【Googleドキュメント】ページ番号を追加する方法

A pile of documents with the man in the document


Googleドキュメントには、ページ番号を追加する機能があります。

仕事用の資料など、複数のページにまたがるドキュメントをつくる場合は、ページ番号をふっておくとよいでしょう。

印刷して出力する時など、ページ抜けを防げて特に便利だと思います。

紙に印刷する資料や、複数ページにまたがる資料をつくる際は、挿入タブからページ番号を設定しておくとよいでしょう。

Googleドキュメントにページ番号を追加する

Googleドキュメントには、以下の手順でページ番号を追加します。

  1. 資料を作成する
  2. タブの「挿入」→「ヘッダーとページ番号」→「ページ番号」の順で進む
  3. 4つのスタイルの中から選択する

これで選択した場所に、ページ番号が表示されます。

また一度設定しておくと、資料にページが追加されても、ページ番号は自動で採番されます。(毎回、挿入の作業をする必要はありません)

出所:SMATU.net
「挿入」のタブからページ番号を追加することができます。

ページ番号を表示する場所とスタイルについて

ページ番号を表示する場所は、「資料の右上」または「資料の右下」のどちらかになります。

また「表紙あり」と「表紙なし」があるため、ページ番号の挿入は全部で4つのスタイルから選ぶことができます。

ちょっとした違いですが、資料に合わせたスタイルを選択しましょう。

  • ページ数の表示が右上、表紙なし
  • ページ数の表示が右上、表紙あり
  • ページ数の表示が右下、表紙なし
  • ページ数の表示が右下、表紙あり
出所:SMATU.net
ページ番号の表示スタイルは、4つ用意されています。
表紙がある場合など、スタイルを変更するとよいでしょう。

A pile of documents with the man in the document