一つと考えられている。

Wikipedia: Social Loafing(Deep L を利用して翻訳して引用)

社会的なローフィングに関する研究は、(フランスの農業工学の教授であった)マックス・リンゲルマンによる縄引き実験から始まっており、彼はグループのメンバーが単独の個人よりも縄を引く際の努力が少ない傾向があることを発見した。最近の研究では、オンラインや分散型グループのような現代のテクノロジーを用いた研究でも、社交的なローフティングの明確な証拠が示されています。ソーシャルローフィングの原因の多くは、個々のメンバーが自分の個人的な努力がグループにとって重要ではないと感じていることに起因しています。

Wikipedia: Social Loafing(Deep L を利用して翻訳して引用)

SourceNotes

Advertisements

シェアありがとうございます!