iPhoneの文字入力で予測変換に表示される文字をリセットする方法

iphone-reset-keyboard-dictionary

iPhoneの予測変換は便利な機能ですが、時には過去に入力したあんなキーワードやこんなキーワード…
忘れてほしい時ってありませんか??

iPhoneにはユーザーが入力した文字データを記憶し、予測変換として表示してくれる機能が搭載されています。
このページでは、過去学習した予測変換データをリセットする方法をご紹介します。

iPhoneに搭載されている予測変換機能

iPhoneにはユーザーがよく入力する文字を学習する、予測変換の機能が備わっています。

頻繁に入力する単語が優先して表示されるのは、この予測変換が機能しているからです。
iPhoneで文字を入力するとキーボード上部に表示されるスペースの変換は常にiPhoneが学習して最適なものを表示してくれているということです。
賢い子ですねiPhone♪

iphone-reset-keyboard-dictionary_2

少し珍しいケースかもしれませんが、この予測変換を人に見られたくなかったり…リセットしたい時もあると思います。

もちろんiPhoneが学習した予測変換のデータはリセット(削除)することができます。
予測変換の学習データをリセットしたいときは、下記の手順でデータを削除してください。



予測変換の削除は設定から削除

予測変換のデータを削除したい場合は、設定アプリを起動しましょう。

一般の項目をタップし、一番下まで移動したら「リセット」を選択しましょう。

iphone-reset-keyboard-dictionary_3

リセットできる項目が様々表示されるので「キーボードの変換学習をリセット」をタップします。

iphone-reset-keyboard-dictionary_4

パスコード入力画面が表示されるので、ロック画面を解除するのと同じパスコードを入力します。

iphone-reset-keyboard-dictionary_5

最後に確認が表示されます。
表示された「辞書をリセット」をタップすると予測変換の学習データが削除されます。

iphone-reset-keyboard-dictionary_6

一度削除するとバックアップから復元などしないとデータは復活できません。
注意しましょう。


iphone-reset-keyboard-dictionary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です