iOS 14,AirPodsの自動切り替えができない時の対処方法 #自動切り替えは一部のBeatsヘッドフォンでも使える(ようになる)

Woman testing latest Apple Computers AirPods Pro headphones
Photo : iStock by Getty Images


iOS 14 にiPhoneをアップデートすると,AirPodsの自動切り替えが使えるようになります.

これまでもAppleデバイス間では,比較的簡単にAirPodsの接続切り替えができていました.しかし,今回のアップデートによって本当に切り替えが便利になりました.まだ使ってない人には,ぜひ試していただきたい.

iPhoneとiPadを持っていて,イヤフォンはAirPods.←という人は,絶対に知っておいたほうがよい機能(この機能だけでも,AirPodsを購入する価値があるので). AirPodsの自動切り替えを使える条件を理解して,より快適なアップルライフを過ごしましょう.

この記事で分かること
  • AirPodsの自動切り替えの方法
  • AirPodsの自動切り替えができない時の確認事項
  • Beatsも一部のモデルで自動切り替えが可能(になる)(←意外と知られていないがお得な情報)

AirPodsの自動切り替えを使うための環境・条件

Photo : iStock by Getty Images
Photo : iStock by Getty Images

以下の条件を満たしていれば,AirPodsの自動切り替えができます.iOS 14 で実装されたAirPodsの自動切り替え,数日使ってみての感想として「本当に便利」の一言.

AirPodsの自動切り替えを使うための環境・条件
  • AirPodsが最新のファームウェアにアップデートされている
  • iOS 14・iPadOS 14・macOS Big Surが(自動切り替えをする)デバイスにインストールされている
  • インストールしている端末が同一のApple IDに紐付いている

この3つの条件をクリアしていれば,AirPodsの自動切り替えを利用出るようになります.

例えば,iPadでYouTubeを見ていて,iPhoneで音楽を聴きたくなったと仮定します.これまでは,Bluetoothの設定から接続デバイスをスイッチ(この場合だとiPad→iPhone)して音楽を再生していました.しかし,AirPodsの自動切り替えを使えば,その手間がゼロになります.

AirPodsの自動切り替えでは,iPadでYouTubeを見ていてもiPhoneでSpotifyを使い始めると,自動でiPhoneとの接続に切り替わりSpotifyの音楽がAirPodsから再生されます.

ちなみにこの機能は電話アプリとも連携しており,iPhoneで電話をかけたりしてもAirPodsの接続先は自動で切り替わる仕様になっています.何度もしつこく書きます,AirPodsの自動切り替えは本当に便利です.



iOS 14,AirPodsの自動切り替えができない時の対処方法

Photo : iStock by Getty Images
Photo : iStock by Getty Images

AirPodsの自動切り替えを使うための条件を,それぞれ詳しくみていきましょう.「AirPodsの自動切り替えができない」と困っている場合は,この3つの条件がクリアできているかを確認して下さい.

【対処方法1】AirPodsが最新のファームウェアにアップデートされている

AirPodsの自動切り替えを使うためには,AirPodsが最新のバージョンにアップデートされている必要があります.※バージョン「3A283」になっていればOK.以前のバージョンは「2D27」なのでこの状態だと自動切り替えができない.

AirPodsのファームウェアアップデートの方法

iPhoneやiPadとは異なり,AirPodsはファームウェアを手動でアップデートする必要はありません.

AirPodsのファームウェアアップデートは,AirPodsがiOSデバイスに接続されている時に自動でインストールされます.

  • ‌‌AirPodsを充電ケースに入れて電源に接続する
  • AirPodsをiPhone(またはiPad)にペアリングする

この条件を満たしていれば,AirPods‌は自動的にアップデートされます.

AirPodsのファームウェアバージョンを確認する

「自分のAirPodsのファームウェアはどのバージョンなんだろう??」そんな時は,以下の方法で簡単に確認できます.

