GoogleChrome【iOSアプリ】QRコード/バーコードをスキャンする方法

Woman paying bills with her smartphone


GoogleChromeのiOSアプリがアップデートし、3D Touchを使ってQRコードなどが簡単にスキャンできるようになりました。
この記事では、GoogleChromeのiOSアプリを使ってQRコードやバーコードの読み取りをする方法をご紹介しています。

Chromeアプリの動作環境について

最初に動作環境などの概要です。
この記事で紹介されているQRコードを読み込む方法を実践するためには、下記バージョン以降のChromeアプリと3D Touchに対応したiPhoneが必要です。

    【アプリ環境】

  • iOSアプリ「GoogleChrome(グーグルクローム)」
  • version(バージョン)56.0.2924.79
  • アプリのサイズ70.2MB
  • リリース2017年2月2日
  • 【対応端末】

  • 対象のiPhone:3D Touchに対応しているiPhone

※本記事執筆時点では「iPhone6s/6sPlus」「iPhone7/7Plus」が対象です。

アプリのインストールはAppStoreから行ってください。
AppStore「GoogleChrome」へジャンプします。

chrome-iphone-app-qr-code-barcode-scan-1



GoogleChromeのiOSアプリでQRコードをスキャンする方法

前項の動作環境で記載している、最新版のChromeアプリとiPhoneが準備できたらスキャンするのとても簡単です。

ホーム画面を表示します→Chromeアプリを少し強めに押し込むみます。

画面のようにいくつかのメニューが表示されますので、QRコードをスキャンをタップします。
※ここでは押し込まずタップするだけでOKです。
chrome-iphone-app-qr-code-barcode-scan-2

QRコードリーダーが起動して、コードを読み込めるようになります。
QRコードが枠内に収まると、自動で読み込んでくれるので特に操作は必要ありません。

chrome-iphone-app-qr-code-barcode-scan-3

Chromeアプリではバーコードスキャンも可能!

個人的に「どんな用途があるのだろう?」と、今だ答えは見いだせていませんが…
このスキャン機能を使って、バーコードを読み取ることもできます。

試しに何かバーコードが付いている商品を読み込んでみましょう。
例えば、本をスキャンすると読み込んだタイトルのGoogle検索結果が表示されます。

バーコードスキャン実験1:書籍の読み取り方

下の画像は「星を継ぐ者」というSF小説のバーコードですが、一瞬でバーコード読み込み(スクショを撮るのが大変でしたw)Google検索の結果を表示してくれました。
リンク:実際に表示された検索結果「星を継ぐ者 J・P・ホーガン」

書籍のバーコードを読み取る場合は、上に表示されているISBN番号(978からはじまる方)を読み込むとよいです。
本のバーコードについて:バーコード意味(2)本・雑誌編(他のサイトへ移動します)

星を継ぐもの (創元SF文庫)
ジェイムズ・P・ホーガン
東京創元社
売り上げランキング: 1,376

バーコードスキャン実験2:お菓子の読み取り結果

では続いては、身近にあるお菓子を読み込んでみます。

自宅にあった「手塩屋(てしおや)塩味」をスキャンしてみます。
(塩味が効いていて、おすすめのお煎餅ですw)

こちらもグーグ検索で正確にヒットしました。
実際に検索された結果「手塩屋(てしおや)塩味」

その他いくつか食品系のバーコードもスキャンしてみましが、ほぼ確実に製品がヒットしました。

この様に「普通に検索すればいいじゃん〜」と思われてしまうかもしれませんが、バーコードの付いている製品の検索については、QR読み取りの機能を利用した方が圧倒的に早いです。

恐らく…あまり使うことがない人の方が多いのでしょうが、一応覚えておくとよいと思います。

亀田製菓 手塩屋 9枚×12袋
亀田製菓
売り上げランキング: 30,702


まとめ とりあえずChromeアプリで十分

QRコードリーダーのアプリを作っている方…大変申し訳ありません。

Chromeアプリのアップデートにより、筆者はiPhoneからQRコードアプリをアインストールしました。

個人的な意見ですが、QRコードの読み取りをそこまで頻繁に行わないのであれば、今回のアップデートによってQRアプリは要らなくなると思います。

しかし、QRコード自体が死滅したわけではありません。
Amazonなど一部のIT企業でも、プライベートブランドに一部QRコードを採用するなど復活の兆しさえあります。

QRコードは完全に死滅したという訳ではない。それどころか、Snapchat 、Kik、およびMessangerといった人気のアプリケーションや、食品ラベルが採用することで、復活を遂げつつある。Amazonさえ、そのプライベートブランドであるベビー用品のElements brandなどに、QRコードを採用している。

引用:TechCrunch

しばらくはQR読み取りはChromeアプリに任せておき、今後より便利なQRアプリがリリースされてから見当を行えばよいでしょう。

Source Note


Woman paying bills with her smartphone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です