Z5を買うか,Z6を買うか.Z5の販売価格がわかってきたので,値段と買うべきカメラについて考えてみる.

Nikon Corporation logo printed on camera packaging
Photo : iStock by Getty Images


今日は,2020年7月23日(木).先日発表されたNikon Z5の予約受付が開始.AmazonやビックカメラでもNikon Z5を予約できます.残念ながら,Z5はキャッシュバックキャンペーンの対象外.(さすがに,発売と同時にあの価格帯でキャッシュバックはなかったですね)

ということで,8月末に発売される新作のZ5,2018年発売だが価格も下がってきたZ6.このどちらを買うのがよいのかを,実売価格やキャッシュバックの状況をふまえつつ考えてみます.

ビックカメラでも,本日7月23日からZ5の予約受付が開始.
ビックカメラでも,本日7月23日からZ5の予約受付が開始.

Z5を買うか,Z6を買うか.Z5の販売価格がわかってきたので,値段と買うべきカメラについて考えてみる.

まずはそれぞれの販売価格と,ポイントなどを差し引いた実質価格のまとめ.基本的にはAmazon価格をベースに考察します.

Z5のAmazon価格

Z5のAmazon価格
  • ボディ : 166,000円(Amazonポイントが1,660p)
  • レンズキット : 202,000円(Amazonポイントが2,020p)

なので,実質価格はこうなります.

  • 166,000 – 1,660 = 164,340円
  • 202,000 – 2,020 = 199,980円

冒頭書いたとおり,7月23日時点でZ5はキャッシュバックキャンペーンの対象外.Nikon公式サイトのキャッシュバックキャンペーンのページにも「※ Z 5は、本キャンペーン対象外になります。」と明記されています.

なのでZ5を購入しても『Zシリーズキャッシュバックキャンペーン(2020年6月30日〜9月30日)』では,キャッシュバックを受けることができない.

悲しいお知らせ,今回のキャッシュバックキャンペーンからは外れてしまいました.
悲しいお知らせ,今回のキャッシュバックキャンペーンからは外れてしまいました.

後々は(何ヶ月か経てばを)キャッシュバックの対象になる可能性はあるかも

しかし,昨年発売されたAPS-CセンサーのZ50は,発売後の比較的早い段階でキャッシュバックキャンペーン対象になっている.実際にZ50を購入してキャッシュバックを受けたのでよく覚えています.

そのため今は対象外だが,今後のキャッシュバックキャンペーンの対象となる可能性は高いと考えることもできます.

価格が下るなら半年くらいは待ってもいいけどねぇ,という人は今すぐZ5を買う必要はないでしょう.



Z6のAmazon価格

さて,ここからはZ6の価格について.

確かZ6は2018年10月くらいに発売されました.なので発売から2年くらいが経過.Z6とZ7は次世代機の噂も出てきている時期で,価格もやや下がってきています.シングルスロットを気にしなければ,十分に購入を検討して良いカメラ.

さらに,9月30日まではキャッシュバックキャンペーンの対象となっていて,ボディで2万円,レンズキットで4万円のキャッシュバックを受けることができる.

Z6のAmazon価格
  • ボディ : 223,000円(Amazonポイントが2,230p)
  • レンズキット : 279,000円(Amazonポイントが2,790p)

なので,実質価格はこれくらい↓だと考えてよいでしょう.

  • 223,000 – 2,230 – 20,000 = 200,770円
  • 279,000 – 2,790 – 40,000 = 236,210円

Z5とZ6,細かいスペックの違いはあります.しかし,性能面や外観ではそこまで大きな差は無い(Z5の本体,100gくらい軽くなってくれることを期待したので残念…).今Nikonのフルサイズミラーレスの購入を考えている人は,この2機種が比較の対象となっていることでしょう.

個人的には,ボディ単体を買うならZ5のほうがコスパが高いという結論に至りました.

Nikon-unveils-the Z5-Z50-users-are considering-a replacement-1

NikonがZ5を発表,Z50ユーザー視点から買い換えるメリット・デメリットを考えてみる / #写真機初学者のメモ帳

あと,重要なのがレンズキットに付属されるレンズの問題

あと,重要なのがキットレンズ.

レンズキットの購入を検討している場合は,付属するレンズのスペックも大事になってくる.Z5のレンズキットには新作の『NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3』が,Z6のレンズキットには『NIKKOR Z 24-70mm f/4 S』が付属します.

