【IT日記】~5/18(WED)のテクノロジーNEWSを色々~

news
Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Share on TumblrShare on LinkedIn

2016年5月18日(水)のIT日記。
スマートフォン・VR・ロボット・人工知能(AI)などの、IT/テクノロジー情報まとめです。

本日のTopics・トレンド・株価情報

Topics ~人気の高い検索キーワードをお届け~

Google Trends(グーグルトレンド)”科学/テクノロジー”のジャンルから、もっとも検索されたワードTOP5です。

1位:医療、医薬品
2位:テスラ・モーターズ、テスラ・モデルS、スマートフォン
3位:ソニー、企業、人工知能、ベンチャー
4位:OpenStack、レッドハット
5位:アップル、インコーポレイテッド、音楽

gt-2016-0518

EV自動車メーカーのテスラ・モーターズが、リモート駐車機能「サモン」の配信を開始したことからキーワード検索が増えています。

昨日のIT日記でもご紹介した、BMWの自動駐車機能の前進・後進のみに対応しているような機能で、モデルSのユーザーはソフトウエアを更新することで無料で利用できます。

日本でも国土交通省に承認を得たうえでアップデートされている機能のため、モデルSのユーザーであれば利用することができるようです。

現時点では、前進&後進だけと機能は限られていますが自動運転技術の進化が日に日に実感できるようになってきています。

出典:スマホでリモート駐車の操作を可能に–テスラ、「モデル S」向けに無料アップデート

トレンド ~YouTubeで人気の高い動画TOP3~

1位:3匹目のクマ、ついに現る。

2位:溶かすスプーン × 溶けないカップ でアイス食べるとどうなるの?

3位:Incredible time lapse of birds nest.

IT関連株価情報
銘柄 株価 前日対比
NASDAQ 4,739.12 +23.39
AAPL(アップル) 94.56 +1.07
GOOG(グーグル) 706.63 +0.40
MSFT(マイクロソフト) 50.81 +0.30
YHOO(ヤフー) 37.24 -0.03
FB(フェイスブック) 117.65 +0.30
TWTR(ツイッター) 14.14 -0.20
日経平均 16,744.91 +100.22


本日のNews

news-watch-pray-for-japan

テクノロジー、スマートフォン、SNS、VR/AR…など、本日チェックしておくべきニュースをお届けします。

【1】ストリーミングPandoraが身売りへ アップルも買い手候補に浮上

ストリーミングサービスを提供するパンドラの買収が噂されています。

買い手有力候補にはリバティメディアや競合のSpotifyなどが挙げられており、可能性は低いとされていますがアップルやサムスン、グーグル、アリババ、フェイスブック、そしてツイッターも関心を示すかもしれないとされています。

ストリーミング業界も再編が進みそうです。

出典:ストリーミングPandoraが身売りへ アップルも買い手候補に浮上

【2】Androidスマホの故障率はiPhoneの約2倍

米国のモバイル関連調査機関によると、スマートフォンの故障率は

Android=44%
iPhone=25%

との結果がでたそうです。

地域別で若干の差はあるものの、この差は大きいですね。

出典:Android device performance lags behind AppleAndroidスマホの故障率はiPhoneの約2倍

【3】FB幹部に学ぶ「伝え方」、心に響くストーリーに欠かせないものとは

シェリル・サンドバーグ氏(Facebook)の大学でのスピーチ記事です。

数日前、Googleの検索キーワードランキングでも上位に来ていた理由がこれですね。

「回復力」をテーマとしたスピーチで、現地でもスタンディングオベーションが続いていたようです。

サンドバーグ氏は、約1年ほど前に最愛の夫を亡くしています。

出典:FB幹部に学ぶ「伝え方」、心に響くストーリーに欠かせないものとは

【4】コレ1枚で分かる「bot(ボット)」

最近注目を集めている「bot(ボット)」に関しての記事です。

ボットの技術が進めば、電話のオペレーターなどの仕事が一気に無人化されるようになるでしょうね。
サービス系の窓口といった職種も危ないかも。

出典:コレ1枚で分かる「bot(ボット)」

【5】[データは語る]2015年度の国内パソコン出荷台数は前年度比21.4%減の990万6000台―MM総研

スマホが普及し、PCで行っていた作業がタブレットで代替されるので、今後数年はPC出荷台数は下がり続けると思います。

しかしVRなどの端末が普及するので、それに対応するハイスペックPCの需要はあるはず。

機能でカテゴリー分けするのは難しいかも知れませんが、その辺りの機種別需要の伸びが知りたいです。

出典:MM総研[データは語る]2015年度の国内パソコン出荷台数は前年度比21.4%減の990万6000台―MM総研

【6】iPhone SEは隠れエース? 初代からSEまですべてのiPhoneを性能比較

歴代のiPhoneの起動速度を比較した動画が話題になっています。
一位は最新機種のiPhone SEという結果でした。

性能や使われているチップは6sや6s Plusと同じですが、画面の小ささが起動速度に影響しているようですね。

しかし、こうして歴代のiPhoneを並べてみるのもいいものですね。
ちなみに、YouTubeでの再生回数は260万回を超えています!

出典:iPhone SEは隠れエース? 初代からSEまですべてのiPhoneを性能比較

【7】今もっともアツい発電、それは歩行による発電床

記事中にもありますが、東京都心のように非常に人口密度が高く、通行量も多い場所であれば相当な電力がつくれるのではないでしょうか。

実用化が進むといいですね。

出典:今もっともアツい発電、それは歩行による発電床



【特集】2016年はVR元年となるのか!?

news-vr

今年はVR(ヴァーチャル・リアリティ)の年になると言われています。
IT企業から様々なブランドのHMD(ヘッド・マウント・ディスプレイ)が発売され開発が進んでいますが、果たして本当に2016年は「VR元年」となるのでしょうか!?

VR業界のトレンドや、最近のTopicsをお届けします。

VR端末は、各市場に応じた発展を遂げるのか!?

今年はVR元年として様々な端末やソフトが市場に投入されていますが、その流れはテーマパークやゲームセンターでも変わらないようです。

AcerとゲームスタジオのStarbreezeはハイエンド向けのVRヘッドセットを、これらの市場向けに投入することを発表しています。

2社が共同で開発するVR端末の名前は「StarVR」。

その特徴は、未来的なデザインと従来のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)の2倍近い視野角です。
Oculus Riftなどの視野角が100〜110°程度に対して、「StarVR」は210°!!
視野角の広さは没入感とも直結するので、VR体験がより現実に近いものになりそうです。

これから、一般向け、法人向け、エンターテイメント分野、医療分野など様々な市場に向けたVR端末が開発されていくことになるでしょう。

出典:ゲーセンで超リアルなVRを。AcerらがハイエンドVRヘッドセットを開発中

【名言集】IT業界,世界のTOPリーダーたちの言葉

says-20160518

「休むことは錆びることである」
トーマス・エジソン

LINEで送る
Pocket

コメントを残す