「iPhoneでフレーミングを試す」iPhoneのカメラテクニック28選-7

iphone-photography-how-to-7


Apple JapanがYouTubeの公式チャンネルで、「iPhoneで撮影する」というシリーズ動画を公開しています。
Appleは「誰でも素晴らしい写真を撮ることができると、私たちは信じています。」とコメントしており、そのためのヒントとテクニックとして動画をなんと28個も!!作ってくれています。

この記事ではその動画の中から「iPhoneでフレーミングを試す方法」を紹介します。

誰でも素晴らしい写真を撮ることができると、私たちは信じています。ここでは、iPhoneを使って一段と魅力的な一枚を撮影し、そして楽しめるように、いくつかのヒントとテクニックを紹介します。
引用:Apple




iPhoneでフレーミングを試す方法

  1. 被写体のフレームになる形を見つける
  2. 被写体を置く
  3. そして撮影

正直に言いますと…。
このテクニックは、最初何のことかよくわかりませんでした。
「!?。何のこと…」となって4〜5回動画を見直しました。

ググって調べた結果、要は「iPhoneで撮影する前に構図を決めましょうね」ということだと理解しました。
フレーミングとは、撮影の構図をファインダーを通して決めることです。
被写体(伝えたいこと)と、被写体を際立たせるためのフレームを見つけて撮影することで、普段よりも良い写真が撮れるようになるかもしれませんね。

写真の構図。
ちょっと勉強してみようと思います。

フレーミング(framing)

《骨組み・構成の意》
1 撮影の際にファインダーを通して見える撮影範囲。また、撮影範囲と構図をファインダーを通して決定すること。
2 構想。
[補説]1で、カメラによっては、ファインダーで見える範囲と撮影範囲とが完全には一致しない場合がある。

引用:コトバンク

SourceNote


iphone-photography-how-to-7