【Amazonプライム・フォト】特徴と使い方

amazon-prime-photo


1月19日。
突如Amazonからメールが届き、新サービスの開始が告げられました。
prime-photos-mail
そのサービスの名前は「プライム・フォト」です。
プライム・フォトはAmazonプライムの会員向けの新サービスで、スマホ・タブレット・PCから容量無制限でクラウドに写真を保存できるサービスです。
(もちろん、追加料金は一切なし)

会員向けの特典がどんどん魅力的になるAmazonプライム。
早速、スタートしたばかりのプライム・フォトについて使い方をご紹介します。

プライム・フォトの特徴

prime-photo-image

人気のIT情報サイトengadget(日本版)によると、「Amazonプライム・フォト」は1枚あたりの容量も無制限で画像のアップロードによる自動的なリサイズも行われないようです。
(LINEなどで写真を共有していたりすると、せっかくの綺麗な画像も自動でリサイズされ粗くなってしまいます)

プライム・フォトは、RAW画像や動画ファイルのアップロードにも対応しています。
※動画など写真以外のデータのアップロード上限は5GBです。

簡易編集機能も備わっており画像反転・露出・コントラスト・彩度・トリミングなどが簡単に利用可能です。

現在はサービス開始を記念して、カメラやクーポンが当たるキャンペーンも実施中のようです。

参照記事:アマゾン、アップロード容量無制限の『プライム・フォト』を提供開始。RAWにも対応



プライム・フォトを利用にはプライム会員登録が必須

プライム・フォトを利用するためには、Amazonの有料会員「アマゾンプライム」に登録する必要があります。

アマゾンプライムは、年間3900円でAmazonの提供する様々なサービスの恩恵をうけることが出来ます。
お急ぎ便の利用が何度でも無料なうえ、最近は「プライム・ビデオ」や「プライム・ミュージック」のサービスも追加されました。

月額換算するとたわずか“325円”なので、かなり費用対効果の高いサービスになっています。

登録がまだの場合はAmazonのプライム会員から先に登録を済ませておきましょう。
プライム会員は無料のお試し期間も設けてあるので、一度試してみて気に入らない場合は解約しても良いと思います。



Amazonプライム・フォトの使い方

プライム・フォトを利用するためには、App Storeからアプリをダウンロードします。
(使い方はiPhoneを例にしています)

「amazon photos」で検索しましょう。
サービスの正式名称は「プライム・フォト」ですが、アプリの名前は“Amazon Photos”です。
(この辺は、プライムビデオなどと同じで統一してほしいですね…)
prime-photo_2

「Amazon Photos」が表示されるので、ダウンロードします。
(容量は29MBくらいなんで、1分もかかりません)
prime-photo_3

ダウンロードが完了したらアイコンをタップしてアプリをひらきます。
トップページでプライム会員登録で設定した、メールアドレスとパスワードを入力してください。
prime-photo_4

利用規約が表示されるので、内容を確認し承認をタップします。

最初はオートセーブ(アップロード)の設定が表示されます。
(一旦はオフで設定して進めます)
prime-photo_6

写真をアップロードする

ログインするとトップページが表示されます。
左上の3本線がメニュー、+はアルバム作成のアイコンです。

画面中央か、メニューの中から「写真を追加」をタップして保存したい画像をアップロードしましょう。
prime-photo_7

カメラロール、インスタグラム、フォトストリームなどからアップロードする画像を選択することができます。

写真が表示されるので、プライム・フォトに保存したい写真をタップして選択します。
選択が済んだら、右上のアップロードをタップしましょう。
prime-photo_8

アップロードが完了するとトップページに画像がタイル形式で表示されます。

ちなみに、iPhoneで撮影した画像を6枚アップしましたが…1分20秒くらいかかりました。
(外出先、モバイルWi-Fi環境)

普段はDropboxを利用していますが、比較するとやや遅くストレスを感じました。
prime-photo_10

写真をアルバムで整理する

アップロード画像は、アルバムを作って整理します。

トップページで+アイコンをタップして、アルバムを作成します。
prime-photo_11

アルバムに保存したい写真を選択して「アルバムに追加」をタップします。
アルバムに画像が保管(移動)されました。

メニューから「アルバム」をタップすると、先程作成したアルバムが表示されます。
(同じ画像を複数のアルバムに保存も可能でした)

prime-photo_12

写真を端末にダウンロードする

プライム・フォトに保管している写真は簡単に端末に保存する事ができます。
写真をタップすると画面下に5つのアイコンが表示されます。

一番左の雲のアイコンをタップすると、写真がカメラロールに保存されます。

prime-photo_13

写真をシェアする

シェアアイコンを使うと、写真をシェアできます。
タップするとTwitterやFacebookのアイコンが表示されるので好きな方法でシェアしましょう。

prime-photo_14

アルバムに画像を追加する

真ん中にある+アイコンをタップすると写真をアルバムに追加できます。
作成しているアルバムが表示されるので、追加したいアルバムを選択して追加してください。

写真を隠す

見られたくない写真は隠しておくことができます。
目のアイコン→非表示の順でタップしましょう。
prime-photo_15

隠している写真を表示させたい場合は、

メニュー

設定

アイテムを表示をオン

にすると、見ることができます。
prime-photo_16
もう一度、目のアイコンをタップして非表示を解除することもできます。

データを消去する

プライム・フォトに保管しているデータを削除する場合は、写真を選択しゴミ箱のアイコンをタップします。
消去をタップすると、クラウドから消去されます。

prime-photo_18

画像を編集/加工する

現時点では、画像の編集/加工はパソコンのプライム・フォトからしか出来ないようになっています。
プライム・フォトに保存している写真などを編集/加工する場合は、パソコンからプライム・フォトにログインして作業を行ってください。
prime-photo_19

編集と加工について
・回転や反転
・照度やコントラスの調整
・トリミング
・フレームを追加
などの簡単な変更のみとなっています。
prime-photo_20

この辺は、今後のアップデートで機能が充実するのを期待したいところです。

まとめ

プライム・フォトを一通り使ってみましたが、価格と容量の制限が無い点についてとても魅力的なサービスだと感じました。
※動画やその他データについては無料は5GBまで。

iPhoneとiPadのアプリも、機能はシンプルなので使い方についてもほとんど悩まず利用できます。
どちらのアプリもできることはまだ少ないので、今後機能が充実してくると良いですね。

すでに、Dropboxも利用していますが簡単な編集をPCから直接行える点は便利でした。
しばらく利用してみて、新たな活用方法など発見したらご報告したいと思います。


amazon-prime-photo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です