【iPhone】「Googleレンズ」の使い方 〜Googleフォト簡単画像検索〜

Social media app icons on Iphone X screen
Photo: iStock by Getty Images


「Googleレンズ」とは,Googleフォトなどのアプリから利用できる画像検索の機能のいことです.iPhoneでは,「Googleフォト」と「Googleアプリ」から利用することが可能です.(Android端末のように「カメラアプリ」や「Googleアシスタント」からは利用できません)

「Googleレンズ」を使うと、写真やその周辺情報から画像検索を行い,様々な詳細情報の表示を表示することができます.「商品名が分からない」「植物や動物の名前が分からない」と困った時は,Googleレンズで画像検索してみましょう.

【iPhone】「Googleレンズ」の使い方

young woman pointing at the search bar.
Photo: iStock by Getty Images

iPhoneや,その他のiOSデバイスでも「Googleレンズ」を利用することができます.iPhoneやiOSデバイスで「Googleレンズ」を使う場合は,

  • Googleフォト
  • Googleアプリ

のどちらかを利用します.

すでに撮影している画像(デバイス内にある画像)をGoogleレンズで調べたい時は「Googleフォト」,今目の前にあるモノをGoogleレンズで調べたい時は「Googleアプリ」,のように使い分けると便利です.

iOSとAndroid端末の違い・留意点

GoogleレンズはAndroid端末であれば,「Googleアシスタント」やデバイスの標準アプリである「カメラ」から直接利用することができます.

しかし,iOSデバイスの場合は,前述したとおり「Googleフォト」と「Googleアプリ」の2つからしか利用することができません.

この違いを理解しておかないと,「あれ,なんでカメラからGoogleレンズが起動できないのだろう??」「Googleレンズのバグでは??」といったことになります.注意が必要です.

Googleフォトから「Googleレンズ」を利用する

Googleフォトから「Googleレンズ」を利用する
  1. Googleフォトのアプリを起動します
  2. Googleレンズで検索したい画像をタップします
  3. 画面した(右から2番目)のレンズアイコンをタップします
  4. Googleレンズの検索が自動で開始します

以上の操作でGoogleレンズの検索が始まり,検索結果や関連コンテンツが表示されます.

Googleアプリから「Googleレンズを」利用する

Googleアプリから「Googleレンズを」利用する
  1. Googleアプリを起動します
  2. 検索窓の右側にある「レンズアイコン」をタップします
  3. 検索したい対象物をカメラで撮影します
  4. 丸いアイコンが表示されるので,そこをタップします

GoogleアプリからGoogleレンズを利用する場合は,以上の操作で検索を行うことができます.

Googleレンズでできること

Googleレンズを使ってできること
  • 植物や動物の種類や名前を検索
  • 本の表紙から情報を検索
  • 画像から文字をテキスト化する
  • バーコードをスキャンする
  • 建物やランドマークから場所や住所を検索

植物や動物の種類や名前を検索

「Googleレンズ」の使い方の項目で紹介した方法を使えば,画像から植物や動物の名前を検索することができます.

花の名前,ワンちゃん・猫ちゃんの種類など,画像から様々な情報を調べることが可能です.魚の種類なども比較的精度が高いようです.ちなみに,最近カメラにハマっているのでレンズを画像検索してみましたが,こちらの検索精度はイマイチでした.(残念…)

本の表紙から情報を検索

本を検索するときも「Googleレンズ」は便利です.表紙を検索すればかなりの精度で書籍の情報がヒットするので,簡単にAmazonのリンクに飛んで購入したりすることができます.

アプリもサクサク動くので,しばらくはAmazonアプリの画像検索ではなくGoogleレンズから書籍の検索をしてみようと思います.

画像から文字をテキスト化する

「撮った写真に写った文字を,テキストにできれば便利なのに」と感じるシーンは,結構多いのではないでしょうか?!

個人的におすすめなのが,Googleレンズを使ったテキスト認識.ウェブページのスクリーンショットや,本のページの画像などから,簡単にテキストを起こすことができます.

もちろんテキストは,簡単にコピペで他のアプリに記録しておくことができるので,メモアプリやノートアプリと組み合わせて使うと,利用の幅がかなり拡がります.

文字をそのまま翻訳する

Googleレンズで認識した文字は,そのまま翻訳することもできます.翻訳したいテキストを選択すると,「コピー」「検索」「翻訳」と選択肢が表示されるので,ここで「翻訳」をタップします.

するとウェブ版のGoogle翻訳が起動して,そのまま選んだ言語に翻訳してくれます.Google翻訳のアプリとも使い方は似ているので,普段Googleで翻訳をしている人は,簡単に使いこなせると思います.

バーコードをスキャンする

「Googleレンズ」では,バーコードのスキャンも可能です.書籍検索と同じように,バーコードから簡単に製品ページにアクセスすることができるので,目の前にあるバーコードを読み取ってネットショッピングするときにも最適です.

建物やランドマークから場所や住所を検索

有名な建造物やランドマークから,場所や住所を検索することもできます.建物の情報や営業時間なども,簡単に調べることができます.

お店のレシートから店舗情報を調べたり電話を掛ける

建物やランドマークから検索する方法と似ているのですが,お店のレシートから店舗情報を調べたり,お店に直接電話を掛けたりすることもできます.

例えばスタバのレシート(電話番号が表示されている部分)をGoogleレンズで調べると,画面下に「検索」「共有」「通話」「マップ」と選択肢が表示されます.

  • 検索をタップ…お店の詳細を検索
  • 共有…友達などに情報を共有
  • 通話…お店に電話を掛ける
  • マップ…Google Mapsで場所を検索

↑のように,レシートからでも様々なアクションをとることが可能です.覚えておくと結構便利です.

SourceNote