『ping(ピン)』、または『ping値(ぴんち)』とは?!

it-word-ping-pingchi


ネットに接続しているゲームをプレイしていると、『ping』『ping値』といった言葉をよく見かけます。

「ピン」または『ピン値(ぴんち)』と読みます。(「g」は発音しません)
『ping』は、送信したパケットがサーバーから返ってくるレスポンス速度のことです。

インターネットを使ったゲームをプレイする人は、ping値について理解を深めておくとよいでしょう。




『ping』『ping値』とは?!

Blue motion blur abstract background

malija/PHOTO: iStock by Getty Images

ぼくが『ping値』について詳しく知りたいと思ったのは、インターネットを使ってプレイするPvP系ゲームがキッカケでした。
プレイ中に画面がカクついたり、敵が瞬間移動したりする原因を調べていてpingにたどり着きました。

PvPとは!?
PvPとは、Player vs Player(プレイヤーバーサスプレイヤー)の略称です。

インターネットなどを介して、プレイヤー(人間)同士が対戦するゲームのことを指します。
最近の流行りだと、『フォートナイト』『PUBG』『スプラトゥーン』などがあります。

pingとは、

  • パケットがサーバーから返ってくるレスポンス速度
  • 通信のタイムラグ

のことです。
ひと言で説明すると「通信の応答速度のこと」

ping値は「クライアント(自分の通信端末)」と「インターネット上の通信相手(サーバー)」との間で、パケットが往復するして帰ってくるまでの時間を指します。

pingの単位は「ms(ミリセカンド)」で1000分の1秒となります。

よってping値は、低ければ低いほど良いです。
PvP系のゲームをする場合の理想は一桁ですが、10〜20程度だと比較的快適にプレイできると言われています。

ping値の体感と目安

ping値 体感・目安
10以下 とても快適
11〜20 快適にプレイ
21〜30 通常プレイ可能
31〜40 ときおりプレイ中に遅延が発生
40〜60 戦闘に支障が出るほど遅い(場合がある)
60〜100 プレイするのにストレスを感じる

【補足】表の数値について

表の体感と数値については、「一般的な体感値」+「筆者の体感」をベースにしています。

具体的な環境は、

  • ゲーム:フォートナイト
  • 端末:任天堂スイッチ
  • ネット環境:auひかり(ホームタイプ)
  • pingの計測方法:フォートナイト内の設定で表示

となります。

 

SourceNote


it-word-ping-pingchi