【Beats Studio3 Wireless】発売から2年経つBeatsヘッドフォンを購入した理由 / #日々短文雑筆

beats-studio-3-wireless-headphone-blog


Beats Studio3 Wireless ヘッドフォン』は,2017年10月に発売されました.この記事を書いているのは2019年12月なので,発売されてから約2年が経過している計算になります.

最近『Beats Solo Pro』も発売されたので,そろそろBeats Studioの新作も発表されることが予測できます.そんなタイミングですが…僕は最近,『Beats Studio3 Wireless』を購入しました

しかも,かなり満足して使っています.やはり,Beats製品は見た目がカッコいいし,音のバランスも良いです.

今のタイミングで「Beats Studio3を買おうか?」と悩んでいる人は少ないと思いますが,同じような悩みを持つ人が,賢く製品を購入できることを願って,僕が購入した理由・購入方法を紹介します.

【Beats Studio3 Wireless】発売から2年経つBeatsヘッドフォンを購入した理由

最近,ヘッドフォンのレビューを書いたり,新作のApple純正ケーブルを使ってBeats Studio V2(ひと世代昔のBeatsヘッドフォン)で音楽を聴いたりと,生活の中でヘッドフォンを使う機会が増えていました.

ヘッドフォンで音楽を聴いていて改めて感じるのは,「作業に集中できるし,音楽を聴くのも楽しくなる♪」ということ.(科学的に作業を妨げないのは自然音だけなので,集中したい時は自然音のプレイリストをひたすら聴いてます)

約1ヶ月前にはAirPods Proが発売され,それも気に入って使っています.しかし,いくら音質が向上したとはいえ,やはり高価格帯のヘッドフォンに比べれば見劣りします.

そういった理由から,普段遣いできる高品質なヘッドフォン欲しいという欲求が高まっていました.

前述したレビュー記事を書いたヘッドフォン(Mu6)は,レビューにも書いたように頭のカタチに合わなかったので徐々に使わなくなっており,Apple純正ケーブルがキッカケで使いはじめたBeats Studio V2は,音やデザインは満足なのですがWireless視聴ができないことを不便に感じるようになっています.

SONYやBOSEなど,他社製のヘッドフォンも散々視聴したり,機能を調べたりしたのですが,どうもしっくりきません…

色々調べていて気付いたのですが,『僕は,Beatsヘッドフォンのデザインと,iPhoneとシームレスに連携する機能のバランスがとても好き』なんだと思います.SONYやBOSEのヘッドフォンが良いことは理屈では分かっているのですが,自分の嗜好には逆らえません.

ということで,「Beatsのヘッドフォンを買おう!!」という結論に至りました



メルカリで,状態のよい『Beats Studio3 Wireless』を18,500円で買いました

新品を買うことも検討しましたが…2年前に発売され,そろそろ新作が出るであろう製品を定価で買うのはもったいないので,メルカリで安く買うことにしました.

予想どおり,2019年12月時点でBeats Studio3 Wirelessはかなり安価に流通しており,程度の良い商品でも16,000〜20,000円前後で取引がされています.

2〜3日メルカリをチェックしただけで,

  • 2ヶ月前に新品で購入
  • 利用は外出時の1回のみ
  • 本体には傷・汚れ無し(ケースのみ細かい傷あり)
  • 価格 18,500円

という,好条件のBeats Studio3 Wirelessを見つけることができました.すぐに出品者の方に連絡し,即購入しました.(メルカリは,いい商品はすぐに売れてしまいます.欲しい商品を見つけたらなるべく早く買いましょう)

数日リサーチした所感ですが,使用回数が少なく程度の良いStudio3は,かなり頻繁にで出品されます.肌感覚ですが,狙っているモデルが毎日1〜2個は出てくる感じです.

3日後届いた『Beats Studio3 Wireless(マットブラック)』は良品でした!!

購入したBeatsヘッドフォンは,3日後には受け取ることができました.

メルカリでの中古品の購入経験が,あまり無いのでやや不安でしたが,とても状態の良い製品が自宅に届きました

状態は書いてある通り,とても綺麗で使用感が無いヘッドフォンでした.同じ製品はAmazonの新品価格でも33,980円,Appleで買うと38,280円です.

15,000〜20,000円くらい安く購入できた計算になります.ほぼ新品状態のものが手に入ったので,この価格差にはかなり満足しています.

多少タイミングや運の要素はありますが,もし今のタイミングで『Beats Studio3を買おうかなぁ」と考えている人は,一度メルカリをチェックしてみることをおすすめします.

メルカリで良品を入手するために,気をつける10個のポイント

ちなみに,購入した製品に何かあっても弊ブログで責任は負いかねますが,以下のポイントに注意して製品を選べば,不良品に遭遇する可能性は低くなります

すべて購入される方の自己責任ですが,参考にしていただければ幸いです.

  1. 出品者の評価はかならずチェックする
  2. 全体の評価が良くても安心しないこと
  3. 購入での良い評価が多いだけではダメ,販売で良い評価が多いことが重要
  4. 直近での取引(販売)で良い評価が沢山ついている人から買うこと
  5. 外箱の画像では無く,製品の画像を入念にチェックすること
  6. シリアルNo(ヘッドバンド内側に刻印),外箱バーコード欄の周辺画像も確認
  7. 利用回数が記載されていない場合は,質問してでも確認
  8. 利用回数だけではなく,購入時期も重要(なるべく半年以内の人から買う)
  9. 床に置いて撮影している人からは買わない(保管が雑,愛着が薄い)
  10. キャリングケースの小キズは気にしない(むしろ製品を大事に扱っている)

SourceNote

  • Apple公式サイト
  • Amazon 『Beats Studio3 Wireless』の販売ページ
  • メルカリ

beats-studio-3-wireless-headphone-blog