iOS14,デフォルトのブラウザアプリをSafariからGoogle Chromeに変更する方法

Mannheim, Baden Württemberg / Germany 07 12 2019 Apple iPhone XS Display with
Photo : iStock by Getty Images


iOS14 では,iPhoneで利用するデフォルトのブラウザアプリをSafariからGoogle Chromeに変更することが可能になりました.iPhoneユーザーでGoogle Chromeを使っている人も多いので,Chrome派の人は iOS14 にアップデートしたらデフォルトのブラウザアプリをChromeに変更しておくことをおすすめします.

用語解説 デフォルト(default)

デフォルトとは,コンピュータシステムでユーザーが特に指定しない場合に設定されている動作条件のこと.←だと少々回りくどいので「初期設定」って覚えておいてもOKです.債務不履行のデフォルトとは異なる.

用語解説 ブラウザー(Browser)

ブラウザとは,コンピュータのデータやプログラムを画面上に文字や画像として表示するためのソフトウェアのこと.インターネットブラウザと言ったりもします.一般的なものとして,Safari・Chrome・IE(インターネットエクスプローラー)・Firefoxなどがある.

iOS14,デフォルトのブラウザアプリをSafariからGoogle Chromeに変更する方法

Photo : iStock by Getty Images
Photo : iStock by Getty Images

iOS14(iPadOS 14も同様)は,デフォルトのブラウザアプリをサードパーティ製にできるように仕様が変更されています.これまでの iOS では,デフォルトのブラウザは Safari 一択でした.ユーザーにとっては,選択肢が増えたので嬉しいアップデート.

ブラウザアプリをSafariからGoogle Chromeへ変更する手順
  1. 設定アプリを起動
  2. 下へスワイプして「Chrome」をタップ
  3. 「デフォルトのブラウザApp」をタップ
  4. 「Chrome」にチェックを入れて戻る

以上の操作で,デフォルトのブラウザアプリがChromeに変更されます.手順はとても簡単なので1分もかからず完了します.設定変更後は,アプリ内でブラウザを開く場合Chromeが起動するようになります.

How-to-change-the-default-browser-app-from-safari-to-google-chrome-on-ios14-1
設定アプリの「Chrome」の項目から設定を変更.

MacやiPadなど,他のデバイスでもChromeを利用している場合はiPhoneもChromeにしていおくと効率よくウェブ閲覧ができます.この機会に変更しておくとよいでしょう.

ちなみにこの記事を書いている2020年9月18日時点では,Google Chrome以外にも,『(Microsoftの)Edge』『Firefox』が対応していました.

いくつかのサードパーティ製アプリが,デフォルトブラウザに対応している.
いくつかのサードパーティ製アプリが,デフォルトブラウザに対応している.

SourceNotes

  • Apple : iOS14

シェアありがとうございます!!