そもそも焦点距離もコンセプトも異なるレンズなので,比べるべきではありません.ただ,レンズキットにはこれらのレンズが含まれるので,レンズキットを買うならどちらが良いのかを考えてみます.

参考までに,2020年7月現在のメーカ希望小売価格は以下のとおり.

Z5とZ6のキットレンズのメーカ希望小売価格
  • 『NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3』58,300円(税別 53,000円)
  • 『NIKKOR Z 24-70mm f/4 S』150,150円(税別 136,500円)

こうしてみると『NIKKOR Z 24-70mm f/4 S』の付属するZ6のレンズキットはかなりお得に見えます.明るさを表すF値の変動もなくレンズ性能と写りに関しは『NIKKOR Z 24-70mm f/4 S』の圧勝.

それに対して,Z5のキットレンズ『NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3』は,やや暗めですが重さが約195gと非常に軽量なレンズ.Z5やZ6につけても,総重量は870gと1キロを下回ります.お散歩レンズとして携帯性を重視する人にとっては,魅力的なレンズだと言えます.

Nikonのキットレンズは,他社のキットレンズと比較しても写りが良いことで定評がある.レンズキットの購入を検討している人は,自分にはどちらのレンズが合っているのか??を考えて,Z5とZ6どちらを買うべきか決めるとよいでしょう.

ただこの後の項で少し触れますが,現状Z6のレンズキットを購入するメリットは(あまり)ありません.購入を予定している人は,慎重に検討を.

NIKKOR Z 24-70mm f/4 Sの値段に関する補足

先程「『NIKKOR Z 24-70mm f/4 S』のメーカ希望小売価格は150,150円(税別 136,500円)」と書きました.

しかし状態の良い中古の『NIKKOR Z 24-70mm f/4 S』は,ヤフオクやメルカリで4万円前後で取引されている.これはZ6のレンズキットを購入して,そのレンズだけを売る人が多いから.

Amazonでも新品の『NIKKOR Z 24-70mm f/4 S』は55,000円から7万円くらい相場でした.なのでこのレンズの市場価格は,中古が5万円前後,新品は7〜12万円程度と認識しておきましょう.



考察まとめ : ボディ単体ならZ5を購入,レンズキットは軽量レンズが欲しい人はZ5レンズキットはあり.

Z5 / Z6それぞれの販売価格・レンズキットの構成とレンズ単体価格・キャッシュバックキャンペーンの対象商品,これらを総合して考えると,以下の結論にいたりました.

Z5とZ6,2020年8月末にどちらを買うべきか??
  • ボディ単体を買うならZ5がコスパがよい
  • 軽量コンパクトなレンズも一緒に欲しいなら,Z5のレンズキットを買うのがよい
  • Z6は「ボディ単体」「レンズキット」どちらにしても(現時点で)選択するメリットは少ない

Z5がキャッシュバックの対象から外されたのは残念でした.しかし,それでもZ5のボディ単体・レンズキットの価格はとても魅力的.Z5は,特筆すべきスペックで秀でた機能はありません.しかし,写真を楽しむには十分な機能を備えたカメラ(そして価格も10万円台).

Nikonは積極的に宣伝しませんが,Z6 / Z7 はとても快適な電子ビューファインダーを備えています.またこちらもあまり触れられませんが,『スナップブリッジ』という機能は,Bluetoothで写真を自動で転送することができてとても便利(結構サクサク動きますよ).iPhoneで撮った写真をすぐにSNSなどでシャアすることも可能.(Nikonは,この辺を積極的にPRすればいいのになぁといつも思う)

Z5の購入を前向きに検討しても良い人はどんな人達か??

Z5の購入を前向きに検討しても良い人
  • Nikonの一眼レフからミラーレスカメラへ買い替えを検討している人
  • Z50からフルサイズミラーレスにステップアップしたい人
  • Nikonの質実剛健な感じが気になる新規ユーザー

こういった人々にとって,Z5はピッタリのカメラ.

気になる人は,実機を一度店舗で触ってみるとよいでしょう.しつこいようですがEVF(電子ビューファインダー)は,光学メーカーのNikonだけあって他社と比較しても一段上のレベルに仕上がっています.ぜひ家電量販店で,CANONやSONYのカメラともくらべてみてください.

