『Tポイント(公式)アプリ』コンビニでTカードを出さなくてよいので便利♪

t-point-app-t-card-link


ファミマなどで「Tポイントカードお持ちですか?」と聞かれたとき、面倒に感じて「あ…、大丈夫です」と答えてしまうことはありませんか?!

最近はスマホで決済できるお店も増えてきたので、財布に入れているTポイントカードを出すのさえ手間に感じることもあります。

そんなときに便利なのが、スマホアプリの『Tポイント(公式)アプリ』です。

先日ダウンロードした『Tポイント(公式)アプリ』を使ってみて、「財布からTカードを出さなくていいので便利だなぁ」と感じました

ということで、この記事で『Tポイント(公式)アプリ』のダウンロード方法や使い方を紹介していきたいと思います。

【注意】TポイントアプリをTカードと連携するには、Yahoo JAPAN IDが必要です。予め作成しておきましょう。

『Tポイント(公式)アプリ』をダウンロードしてTカードとリンクする方法

AppStoreの『Tポイント(公式)』は、その名のとおりTポイントの公式アプリです。

iPhoneの場合、AppStoreから簡単にダウンロードすることができます。(iPadやiPodでの動作は保証されていないので、iOSユーザーはiPhoneアプリの利用をおすすめします

Tポイントカードと連携するために、まずはアプリをiPhoneにダウンロードします。

アプリのダウンロードは画面の指示に従って進むだけですが、念の為手順を記載しておきます。

  1. AppStoreのアプリを起動する
  2. 検索窓に「Tポイント」など入力してアプリをダウンロードする
  3. ダウンロード後にアプリを起動する
  4. 説明画面がでるので「次へ」を数回タップして進む
  5. 利用規約の画面が表示されるので「同意する」をタップする
  6. Yahoo JAPAN IDを入力してログインする
  7. 規約を読んで「上記すべての規約に同意する」にチェックを入れて「同意して次へ」をタップする

以上で、アプリのダウンロードからログインが完了します。



『Tポイント(公式)』アプリをTポイントカードと連携する

『Tポイント(公式)』アプリのログインが完了したら、持っているTポイントカードと連携します。

  1. 『Tポイント(公式)』アプリのトップページ右下にある「モバT」をタップする
  2. 「Tカード番号」と「生年月日」を入力し「表示する」をタップする
  3. 利用規約を確認し「同意する」をタップする

以上の操作で、iPhoneにダウンロードした『Tポイント(公式)』アプリとTカードの連携が完了します。

何度か利用しましたが、コンビニ・セルフレジなど問題なく使用できています。

コンビニの会計時はスマホ1つでポイントまで付けることができますし、TSUTAYAのセルフレジでもアプリと電子マネーで財布を出すことなく会計が済みます。

日常的にスマホ決済+Tポイントを使用している人は、『Tポイント(公式)』アプリをダウンロードして使ってみるとよいでしょう。

SourceNote


t-point-app-t-card-link