Evernoteの2段階認証を設定する方法、解除する方法【Google認証システムにも対応】

Photo of a man selecting internet security options


世界中でテクノロジーへの依存度が高まっていくなか、国家・企業・個人問わずサイバーセキュリティ対策の重要度が高まっています。

特に最近では、

  • G Suite
  • Dropbox
  • Evernote
  • OneDrive

など、多くのクラウドサービスが法人・個人へも普及しています。

↑で挙げられたサービスにデータを保管している、という人も多いのではないでしょうか??

そんなセキュリティ対策が重要視される中、多くのサービスで導入されているのが2段階認証です。

データ保護ために個人ができるセキュリティ対策「2段階認証」について、今回はEvernoteで設定する方法をご紹介します。

2段階認証とは

Young businessman using mobile phone at office desk

  • 複数のサイトで同じメールアドレスとパスワードを使いまわしている
  • インターネット経由でアプリやソフトウェアをダウンロードする
  • メール本文やSNSで送られるリンクをクリックする

インターネットではこのような行為が元になり、IDやパスワードが盗まれてしまうことがあります。

上記のどれも危険とされている行為なのですが「絶対にやっていない」という人は、意外と少ないのではないでしょうか!?

2段階認証は一般的な「IDとパスワードによる確認」に加えて、スマホなど別の端末に送信される「セキュリティコードによる確認」が追加されます。

この様に2段階で認証を行なうことから、2段階認証と呼ばれています。

2段階認証を設定すると、セキュリティコードが無いとサービスにログインすることが出来ません。
第三者による、不正なログインを防ぐことができるのです。

2段階認証によりアカウントのセキュリティを強化できます。2段階認証ではEvernoteのアプリケーションにログインする時、パスワードと確認コード両方の入力が必要になります。
確認コードはお使いの携帯電話でテキストメッセージまたは認証アプリで受信できます。
2段階認証は、最新バージョンの Evernote アプリケーションでのみ対応しています。続行する前に、お使いのすべてのデバイスでアップデートの確認をして下さい。

引用:Evernote公式ブログ(Evernoteの2段階認証について)



Evernoteの2段階認証を設定する方法、解除する方法

Business concept, businessman working with smartphone. Architectural plans on the

「Evernoteの情報が流出したら怖いなぁ…」

そう感じた人は、早速Evernoteの2段階認証を設定しましょう。
少し手順は複雑ですが、これから紹介する方法で大切なアカウントとデータを守ることが出来るようになります。

2段階認証を設定するために必要な環境

まずはEvernoteに2段階認証を設定するために、必要な環境を準備しましょう。

  • テキストメッセージ(SMS)が受信できるスマホやタブレットなどのモバイル端末
  • Evernote(Web版)にログインできるインターネット環境
  • 最新バージョンのEvernoteアプリ

※テキストメッセージの受信については、国際SMSが受信可能な状態になっている必要があります。

SMSが受信できない場合は、各携帯キャリアの設定の確認が必要になります。
(SoftBank、au、docomoであれば、だいたい受信可能な環境になっています)

2段階認証を設定する方法

Evernoteにウェブブラウザからログインします。
 ↓
左下に表示されているアカウントのアイコンをクリックします。
 ↓
メニューが表示されるので「設定」をクリックします。

evernote-2step-authentication-1

画面左に表示される項目から「セキュリティ概要」をクリックします。
 ↓
2段階認証の「有効化」をクリックします。
 ↓
2段階認証の説明が表示されるので「続ける」をクリックします。

evernote-2step-authentication-2

重要事項の説明が表示されるので、内容を確認し「続ける」をクリックします。
 ↓
確認用のメールアドレスが表示されるので「確認用Eメールを送信する」をクリックします。
 ↓
登録したメールアドレスにコードが届くのでコードを入力して「続ける」をクリックします。
※コードは5分以内に入力しないと無効化されます。
 ↓
携帯電話番号の入力を行います。
日本の場合は最初の「0」は省略して、「80」または「90」以下の番号を入力します。
例:080-1234-5678の場合は「8012345678」と入力
 ↓
携帯電話のショートメールに確認用のコードが届きます。
届いたコードを入力して「確認」をクリックします。

evernote-2step-authentication-3

バックアップ用の電話番号を登録できます。
番号を複数所持していたりパートナーがいる場合は登録しておくことをおすすめします。
(バックアップ用の番号を登録したくない場合は「スキップ」できます)

evernote-2step-authentication-4

「Google認証システムをダウンロード」が表示されます。
※今回はiOSアプリのGoogle認証システムを利用してセットアップを行います。
「Google認証システムをダウンロード」を利用しない場合は、スキップも可能です。
 ↓
「Google Authenticator」をApp Storeでダウンロードし、アプリでPC画面に表示されるQRコードをスキャンします。
 ↓
Google Authenticatorアプリに表示された6桁のコードを入力します。
 ↓
バックアップコードが表示されるのでスクリーンショットを撮影するなどして必ずメモしておきましょう。
 ↓
メモしたバックアップコードの中から、どれか一つを入力すればセットアップが完了します。

evernote-2step-authentication-5

設定が完了すると、セキュリティ概要の画面に戻り「2段階認証が有効です」とステータスが表示されます。
セットアップ後は、以下のすべてのサービスで2段階認証が有効化されセキュリティが向上します。

Evernoteの2段階認証で有効化されるサービス一覧

  • 日経新聞 紙面ビューアー
  • Evernote Web Clipper for Chrome
  • Evernote for iPad
  • Feedly
  • Evernote Scannable
  • Wall Street Jounal Clipper
  • Skitch for Mac
  • Evernote for iPhone
  • Skitch for iPad
  • Evernote Scannable(iPad)
  • 日経新聞電子版
  • Evernote for Mac
  • Nozbe

2段階認証を使ってEvernoteにログインする

2段階認証を設定した後は、EvernoteにログインするときにIDパスワード以外に「セキュリティコードの入力」が必要になります。

  1. テキストメッセージによる認証
  2. Google Authenticatorアプリから認証

のどちらかで、Evernoteにログインしましょう。

  1. Google認証システムを利用しない場合…テキストメッセージによる認証でログイン
  2. Google認証システムを使って設定した場合…Google Authenticatorアプリからの認証でログイン

となります。



2段階認証を解除する方法

個人的には2段階認証を設定しておくことを推奨しますが、どうしても解除したいという場合は設定時と同様にEvernoteのWeb版から解除することができます。

Evernoteにウェブブラウザからログインします。
 ↓
左下に表示されているアカウントのアイコンをクリックします。
 ↓
メニューが表示されるので「設定」をクリックします。
 ↓
画面左に表示される項目から「セキュリティ概要」をクリックします。
 ↓
「2段階認証が有効です」と表示されているので「設定を管理」をクリックします。
 ↓
「2段階認証を無効化」をクリックします。
 ↓
「2段階認証を無効化しますか?」と表示されるので「確認」をクリックします。

以上で2段階認証の設定が解除されます。

設定が解除されると、画面が戻った際「2段階認証が有効化されていません」とステータスが表示されます。

ここで完了を確認するとよいでしょう。

SourceNote


Photo of a man selecting internet security options

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です