AirPodsのファームウェアバージョンを確認する
  1. AirPodsをiPhone(またはiPad)にペアリングする
  2. 設定アプリを起動
  3. 「Bluetooth」をタップ
  4. 自分のデバイスのAirPodsの名前の右にある「i」をタップ
  5. 下へスワイプすると情報のところにバージョンが表示されます

↑以外にも,「一般 → 情報 → AirPods名」の順で進んでもファームウェアのバージョンは確認できます.どちらでも好きな方法でチェックして下さい.

【対処方法2】iOS 14・iPadOS 14・macOS Big Surが(自動切り替えをする)デバイスにインストールされている

AirPodsの自動切り替えを使うには,iOS 14・iPadOS 14・macOS Big Sur がインストールされたデバイスが必要.この記事を書いている9月19日時点では,macOS Big Surはまだ公式にリリースされていないので,iPhoneとiPadでのみAirPodsの自動切り替えを体験できます.

macOS Big Sur は,2020年後半リリースと発表されているのでもうまもなく使えるようになるでしょう.ちなみに macOS Big Sur がインストールできるMacは以下のとおり.

macOS Big Sur をインストールできるMacのモデル一覧
  • MacBook:2015年モデル以降
  • MacBook Air:2013年モデル以降
  • MacBook Pro:2013年後半モデル(Late 2013)以降
  • Mac mini:2014年モデル以降
  • iMac:2014年モデル以降
  • iMac Pro:全モデル
  • Mac Pro:2013年モデル以降

【対処方法3】インストールしている端末が同一のApple IDに紐付いている

AirPodsの自動切り替えを利用するには,AirPodsと各デバイスが同一のApple IDとリンクしている必要があります

例えば,iPhoneとAirPodsは自分のApple IDだけど,iPadは友達のApple IDと紐付いている.←こんな環境ではAirPodsの自動切り替えは利用できません.



AirPodsの自動切り替えをOFFにしたいとき

Coffee On Off
PHOTO: iStock by Getty Images

AirPodsの自動切り替えは便利な機能ですが,なかには「勝手に接続先が切り替わると不便」と感じることもあるでしょう.その場合は,以下の操作で自動切り替えをオフに設定できます.

AirPodsの自動切り替えをOFFにする方法
  1. 設定アプリを起動
  2. 「Bluetooth」をタップ
  3. AirPodsの名前の右にある「i」をタップ
  4. 「このiPhoneに接続」をタップ
  5. 「このiPhoneに前回接続していた場合」にチェックを入れる

このように設定しておくと,AirPodsの自動切り替えは無効化されます.簡単に設定を切り替えできるので,状況に合わせて変更するとうよいと思います.

「このiPhoneに前回接続していた場合」にチェックを入れておくと,自動切り替えが無効化される.
「このiPhoneに前回接続していた場合」にチェックを入れておくと,自動切り替えが無効化される.

【追記】Beatsユーザーの方へ : 自動切り替えは,AirPodsだけでなくBeats製品(対応モデルのみ)でもで動作します

「AirPodsの自動切り替え」というキーワードを散々つかっておきながら恐縮ですが,今回紹介した自動切り替えの機能はBeats製品でも利用可能(Beats製品のソフトウェアアップデートで順次対応していくようです).最後に2020年9月時点で自動切り替えをサポートしているヘッドフォンをまとめて,この記事を終わりにします.

自動切り替えをサポートしているヘッドフォン一覧
  • AirPods Pro
  • AirPods(第2世代)
  • Powerbeats
  • Powerbeats Pro
  • Solo Pro

Beatsヘッドフォンでも自動切り替えを活用できるようになるので,Beatsユーザーにとっては嬉しいサポートです.

〈了〉

新しい機種のBeatsヘッドフォンでも自動切り替えを活用できるのは,Beatsユーザーにとっては嬉しい.
新しい機種のBeatsヘッドフォンでも自動切り替えを活用できるのは,Beatsユーザーにとっては嬉しい.

SourceNotes


シェアありがとうございます!!