#iOS13 #iPadOS コントロールセンターからのBluetooth接続方法が便利に。

ios13-ipados-controlcenter-bluetooth-connect


iOS13及び、iPadOSへアップデートすることで、コントロールセンターからのBluetooth接続がとても楽になりました。

この機能は、iPhone/iPadユーザーであれば、絶対に知っておいたほうがよい情報です。ということで、iOS13を搭載したiPhoneや、新しいiPadOSを搭載したiPadからBluetooth接続を簡単に行う方法を紹介します。

複数のAppleデバイスでBluetooth機器を利用中の人は、ぜひ覚えておいてください。



iOS13/iPadOS コントロールセンターからBluetooth接続する方法

iPhoneやiPadから、手持ちのBluetooth機器への接続(接続の切り替えも)が、とても簡単で便利になりました。

手順はいたってシンプル。

  1. コントロールセンターをひらく
  2. 機内モード、Wi-Fiなどのアイコンがあるエリアを長押し(3Dタッチ対応デバイスであれば強く押す)
  3. Bluetoothアイコン長押し
  4. 接続したい機器をタップ

たったこれだけです。

これは、iOS13やiPadOSのアップデートによって受けることのできる、大きな恩恵だと感じています。

出所:iPhoneのスクリーンショット
機内モードやWi-Fiのエリアを長押しします。
出所:iPhoneのスクリーンショット
機内モードやWi-Fiのエリアを長押しします。
 出所:iPhoneのスクリーンショット
Bluetoothアイコンを長押しします。
出所:iPhoneのスクリーンショット
Bluetoothアイコンを長押しします。
 出所:iPhoneのスクリーンショット
接続したいBluetooth機器をタップします。
出所:iPhoneのスクリーンショット
接続したいBluetooth機器をタップします。
出所:iPhoneのスクリーンショット
数秒でタップした機器に接続されます。
出所:iPhoneのスクリーンショット
数秒でタップした機器に接続されます。

コントロールセンターからBluetooth接続する方法は、具体的にどこが便利なのか?!

例えば、iPhoneやiPadなど複数のデバイスで、同じAirPodsを使っている人は多いと思います。

これまでは、iPhoneとAirPodsを接続していいてiPadへ接続先を切り替えたい場合、設定アプリを起動してから、接続先のデバイスを切り替えていました。新しいAirPodsは接続までの時間も短くなったので、これまでの方法でもさほどストレスはありませんでしたが、今回のアプデで接続切り替えのストレスはゼロになりました。

最近のApple製品は、Bluetoothで接続できる電子機器(例えばPS4のコントローラーなど)も多くなっているので、より利便性が増したと言えます。AirPodsの例を紹介しましたが、この方法はPS4コントローラーやサードパーティ製品でも利用可能です。

応用編:機内モード、Wi-Fiなどのアイコンがあるエリアを長押ししてできること

今回紹介している、機内モード、Wi-Fiなどのアイコンがあるエリアを長押ししてできることは、他にも2つあります。

  • Wi-Fiの接続先を変更する
  • Airdropの設定を変更する

の2つです。

どちらも同じ操作(アイコンの長押し)です。Wi-Fiアイコンを長押しするとWi-Fi接続先が変更できますし、Airdropアイコンを長押しすると「受信しない」「連絡先のみ」といった変更がすぐに行なえます。

SourceNote


ios13-ipados-controlcenter-bluetooth-connect