了.(ということで8月末にZ5を買います)

【編集後記】Z6 + 24-70mm + FTZマウントアダプターキットが,ボーナスステージに入っている.

本記事の投稿後もZ5とZ6の価格が気になり,Amazonや楽天などでリサーチを続けています.

この記事では,Z5とZ6の「レンズキット」で価格を考察していました.しかし,どうやら現在『Z6 + 24-70mm + FTZマウントアダプターキット』がボーナスステージに突入しています.(ボーナスステージ = 発売後一定期間が経過していて在庫がだぶついているせいか,かなりお買い得になっているという意味)

こうなると結論が変わってしまうため,「編集後記」というカタチで少々加筆修正しておこうと思う.

『Z6 レンズキット』と『Z6 + 24-70mm + FTZマウントアダプターキット』価格の逆転現象が発生中

ショッピングサイトや比較サイト(Amazon・楽天・価格ドットコムなど)によっては,「レンズキット」>「24-70mm + FTZマウントアダプターキット」という価格の逆転現象が起こっています.※レンズキット価格の方がどういうわけか高くなっている.

こうなってくると,Z5より『Z6 + 24-70mm + FTZマウントアダプターキット』を購入して,必要なものだけ手元に残す(他を売ってボディだけを手に入れる)方がお得なる.

具体的に価格を算出してみるので,参考にしてみてください.

楽天,Amazon,価格ドットコムなどのサイトで,『Z6 + 24-70mm + FTZマウントアダプターキット』がボーナスステージに突入している.
楽天,Amazon,価格ドットコムなどのサイトで,『Z6 + 24-70mm + FTZマウントアダプターキット』がボーナスステージに突入している.

『Z6 + 24-70mm + FTZマウントアダプターキット』の購入シュミレーションをしてみる

楽天では,7月24日(金)16:00現在『Z6 + 24-70mm + FTZマウントアダプターキット』の新品価格が 259,380円 (税込),新品なのでNikonのキャッシュバックキャンペーン対象です.

さらに楽天ポイントも11,668ポイント付きます.マウントアダプターキットなのでNikonからのキャッシュバックは4万円.この2つを足すと「11,668 + 40,000 = 51,668」.楽天ポイントは,1ポイント1円換算なので,約5万円が戻ってくる計算になる.

次に『NIKKOR Z 24-70mm f/4 S』と『FTZ マウントアダプター』.もちろん必要であれば手元に残しておくべき.ただボディの値段を考察するため,レンズとマウントアダプターを売却したらどれくらいの金額になるのか??を試算してみます.

どちらもメルカリで売却すると仮定して,それぞれ↓くらいの価格で売却が可能だと考えます.

レンズとマウントアダプターを売った場合の想定金額
  • NIKKOR Z 24-70mm f/4 S → 40,000〜46,000円
  • FTZ マウントアダプター → 21,000〜25,000円

下限の価格で見積もっても,61,000円程度で売却が期待できます.(メルカリの手数料などは除外してます)これらを踏まえて,ボディだけの価格を算出.

『Z6 + 24-70mm + FTZマウントアダプターキット』購入後,ボディだけ残した場合の試算
  • 259,380(購入価格)-11,668(楽天ポイント)-40,000(キャッシュバック) -4,0000(レンズ売却)-21000(FTZ売却)
  • 実質のZ6ボディ価格 = 146,712円

試算どおり売却できたとして,14万円ちょっとでZ6のボディが手元に残る計算です.

Z6がZ5より優れているところ

記事の本文でも書いているとおり,Z5のボディは約16万円.

ダブルスロットやバッテリー持ちなど,新しく発売されるZ5優れている点もあります.しかし,発売から2年が経過するとはいえ上位機種のZ6が勝っているスペックもいくつかある.

Z6が優れているスペック
  1. 背面液晶
  2. 軍艦部の液晶あり
  3. 裏面照射型CMOSセンサー
  4. 連続撮影コマ数

Z5が優れている点は,ダブルスロット・USB給電対応・バッテリー容量など.今一度冷静になって,Z5とZ6のどちらを買うべきか考えてみることにします.

編集後記,了.

引用 : Amazonより
引用 : Amazonより

SourceNotes

★Nikon / ニコン Z6 24-70 FTZ マウントアダプターキット 【デジタル一眼カメラ】【送料無料】

価格:259,380円
(2020/7/24 16:34時点)
感想(2件)


シェアありがとうございます!!